デレ初期段階!!

ナルト(疾風伝)543話「五影集結…!!」ネタバレ感想文
木遁の所までが前回→「チャクラも残り少ねぇ…どうすりゃ」
九尾「ナルト今回は力を貸してやる
マダラは好かんアイツに操られるぐらいならお前の方がマシだ」
カブトはマダラを利用すれば~良い持ち札だと思ってる…が実際は…
木遁→向う→全力込め…大玉螺旋丸→九尾「やれナルト!」
130802.jpg
大玉螺旋帯連丸で木遁防ぐ→マダラ「なかなかの奴」凄く楽しそうな顔。
貰ったチャクラを使いきって限界、今にも消えそうだと分身。
オオノキ「ナルト…もういい後はワシらがやる(って鼻!作画ミス)
 やっと己を拾う場が来た。その為の相手には充分じゃぜ」
テマリ「無茶だってボロボロじゃねぇかよ」→ナルトの表情。
近づくマダラ達…「もう踊れそうに無いな…オオノキよ(半笑い)」
「昔一度力の差を教えてやった筈」→回想:若オオノキやっぱ声…別に
柱間来る筈の所にマダラ来てて…力の前に従えと(同盟ぶち壊し)
マダラ「それと、俺の前でその忍の名(柱間)を口にするな
戦いに明け暮れ奪っては奪い返し憎しみが→3度の戦争(イメージ映像)
マダラ「それが生きていくという事だ
 その齢まで生きて過去の痛みから何も学んでいないとはな
彼にとって生きるとは…強い相手との戦いの中で生を実感する事って気がしてくる…
土影「アンタよりは長く生きてる!
 学び一回りした過去の痛みを知るからこそ
 どう先に繋げて行くのが最善が考える事が出来る
無(カブト)「で、また4度目の戦争だ、これが最善ですか
「この戦争は違う、かつて奪い合ってきた物とは別の物
 皆が手に入れる戦いじゃぜ
コイツラ(ナルト、風影)を見ていて時はただ刻む物では無いと分った
世界は過去と重ねてゆっくりとだが成長している、平和に向けての」
マダラは世界の成長を望まず、無限月読によって眠っていればいいと、
(ただ寝てるだけなら…数ヶ月したら人類全滅するんじゃないッスかね)
オオノキ「アンタがワシに己を捨てさせてた(後でその回想があるんで)
 じゃからアンタに勝ち己を拾う、眠るのはアンタじゃぜ」
倒れる!→砂が支え、我愛羅「さあ、一緒に拾うとしよう
オオノキ「己の為、未来の為(ナルト達)お前はここで倒す!」
綱手「天送の術を用意しろ」と→物を送る為の術で人は送れない。
三代目雷影は強靭な体だからこそ耐えれた(エーは血縁だから)
マブイ「とにかく火影様は無理です、お考え直し下さい」
シカクの考え→ゲンマ小隊の飛雷神で、印つけたカツユ天送し移動。
コレを使うと額の◆指す綱手…
綱手の賭け事…「命を賭けた時は別だ、だから今まで生きてる」
…少し考えたエー「転送の術の準備をしろ…2人分だ
マブイ「雷影様まで…シカクさん~」シカク「今こそ総大将の出番だ
うちはの火遁対策→「飛雷神はアイツの為に使ってもらう」
黒ゼツとの戦闘→足引っ掛けられナルト攻撃決まらず→ズバ!
長十郎「自信の力=斬った数」→水影満足そう→チャクラ量で刀身変化、
黒ゼツ動けなくされ(コレ以降出てない)…ナルト「やるじゃねぇかアイツ」
ゲンマにシカクの連絡→『何を言ってもツッコミは無し』と前置き
本物のマダラが穢土転生で復活した
ゲンマ<すみませんツッコンでいいですか?>『無しと言った筈だ』
ツッコンでくれという前置きじゃないの…ゲンマはツッコミ担当だったと(-_-;)
天送の術で綱手と雷影が移動し。一方、水影側も飛雷神準備。
水影「驚いたわね、一瞬で移動って四代目火影の術の筈でしょ」
ゲンマ小隊→元々、四代目火影護衛小隊の忍(現在は5代目護衛)
ミナトから教えられていた飛雷神(3人でやらないと飛べず)
…この戦いですっかり逞しくなった長十郎。水影…成長に嬉しそう。
…黒ゼツに刀刺してないと…逃げられそうで怖いけどな(-_-;)
綱手到着後に移動→「了解よ遅れるのは今期だけで充分です」
向ってきたマダラと無(カブト)の前に現れた綱手と雷影、
マダラはちゃんと攻撃をガードしてる(^_^;)
座標を知らせてたドダイさんのナイスアシスト
創造再生でダメージ回復。ナルト<これって再生する術のヤツだ>
水影到着→「まさか五影揃って共に戦う日が来るとはな
ここのナルトの立ち位置が変更されてた(笑)詰めたな前半
五影の顔→マダラ「丁度いい、これぐらいなければ試し甲斐が無い」
土影と我愛羅回復させ始める綱手→雷影と水影は時間稼ぎに、
ここらの戦闘部分作画は…動きが良いみたい(^_^)
水影と雷影の連携…岩忍モブ「この場にいるのが場違いな気が」
イワシ、ゲンマ、ライドウ→ドダイ「お前達は俺と一緒にもう一人の方を」
テマリさんが居るので…テマリさんの方が心配になってきた(-_-;)
綱手を心配するナルト。またババアになって倒れては?
ペイン戦と違い…使った量は微々たる物でチャクラ量はまだあり
「それじゃ俺も回復を」分身消える訳には→綱手「その必要は無い
土影「この戦いはお前を守るだけの物じゃねぇんじゃぜ」
スサノオでてきた→雷遁+溶遁→マダラ「攻めは中々」
水影、雷影それぞれのコメント…マダラ「守りはどうだ」
スサノオ攻撃→モブをナルトに変更「岩ゴーレムに砂の盾」のセリフも、
「この戦争は皆で守りあう戦争じゃぜ」→防御に「これも中々だな」
土影「雷影、水影、すぐ耳を貸せ」※雷影の口が~(苦笑)
我愛羅頑張ってるぞ→霧隠れの術。無を追うゲンマ達の姿、
霧隠れは輪廻眼視界防ぐ物か→無(カブト)が影達の前に…
(いつの間にか…ゲンマ達も戻ってる)…土影「やるぜ雷影」
雷影を軽くしスピードアップ→カブトの前の時の回想。
軽いパンチと高くくってると→寸前で加重されたの食らう
それをスサノオの攻撃にも…スサノオ骨砕けてた!
土影「聞けナルト」→暁倒す為、仕方なく手を組んだ連合だった…
「が、お前達と共に戦い前とは違う感情を感じとる。
 今、ワシは忍連合の土影としてここにいたいのだ」
里が連合とし一つになり変わろうとしてる
…憎しみを生んできた…忍の世のシステムも変わるかもしれない
こっちのマダラはワシらに任せろ。必ずケリをつける、
 それがこれまでの憎しみの呪いを止める第一歩となる
 マダラと同じ様にかつて憎しみを生み出してきたワシらには、
 そうしなければならない責任がある。
 ここ安心してワシらに任せろ…じゃから」
ナルトの肩に手を置き「あっちのマダラはお前に任せる」
 それがこれからの希望を進める第一歩となる」…色、色っ!
作画は541話よりは悪くない…ただミスが目立つ!
綱手「古い奴、新しい奴、どっちのマダラにも勝つ事が。
 この戦争の終わりを意味する、私達はこの戦場でお前を守る
 だからお前も向こうで戦い私達を守れ
「分身ナルト、お前に五影からこの言葉を預ける」個別は無音。
→全員揃え「勝つぞ!!」いつものBGM。
消える分身→本体ナルト「うん。ぜってぇ勝つ」…前には仮面が。
互いに頭突きでゴチーンとなった所で今週終了!
次回…別人バレで仮面の男の声がどうなるのかが気になります…
現行の内/田さんのまま?高/木さんに戻る?〇〇〇役の…?→いや、割れてからか?
スポンサーサイト

2013/08/02(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |