現OPで描かれてるのは、ほぼ出切った訳だ…

ナルト(疾風伝)522話「恐怖・蒸危暴威(ジョウキボーイ)」ネタバレ感想文
倒れる土影…水影「ホラ見ろバカ!ジジイになって無理すっから」
倒れたのは砂分身→捕まる水影は、砂の目で様子見てたと気づく…
<蜃をやった時に砂分身と入れ替えてたな>(そこの部分を回想)
「大物になるぜ…コイツは眉なしだしな」(^_^;)
札で捕まえるも、ヌルヌルの液で崩れる為…上回る砂の量で包む!
水影「ヤッベ!バトルが楽しくなってきたぜホントに楽しげ
我愛羅「砂漠層大葬!」モブ忍達もサポート「封の鎖を繋げる!」
土影勝ち確信し「よし…ワシ等の勝ちじゃぜ」→砂が爆発!
上見て…土影<これはまさか!!>モブ忍と我愛羅「幻術?」
土影「いや…幻術じゃない、先代の無様が手を焼いたと言う、
 水影の無限爆破忍術蒸危暴威(ジョウキボーイ)」←(´,_ゝ`)
空に顔が浮かんでる~…パラパラ降ってくるあられ
土影解説「水蒸気爆発によって、持ち上げられた空気が、
 上空で冷やされあられになった物じゃぜ」
シュルシュルと縮んでいく分身…更に土影解説が続く、
「コイツは水影の体内の油と水を使った分身じゃぜ。
 子供のなりで、表面を覆っとる油の中は水だけなんじゃが、
 特徴として熱しやすく冷めやすい体質でのう
 アクションを起こすと表面の油が急激に熱せられて、
 中の水が急激な蒸発現象を起こし…水蒸気爆発になる。
で、あられによって冷やされると小さく元に戻って次の爆発に備える」
水影分身。腕から刃(…そういえば、読んだ時は気づかなかったが…何か…〇ーズ風だ)
動き機敏→吹っ飛ばされるモブ忍「大丈夫か」「この分身すばしっこい!」
土影「本体がどこかにおる筈じゃ、コイツは相手にせず狙うなら本体じゃぜ、
 この術を使っとる間本体は凄く弱るのも特徴じゃ
水影<オオノキの小僧よく知ってんじゃねーかよ…無の奴だな>
モブ忍は幻術で無いのなら「感知できる!」と本体の位置感知!
土影…振り向いた拍子にグキッ<こんな時に腰が~>
水影「あ、見つかった」我愛羅「あられが止む前に…(砂)…お前を封印する」
モブ忍対する水影の分身は土影の解説通りに膨らんでいく
土影「動けば動くほど、熱せられて水が急激に蒸発を始めとる、
 あられも止んだ…また水蒸気爆発を起こしかねんぞ
分身が捕らえられた本体の方に行くと…封印しかけてた札剥がす!
砂から顔出す水影…顔引っ込め攻撃避け「隠れるには丁度いいなこりゃ」
「俺も五影の1人、この油さえあればオメーの砂の術も役に立たねーぞ
 すぐに封印されなきゃだがな」土影「そのようですな」
「さあ、どうやって俺をぶっ倒すんだ」「それを教えて欲しいんですがのォ」
水影「そういうのはもう止めだ、悪りーけどな」
我愛羅「さっきまで協力的だったのに何故だ?敵の考えに加担する気か」
水影「そりゃ違う!俺だって元五影の1人だ。
 お前らに協力しとるのだよ俺のやり方で」土影「つまりそれはどういう?」
水影「実力で俺に勝てなきゃお前らは死んだ俺以下って事だろうがボケ
 そんなんで敵のボスに勝てるかぁ!!」VS分身、モブ離れる…
「五影の金の卵が見つかったと思ったのに…風影お前もただの卵か?」
爆発見えたナルト達→「あっちだってばよ!待ってろ今行くぞ!!」
モブ忍達は…砂の盾に庇われてた。我愛羅は?水影に向ってく!
水影「皆を守ると同時にダメージ覚悟で突っ込んでくるとはな、
 こいつを止めなきゃ何度やっても同じだぜ」我愛羅砂→分身との戦い、
<あられも止まったな、ここからだぜ>分身膨張!ぶつかった我愛羅。
水影「急に膨張したんでガードのタイミングがズレたな…」
我愛羅砂になる→「また砂分身かそれは計算の内だ
水影分身…砂すり抜け、ぼよーんと落ちる→本体の我愛羅の前。
読んでた水影…「砂のスピードじゃ捕まりはしねーぞ、どうするん…」
分身何故か捕まった!<どういう事だ?砂のスピードを上げたとでも?>
砂…割れて→「しかーし、ボッカーン」ブシュー!
テマリ「また煙?」ナルト「あそこに間違いねぇってばよ!!」
キラキラ→「動きが止まった?」ピカッと出てきた…<これは金!>
<こいつの親父が残していたあの砂金を砂に混ぜ込んで何かしたのか>
キラキラ~、我愛羅解説「さっきの砂分身には砂金が隠してあった
 コイツの熱を利用して金を溶かし込み接合させる
 そして金は水の20倍の重さがあるm動作が鈍くなったのはその為だ」
場面回想、水影<だから砂で簡単に捕まったのか>→不発の理由は
我愛羅「あられと混ぜ冷えた砂は、コイツを冷やすには充分
 熱せられた水蒸気を冷やすには熱伝導のいい金が更に一役買ってる」
水影「最後は現五影らしく、よくやった…しかしよく思いついたな。
 こんなやり方をよ」金の像見て「待てよ!やっぱお前…金の卵だ(^^)」
CM明けカブト…劣勢→「余計な事言う前に封印され助かった」とか、
ナルトの力で…再生に時間かかってた…無が復活!
「甘いなオオノキ俺の弟子たる者が…俺の分裂を見過ごすとは」と…
回想(惑星螺旋丸→封印、ナルトの「よっしゃー」いう所まで…長っ)
無では…剥がせない札…カブトは分身ではなく分裂だと思い…
分裂スピードは速くても力は半分で…例のアレ口寄せには時間が…
新しい石を出し「新たな作戦を加えて…時間を稼がないと
どう見ても四人衆です(あれ?石10個あったけど?数合わなくね?)
到着したナルト、我愛羅「そっちはどうなった?」と状況尋ね…
ナルト「雷影は封印した!こっちに爆発が見えたんで
 テマリ達より先にオレだけぶっ飛ばしてきたんだってばよ」
我愛羅「そうか、こっちももう終わる」ナルト「で、お前の方の敵はどこだ?」
水影「何だ、友達いるじゃねーか」(いないとは言って無いし…
ナルト「え?な、何だコイツ変な体しやがって!」我愛羅「違う、オレの術だ」
水影「ハハ…風影、お前と違って馬鹿っぽいなソイツ…いいコンビだ
「そうか」と笑う我愛羅…砂に包まれてく水影「久々に楽しかったぜ」
…モブ忍が封の鎖を繋ぎ…二代目水影封印完了!
130301.jpg
土影「五影前任者達を相手によくやった、ここはワシらの勝利じゃぜ」
テマリ→医療チームに負傷者引かせる指示。土影にも行かせようと…
土影「ワシはもう大丈夫じゃ」テマリ「じじいのクセに無理すんなって」
「人を年寄り扱いするでない、ワシはまだまだ若いもんにはー」
両脇から抱えるマツリとユカタ、何か、失礼な発言が多いが…(-_-;)
抵抗むなしく…土影、強制連行!!(苦笑)
我愛羅「で、ナルトお前分身だな」ナルト「あぁ」
なら、お前のオリジナルは今ドコにいる?」→走ってる分身達、
医療班→受け入れ中止伝えるシズネ。怪我人は運ばれると言うのに…
その怪我人が敵か味方が見分ける術が無い為…サクラ「…そんな」
シカマル隊→自分以外は敵と言う状況…「何か手を考えないとな」
オイオイ…感知要員のナルトが来る…連絡伝わってないんかい!!
…テンテンが、すっかり芭蕉扇中毒になってた~(苦笑)
ネジとヒナタの会話…ネジは疲れ目で目が霞んでいた(-_-;)
森の中のカカシ隊…パクラとガリの封印失敗の報告(マキちゃん…)
カカシ「そうか、残る忍刀七人衆は西瓜山河豚鬼と鬼灯満月…」
戦闘発生フラグ立てたか…満月CV気になる……ってか口の影!
ナルト「待ってろよ皆」→カブト→方々へ向う分身で引き伸ばし終了!
次回は四人衆登場(死亡してたのか)…何かアッサリ終わりそう(-_-;)
スポンサーサイト

2013/03/01(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |