連合側ターン終了!!…だろ?この流れは

ナルト WJ29号ネタバレ感想文
「オヤジは今手打ちのゴタゴタじゃけん、オレが来たで!!
 びっくりしたか!?」ガマ吉の成長っぷりに驚くナルト。
(っていうか手打ち?…妙木山で一体…何の抗争が?´Д`;)
ナルト用件→大ジャンプで奥にいる十尾(本体)に近づいてくれ。
蛇「サスケ様いかように?」礼儀正しそうな奴だ…完全な主従関係、
サスケ用件→まっすぐ進むだけ。十尾(本体)はサスケ自身でやると。
カツユ「サクラちゃんついに白豪の印を発動できたのですね!
 綱手様もきっと…」(「お喜びになる」…かな?)…カツユだったか~!
口寄せ新世代な感じだったし、てっきり別個体が来るとばかり
って、サクラちゃんだけ中古!?(^Д^;)※失礼承知の表現!
130618.jpg
あれ?綱手を治療中じゃ?と一瞬思ったが終わってたから呼び出せたのか?)
サクラ用件→分裂し連合の一人ずつに付く「…私達は回復役です!」
ミナト「まさか…もう一度口寄せ三竦みが見られるとは思わなかったな!」
三代目は弟子達の顔思い浮かべ…<新たな時代よ!>「行けい!!!」
…3人の指示が…蛇の名前はアオダ(…アオダイショウからか)
真っ直ぐ、ジャンプ、分裂で…サイ<これが元の七班…>重吾は<……>
ガマ吉の戦闘、刀使い…オヤビンにも引けを取らないな
ナルト「いいぞガマ吉!!だてにデカくなってねーな!!」
ガマ吉「そがいなことよりのう!!
 はよう術の印を結べっちゃホンマに!!頭から振り落とすど!!」
ナルト<態度はさらにデカく…!>「わかってるってばよ!!!」
ナメクジが来た事に驚いてるモブに、シズネが声をかける。
「大丈夫…このナメクジは五代火影の回復術です!」(サクラやってても?)
…モブ達やサイがカツユに治療されていく…
シズネ<さっき白豪の印を発動したばかりなのに
カツユ様の遠隔治癒までこなすなんて
 サクラ…あんたって娘は…ホントにもう…!>姉弟子によるサクラAGE
アオダ「サスケ様…」わりと心配しい?前に盾十尾…サスケ「そのまま行け」
千鳥刀…使用してなくね?…ナルト螺旋手裏剣準備中。
サスケがスサノオで盾十尾斬って間をこじ開け
滑り込むとスサノオ弓を構え…螺旋手裏剣放というナルトも…
ナルト「サスケェー!!」→十尾に照準をあわせて…
キバ<行きやがれ!!>シノ<やれ!!>ヒナタ<ガンバって!!>
シカマル<よく狙え!!>チョウジ<いけるよ!!>いの<やっちゃえ!!>
心の声援。サクラ<うん!!>…その目に光る物が…
…おや!?超大玉螺旋手裏剣+須佐能乎の加具土命のようすが…
そこに回想)「…オレってばサスケとの相性良かったんだな…」
回想ヤマト「ああ…"雷"に勝てるのは"風"だけだ
そういえば…ヤマト隊長は柱間樹に絶賛突き刺さり中なのだろうか?
「イヤ…そっちじゃなくて…」→2つの術は…今まさに…
おめでとう、超大玉螺旋手裏剣+須佐能乎の加具土命は…
何かデカくて黒いのにしんかした(字で表現したらコレ´・ω・`)
回想→「火を助けて大きな力にできるのは風の力だけだって事だよ
伏線回収キター!Σ(´Д`)
十尾に大当たり!モブ「当たったァ!!本当に当たったぞォ!!」
扉間<あれ程の加具土命を見た覚えがない(サスケオリジナル術じゃないんだ!!)
 まったく同じチャクラ比で術を合わせたか…>
熟年のコンビでも難しいぞ今回はサスナル強化ッスか(ーー;)
ミナト「風車のような手裏剣に漆の光沢より黒い矢…
 名付けて、灼遁・光輪疾風漆黒矢零式!(こうりんしっぷうしっこくのやぜろしき)
ネーミングセンス…ってか無駄に長げぇよっ!!(^_^;)
「飛雷神二の段」はマトモなのに?……あれは多分…自来也辺りが名付けたんだな(ーДー;)
イヤ…無いな!」自身で却下できるだけ…ミナトはマシか…(ーー;)
サスケ「燃え尽きろ…」んー?なんか…自分の手柄の様な顔してないか…
…ま、厨二病がまだ抜けきってない雰囲気ありますけどね…
あぶれた物同士(サイと重吾)で会話(^_^;)
サイ「サスケの言った事…君も見て聞いてきただろう…
 彼の本当の狙いは何なんだ…?」…重吾「さあな…」→サクラのアップ。
一方、大蛇丸「ずいぶんな様ね…綱手」(香燐と水月を連れてる)
憎まれ口を叩けるって事は…綱手の無事(ボロボロでも)確定か?
(だって流石の大蛇丸さんも…瀕死状態の人に向って言うほど不謹慎じゃないだろうと・・・)
と言うか…他の方々はこっちに来られてたんですね
次回!…水月とメイ(水影)の会話あるのか?誰かが香燐を嚙むのか?
(我愛羅が嚙んだら確実に暴動起きるぜ~(^_^;)…妥当な線なら綱手だが)
スポンサーサイト

2013/06/18(火) | NARUTO原作 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |