次回に人員を割かれたか?!

ナルト(疾風伝)541話「増援到着」ネタバレ感想文
第二部隊:森側→敵味方を嗅ぎ分けられない状態のキバ。
シノ…じゃなくて白ゼツキバ気づいててすぐに攻撃
ネジの白眼も利かないし…偽物と間違われる始末で(^Д^;)
シカマルの所では…円の中…作画ェ(汗)チョウザ少し細くね?
ダン「このままでは埒が明かない」
チョウザ「だから待ってるんですよ」ダン「何をだ?」
医療班→受け入れ禁止中、負傷者増え続けても待つしかなく
水影vs黒ゼツ(…^_^;)。第三部隊→パクラからサイ守るリー。
ガリもまだ居るんだ…侍VS君麻呂+チヨバアコンビ…
本部ここら辺はマシな作画で…ん?…青が移動中のマダラ小隊感知。
四代目水影と人柱力達もいると……綱手「ナルトはまだか
(今回の作画は…アップ部分で修正入ってた感じに…見えた…)
ナルトとビー合流「しつこいしっこ」「ーって長げぇってばよ!」
ビー「他にもちょっとな(こないだのフカイ話を一言で回収し)
各戦場に到着する頃→シカマル達はナルト待ち……
シカマルの傍にクナイ隠し持つ怪しい奴が
ナルト到着!ダンは縄樹だと思う…が…違うよ(^_^;)
縄樹似の少年…綱手が説得した話やら…ダンは???
シカマル→人柱力、ガキの頃から火影になるとほざいてるバカと…
それ聞いてナルト…「バカは余計だシカマル!
今じゃ本当に火影候補?シカマル「綱手様はアイツに賭けてんだ
ダン<昔の俺や縄樹みたいな奴今も居るんだな>
ナルト「皆で変化白い奴をぶっ倒すぞ」→一人が遅れて「…おー」
「まずはソイツ」指差し→本物とお墨付き貰った奴らは動ける
医療班→夫婦?「信用出来ないならここで死ぬ」→治療受け入れ…
ゼツの迫真の演技でした~→襲い掛かる…に螺旋丸炸裂。
ナルト「大丈夫かサクラちゃん?怪我はねぇみてぇだな」
森側→ヒナタが危機?ネジの目の前で…「ヒナタ!」あ。呼び捨て!
やられたのはゼツで→ナルト指示中→本物のヒナタは別の所。
ピンチをヒナタを救うナルト「遅くなってすまねぇ
「もう大丈夫だ」でCM…CM明け…作画マシになる(笑)
ゼツをぶっ飛ばし「怪我はねぇか」「うん」→無が口寄せを
ついにアイツ口寄せ→「長門のガキをうまく成長させたな
無の言葉に→「穢土転生だと…輪廻天生ではないのか?」
ナルトは着いたばかり…色々違って判別出来なかったキバとネジ
疑う→ヒナタ「ナルトくんだよ。目を見ればわかる
シノ「俺もナルトに助けてもらった」驚くキバ…偽物出現済みだったし。
「俺は本物だ、それに先ほどからナルトと一緒に居る
(トルネ回で合流したナルトと一緒に戻ってた様です)
匂いもチャクラも覚えても意味なし→悪意感知と木に戻す
ヒナタ…守るべき人に守られてばかりで自分はダメだと凹む
ナルト「気にすんなヒナタ。
 俺だってお前に2度も守られてばかりじゃかっこわりーしな」
(…1度目がどの場面の事か…未だによく判ってないんだよな~)
目を見りゃ分かる、一々落ち込むな!お前は強えーんだから!!」
ペイン編がチラリと…ペイン編(神作画)と比べちゃアレだが…作画差(-_-;)
皆は白ゼツ駆除へ…残ったヒナタ<ナルト君ありがとう>
サクラは作画面でも扱いが雑に見えたが…ヒナタの扱いは丁寧に見えるなぁ(苦笑)
サイは絵を描く…リーが守る→河豚鬼斬るカカシ「行けサイ!」
虎視耽弾→河豚鬼封印。残りは満月、パクラ、ガリあと3人
(アニオリで封印回?解除回で出演?…水月出演回で満月も…喋らないかなぁ)
130719.jpg
白ゼツ増援→ナルト来た!→カカシ「こっちも増援一名到着だな
影分身は禁止中(※デレてないからね)量より質で勝負!
VS君麻呂(たまに複雑な気持ちに…兼ね役がミ…だし-_-;)
チヨバアは亡くなって数ヶ月な筈だが…ナルトの背高くなってる?
水影の所ではドジッ子っぷり発揮(苦笑)
…メイ「まさかあの子が?」ゲンマ「そのまさかなんです
我愛羅の所→ナルト「次はどうするんだ?ちっこいじいちゃん」
ナルト到着で全部隊は優勢なのと、医療班のも鎮圧した場面…
シカク「当たりでしたね」戦況逆転!綱手「なっ」雷影「フンッ」
後はマダラ小隊さえ…っと思いきや!!Σ(゜□゜)
青が敵の存在を感知する<しかし何だ?このチャクラは>
我愛羅隊…感知したモブ→崖の上に無→封印した筈。
土影が無の分裂解説。実はモブは…無ではない方を感知してた
もう一人→土影「こいつは……来たなうちはマダラ
面の男…思い出しナルト<…仮面の下はこんな顔だったのか>…
我愛羅「どういう事だ」→真ダラは穢土転生の眼→仮面別人!
土影「なら、面をしてる男は一体何者なんじゃ?」で終了。
…今回のキャスト総勢37名!!…スゲェ(笑)
次回、神作画来たー!!ツンデレ九尾もあるかな?
スポンサーサイト

2013/07/19(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |