前回日記は70%程度の正解かな?

コナン サンデー20号ネタバレ感想文
扉…えーと、つまり、暇な人は映画を観に行けと?(ーー;)
小五郎さんが、前回までのあらすじをまとめました。
「わかりましたよ警部殿!」→もめていた客が犯人だと~
「…と思いでしょうが実はそうじゃない…」
色々とツッコミたくなる…小五郎モノローグが(^_^;)
もう一人の俺とか、喋った自覚が無いとか…
得体の知れない何かに乗っ取られた気分だとか(´Д`;)
【いやいや、それより問題は…
 その後、俺の首筋に走る微かな痛み…】でパシと撃たれ。
【そうそうコレコレ!そして問答無用で襲い来る猛烈な睡魔…
 恐らく俺の脳細胞がフル回転している代償だろうが…】
小五郎視点からのいつものアレ
【最近俺はこの眠りが心地いい何故ならば…】
柚嬉に起こされて眼を覚ます…既に警部達も帰った後。
【そう…我に返ったら事件は解決しているのだ
 まぁ、真相を見抜き関係者に語る為に、
 全精力を使い果たし何も覚えてないのだが…】(´ω`)
柚嬉がコナンにやらせたという実験を再現します…
やっぱ、フィルムケースロケットだったか~
回想で推理ショーとは、新しいっ!!(゜□゜)
ケースが舞い上がった後…柚嬉「…あ!柚子の香り…」
「ああ…犯人は柚子の香り付き入浴剤を使ったんだろーな…」
柚嬉が2、3回聞いたポンって音は…犯人が試した物
小五郎(コ「フィルムケースの上に凶器を載せて発射させても
 この店の天井に刺さるかどうかをね…」
目暮と高木は、アイスピック状の凶器載せたら重いのでは?と、
小五郎(コ「ハードターツの矢の先端は取り外し可能で約18グラム
 十分に飛ばせる重さです
 しかも犯人はケースの底に粘土とつけて矢を固定し…」
(てっきり、蓋の方をテーブルに固定する為の粘土だと思ってたんで…
ダーツをくっつける方に使うとは思いつかんかった)

130418.jpg
それを隠すように筒状のポスターを立ててガイドにしています…」
(ポスターの中に隠してるか、外かも悩んだんだよな)
「これなら発射の際に多少ズレたとしても確実に天井に到着する…
 どこか間違ってますか?
 被害者にマイダーツを買って来た小暮紋平さん!!」
小暮なら、事前に毒仕込んだダーツをケースに入れてこれる事。
そして、トリックはポスターの傍にいた小暮しか仕掛けられない
ワザと負け、2人きりになった時に上着かけるフリでダーツで殺害。
凶器がダーツの矢のというのも考えてなかったんだよな(ーー;)
…そういや、前回…近くで刺す方が 簡単で確実って……今にすると大胆発言(゜□゜)

用意してたもう一本の矢にすり替え
「毒が付いた方はフィルムケースの底に粘土で固定し…
 自分の股の間にでも挟んで隠しておけば…他の二人の気を外らせて
フィルムケースロケットをテーブルの上に仕掛けるだけ…
 そう…「あの客…有名人の誰かに似てないか?」とか言って…
 もちろんシャンパンをボトルで注文した後でね…」
発射音とシャンパンの栓を抜くタイミング合わせた、
…自分が栓抜く事になるのも見越してたわけか…(^_^;)
シャンパンをポスターにぶっかけ→入浴剤の分も拭き取れる、
その証拠にポスターの塗れた所…柚子の香りがするでしょ?」
ポスターは岸浦が買ってきたものだが…
被害者は社内でねだってたので(岸浦がポスター買うと知ってた)
買って来なければ、別の用意してただけ
ダーツの矢→ダーツボート贈る事で要求すると読める。
ブログで写真撮らされる→フィルムを岸浦が買うのも読める
なんかさー…岸浦にも罪擦りつけ様としてた感じがすんだが…
「まぁ、全ては天井に刺さった…
あの凶器が語ってくれますよ…ダーツの矢を買った小暮さんじゃなきゃ
 同じ種類の矢の先端は用意できませんから…」
針だけ刺さってる(てっきり、フイルムケースごと刺さってると思ってたよぉ)
目暮が粘土が付いてたフィルムケースが落ちてきたのでは?
ポスター濡らしパニクっててフィルムケースまで気にとめない
落ちた弾みで剥がれた粘土を…小五郎が踏んでしまってた。
形取りされたHDPEはフィルムケースの底に表示されてる
入浴剤の欠片はビールの中(遺体発見すればそれ以降飲まない)
「まあ、彼の完全犯罪もこの眠りの小五郎が居合わせたせいで…
 泡と消えたわけですがね…」
小五郎「なるほど…うまい事いうな…
柚嬉「ーって自分が言ったんじゃない!事件を解いた後、
 何も覚えてないって警部が言ってたけど本当だったのね…」
警察でも、小五郎には後で聞かなくていいと思われてんだな
動機はやはりパワハラで自殺した同僚の敵討ちでしたとさ、
覚えてないの?→「全く」→…超カッコよかったのにーと柚嬉。
【いや…待て待て…全く覚えてないなんてありえねぇ…
 まさか…もう一人の俺だと思っていたのは…やはり…】←おっ!
【潜在的に俺の中に眠る…真の俺!!!(゚ε゚ )
 そうか!いつもは省エネで力を温存し…
 眠りの小五郎の為に貯えているんだな!
 まぁどっちにしろ俺に変わりは無いからオールOKだぜ!!】
オッチャンは幸せだね…
柚嬉「それよりコナン君大丈夫かなぁ…」と心配する、
高木刑事から話を聞いて血相を変えて出て行ったと…
走っているコナンが回想→「スリの被害者がおかしい?」
高木からの話→強盗事件、奥さんがガムテ貼ったと言う話…
強盗犯は、連れが居ない人に貼らせてた(※身内だと手加減する)
ジョディ先生が強盗事件の時冷静であれば…あの場で気づけた!
高木「あの事件で夫の桐平さんも人質だったと言ってたんなら
 つじつまが合わないんだよ
 妊婦さんが強盗犯欺いてそんな無謀な賭けに出るわけないし
コナン「そ、それであの夫婦に連絡してみた!?」
弁崎は「自分はそんなスリの殺人事件に関わった覚えは全くない」と、
門前払い…しかも、弁崎は独身!
高木「もう何がなんだが…」→コナン<まさか…まさか…まさか!?>
あれがベルモットと安室だったと解った所→コナンはどこへ急ぐ?
結局…すぐバレる嘘だったのか…ワザとなのか?それとも警告…
スポンサーサイト

2013/04/18(木) | コナン原作 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |