サスケ、黒歴史復習中!

ナルト(疾風伝)666話「自来也忍法帳~ナルト豪傑物語~
衝突」ネタバレ感想文
塔に向かう→橋の前でネジ残る→サイは分身だった(^^;)
ネジVSアンコ!→空からの攻撃を避けつつ塔に到着。
シカマル「先に行け、ここは俺が食い止める」まるでフラグな(笑)
…火影の息子とかは関係なく、2人を見てたからの思い(-_-;)
サスケの感情を揺さぶれるのは、連れ戻せるのはお前だけ
やっとサイ喋る(笑)弱点・天候、シカマルVSサイか。
大蛇丸とサスケ会う→階段上がるとヤマト!何か久しぶり!
木遁拘束→九尾の衣!九尾「力を貸してやる」5本目っ!!
力厨サスケ、噛まれ呪印→ナルト「サスケェ」(ホモい´・ω・`)
ナルト「サスケと話がしたいだけ」九喇嘛の力必要とせず…
ヤマトの出番はここで終わりかぁ?→ナルト自力で戻った。
このダメージでちょっと弱体化させてんじゃないのか?
サスケ呪印馴染むの速い厨二病こじらせる
分身で仙人モード!!チャクラの代わりに攻撃範囲の。
(綱手が夢の中で読んでる自来也の小説なのに、死亡後に出た設定使うし…)
時間制限気づかれ→豪龍火からー「雷鳴と共に散れ」
麒麟に対して螺旋手裏剣→麒麟は囮よ!だ。
ナルトの胸貫かれてた!(゜_゜>)間がわからな過ぎる(苦笑)
思いは、拳で語らないで口に出してる!!
サスケの主張→ナルトが自分より強くなるのは絶許
ナルト「ウスラトンカチはお前だ」で手足の骨折る発言(-_-;)
九尾衣VS状態2→ここでもか!と思ってたらイタチが間に
「許せサスケ」デコトン…なんで昇天してんのさ?
160129.jpg
で、以降、同じ展開~大蛇丸「面白い見世物だった」
次回、このままペイン編突入か(´Д`)

スポンサーサイト