今回も高木刑事活躍回?

コナン「泡と湯気と煙(前編)」ネタバレ感想文
ゲストキャラがそれぞれビール、コーヒー、煙草…
そこにメールが…内容は『俺を殺せるもんなら殺してみろ
 部屋の扉空けて待ってるぞ 返り討ちにしてやるよ 勝本大作』
蘭「ごめんコナン君、お父さん車出せないみたい」
朝まで飲んでたらしい小五郎寝てて(イビキだけの出演)
帰ってきてなかった思い出すコナン…レンタカーの当て外れ
今からでは博士達乗ったスキーバスには間に合わない。
忘れ物を取りに来た灰原にコナン付いてきた。
電車だと到着夕方→コナン「仕方ねぇよ他に選択肢ねーんだから
灰原「あるじゃない昴さんの車で送ってもらう手が…」
驚くコナン「いいのかよ?」→いんじゃないと答える灰原。
コナン「あ、いや、オメーがだよ?あんなに毛嫌いしてたじゃねーか
灰原「いつまでも好き嫌い言ってらんないわ、ガキじゃあるまいし」
コナン「だから見た目はガキ…<あ、この場合見た目は関係ねーか>」
灰原<それにあの人…もしかしたら…>と…(ーー;)
マンション、例のメール・勝本の所に黒い人やってきて…ギリリと。
昴の車で送ってもらう→張り込み帰りの高木刑事とばったり。
コナン「結構早く復帰出来てよかったね」
高木「あぁ…でも今もたまに夢を見るんだ…
 まぁ、あの板から落ちた瞬間に目が覚めるだけど(落ちる場面)
いつも自分に言い聞かせてるよ「大丈夫、落ちて無い落ちてない」って」
すっかりトラウマになっているし…(ーー;)
落ちたとの声が…背後見て通りの向こう。
コナン「高木刑事乗って現場に行ってみよう」昴も「さあ早く」と、
現場到着。警察と言うと野次馬避けてくれて、落下遺体が…
高木は白手袋しなから「この人誰だがわかる人いますか?」
コナン、遺体胸ポケットの携帯見つけ…取り出す高木。
履歴→妙なメールを一斉送信「送ってみたら」高木の指使って押す。
三人に着信。コナン「どうやらあの3人に送ってたみたいだね
聞いた時にいなかった訳→声聞いて駆けつけた、顔確認してない…
出版社の社長兼編集長・勝本。最近売り上げ伸ばすゴシップ誌。
同じマンションに住まい(偶然だと言う)3階…社長26階。
さっきまで部屋にいたが、1人暮らしなので証明できないと…
コナンが3人の部屋に行ってみよう→落ちたの声から4分。
3人「!」→まだ経ってない→部屋に行く。
灰原「部屋なんて見て何がわかるのかしら?」→昴の見立ては。
殺人ならば被害者の部屋から突き落とし、急いでここに駆けつけ、
部屋にさっきまでいた痕跡があれば容疑者から外れる
高木刑事がたまたま現場に居合わせた→予測しえない状況、
犯行後、部屋に立ち寄りさっきまで居たような細工は出来ない。
灰原「あら、随分殺しの事に詳しいのね」
昴「ええ、シャーロキアンですから、でも興味のあるのは
  殺しではなく謎解きの方ですけどね」←灰原「あらそう」
容疑者2人にドア開けたままで待機させ、まず荻野の部屋に。
堂々と高木と一緒に入ってくよコナン君(-_-;)
袋に躓く荻野。中に葬儀の品。つけっ放しのTVは証拠には…
「これなんていいんじゃねーか」泡の残ったビール
今度は月原の部屋、萩野と同じ葬式の袋が会って…
月原「私たち3人とも言ったわよ。社長は来なかったけど」
朝コーヒー飲む習慣。一応証拠になる→わずかに湯気
慌てながら鍵開ける袖崎→証拠を思い出して慌ててる。
煙草…消えてしまった?→まだ辛うじて煙が上がった
「…」と見てるコナン。社長の部屋は行ってない言う3人
コナン<アリバイの証拠になる物が、泡に、湯気に、煙か>
目暮「泡に湯気に煙だと?
 そんな不確かな物がアリバイになると言うのかね?」
高木「順を追って説明しますと」事件おさらい(追加と語尾変更)
張り込み終え戻る途中→声に駆けつけた所→被害者携帯のメール。
メールを再送信してみた所…(で、ちょっとセリフカット)
挑発する様なメール受け取った3人→話聞き被害者の身元が~と、
任意同行してもらおうと追ったが→「今、自分の部屋に行けば
 さっきまでそこに居た証拠があるかもしれない」←コナン言ったんじゃ?
目暮「3人の部屋に行きビールの泡と、コーヒーの湯気と、
 煙草この煙を見せられたというわけか」
3人の中に犯人いたら→突き落とし→野次馬に紛れてたとすれば…
寄り道せずにここに駆けつけてる筈→高木だけが見た物では?
コナン「ちゃんと写真も撮ったよ。携帯電話のカメラでだけどね」
乗った車に偶然会って「落ちた」の声を聞いたのだというと…
目暮「ホーそれで君は殺人犯かもしれん人間の部屋に
 コナン君を連れてったというのかね」警部あきれてるね
高木「すぐに部屋に行こうと言い出したのはコナン君なので」
「ホラ、見てよ」泡、湯気(※動画)、煙(わかりやすく容疑者と映る)
容疑者達は部屋の前に待機させ、部屋戻り偽装する時間なし。
現場は26階の勝本社長の部屋。社長→メールの後、改装業者と電話。
昨夜張り替えた絨毯が注文通りじゃなかったとクレーム…
途中で、呼び鈴が鳴り電話切る→社長が部屋にいたことは確定で、
訪ねてきた誰かが犯人→部屋に行くまで往復7分(高木が自ら試し)
23階を3分半?(-_-;)……エレベーターには監視カメラ。
監視室でその映像見た→その時間に3人は映ってなかった
カメラ無い階段を使った筈だと(優男だが意外と体力)
犯人は10分以上部屋を空けてる筈で、泡、湯気、煙は消える筈…
社長がメール送った理由→訴訟。
人気女優の自殺…危ない恋人とのキスシーンというスクープ。
3人がその記事に関わった「…って事になってるわ」「なってる?」
荻野「ああ、写真も記事も嘘っぱちだからな
目暮、高木、コナン「!!」正解はハグ。スタントマン(傷は怪我)
女優は若手議員と婚約しててハグ…デタラメともいえない?
月原「…それも違うわ」→女優の異母弟、結婚報告ハグが真相。
それでボツにした記事を…社長が勝手に書き換えたのを載せ発売。
女優ファンに襲撃され弟は意識不明。女優は婚約破談で自殺。
訂正できない理由(父の不倫相手の子)→でっち上げた社長へ恨み。
証拠を握ってる、潰すまで訴え続けるという連名メールを社長に。
それの返答が例のメール。部屋にあった袋は女優の葬儀の返礼品。
女優の親族も怪しい?→あのメールの直後なので3人は怪しく
コナン<確かにそうだ偶然にしちゃタイミングがよすぎるけど、
 あの泡と湯気と煙が、あの3人の犯行を否定している>
細工できない所で部屋入りボロを見つけようとした当てが外れ…
そこに電話→スキー場にいる博士たちからだった。
コナン「悪い、ちょっと事件にかかわちまって
 そっちいけそうにねーよ
えーという声…博士が「息が真っ白で気持ちがいいぞー」と、
<息が真っ白>後で掛けなおすとさっさと切り、
コナン「ねぇ目暮警部。どうせなら実験してみれば?」
ED後にアニメオリジナル会話が
昴「さてと、彼はこれからどうするつもりなんでしょう」
灰原「何が?」「スキーですよ、阿笠博士達が待っているんでしょ」
「…多分中止ね。恐らくさっき彼が受けた電話は子供達から…
 どーせ事件に関わっちまったから行けそーにねぇよ
 とか言って断わったんでしょ、いつもの事よスバリだな!
昴「なるほど、それは残念」
灰原「だからも帰ってもいいわよ送って貰う用がなくなったし」
昴「いえ、事件の経過も気になりますし。
 それにか弱い女性を1人残して帰れませんし、
 もしかしたら殺人犯がうろついてるかもしれませんし」
灰原「随分頼りないナイトね」
昴「これは手厳しい…命に代えてもお守りしますよ…姫
130127.jpg
次回ヒント『商売道具』高木「毛利さん実験に呼びます?」
目暮「毛利君はビール担当から外せ」コナン「うん」で終了。
スポンサーサイト

2013/01/27(日) | コナンアニメ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |