FC2ブログ
日/コナンアニメ感想 木/コナン原作感想 更新予定(長文)その他感想は単発です
ナルト(疾風伝)422話「疾走る雷(はしるいかずち)」ネタバレ感想文
前回の続きから(^_^;)マダラに即、螺旋丸!効かないって、
…雷影様と行動パターンはさほど変わらないと少し思う(ーー;)
木遁檻がスコココーンと組みあがってく…
ヤマト…そして、マダラの背後取ってるカカシ(雷切発動中)
「そうカンタンにナルトに手は出させやしないよ…うちはマダラ
(かっけぇー!!≧▽≦)
身体を消してるのか零体化か(あ、その零体化ってのが…ダンの…)
…ナルトを捕らえようとするときの実体化が拘束チャンス!
ナルトに興味が出た、話がしたい。サスケの話題が聞きたいナルト。
(たーまにだけど、サスケサスケ…ウゼーなと思う時が…)
110311.jpg
「憎しみ恨みに骨の髄まで侵された男、うちはサスケの話を」(´Д`;)
間、その前に、イタチの話が必要不可欠だと…話好き一族がっ!
それにしても今回の良い作画。総作監が田中さんか~
…のらりくらりなゼツの首アッサリへし折る雷影(苦笑)
シーにサスケを探知させるぞ(尋問意味ないじゃん^_^;)
水影のやるなや~に我愛羅が。暁だから口割らないぞ!と、
ミフネは付き人の侍達に戦闘体勢などの指示出して…
シーが見つけ…行く前に青にダンゾウの見張り頼んでった
壁ぶっ壊して入り口造っていきました~
机と壁の事を謝るダルイ(フォローで毎回謝ってんだね。きっと^Д^;)
侍が慌しく探索…に香燐が気づく…バレたのはゼツが犯人
マントで見つかった…いや囮!背後降り…侍に当身するサスケ、
本当にここまでは…ほぼ不殺を守ってたっぽいのだが…
数が多い侍に囲まれてる!侍のチャクラの使用法を見せます…
サスケ「オレはイラ立ってる」あまり目を見せない様に描かれる…
香燐にダンゾウ探知頼み、あ。水月の包丁に切れ目…
重吾はサスケの援護行って来るって。で、感知使うと…「!!?」
サスケチャクラの変質…ついに悪意に取り憑かれたっぽい。
苛立ちピーク?…侍斬りまくる(血!)…ついに不殺破る
冷たいサスケのチャクラに恐怖を感じつつある香燐たん(^Д^;)
重吾援護入る。シー感知…位置真下!ダルイ(雷影様…それは)
天井突き破って…雷影来たよ!!
雷影「憤怒の恐怖を教えてやる!」…飛び出すサスケェ…
ダルイの水遁+雷遁コンボ!(次の術に行くスピードが速いね)
早速役に立っている情報
筒抜けのサスケ情報…(漏れてなかった今までが、特例だったんだ)
雲隠れの上忍と雷影シーの術…眩しい!!
サスケがやられた様に重吾には見えた「重吾ひるむなこれは幻術だ」
…って雷影とダルイに一瞬で囲まれ、水月と重吾が攻撃防いでたが、
包丁が折れた…ああ、包丁ーっ!!Σ(´Д`)
サスケ「余計な事を死にそうな所を何回助けられてたんだっけ?
「なんだよその言い草!君らしいけど」変わり様に気づいてないのね…
ダルイが…ボスとオレでやるからと、シーに探知だけに。
チャクラ消し隠れられる香燐。感知厄介…重吾は呪印モード…
会談場…ゼツの脈取り確認中のウラカク(名前こっちだよね?)
…瞳術止めたが…すでに信用失ったダンゾウ。警戒されまくり、
ミフネ「こんな手使わずとも、アナタに決めたやもしれぬのに」
ダンゾウは早急に世界を一つ纏めたいそれは理解できるが…
過程よりも結果が大事という考え…(^_^;)
我愛羅「道徳を考慮しないやり方や諦めは、
 今の俺にとって受け入れたがい物になった」…ナルトの影響。
土影が質問に答えてやるから…聞いてみろと…
カンクロウ「なんだとジジイ!」テマリ「これでも土影、他里の長だそ」
赤ツチ「これでも?」(テマリのほうが失礼だった?)
我愛羅の問い「アンタ達はいつ己を捨てた?」
水影(純粋な子…)←ちょっと、狙ってるよーな雰囲気でした。
サスケ…どうしよ…行く我愛羅。追う兄姉。
黒ツチ。デイダラ兄やった奴の見学。赤ツチは土影の腰心配と。
フーはどっちらかを写輪眼回収に…と耳打ちしてたが、
青が雷影に託されたので木ノ葉は残れと…ダンゾウ同意。
呪印2の重吾(殺人衝動)の性格の変わり様に戸惑うダルイ(笑)
素早い雷影…アッサリと重吾やられる…
シー狙いに来た水月(それ防がれるフラグ^_^;)…攻撃防ぐダルイ。
離れたシー「雷影様の速さは黄色い閃光に劣らない」(書物経由?)
なんか、まだ隠し玉があるようなんだよね。
やられたと思っていた重吾だが…ゼロ距離攻撃!!
水月ェ「やったか!?」は禁句…シーの目の前に写輪眼影…
サスケの幻術(スサノオ?)に捕られられ…シー金縛り状態でバタリ。
重吾…意外と大怪我。……香燐が探知をしようとするけど、
…雷影に吹っ飛ばされ壁めり込む重吾…実力差がありすぎる(苦笑)
雷影とサスケ睨みあいで終了!あれ?マダラさん話は?
次回は、説得を一応試みる我愛羅…そして涙が…あるらしい…
スポンサーサイト