しかし、次回も回想回になりそうな感じが…

ナルト(疾風伝)607話「守られた約束」ネタバレ感想文
差し出された手に…(EDの田中さんなのでちょっと可愛い感じ?)
緩急付けて…首にガッ!「今までの道に後悔は無い」
ナルトから→オビト(少年)の姿になり「今のお前じゃ…」
ミナトとカカシ…リンに手を引かれるオビト…通り抜けてく、
自分の心の穴は自分で埋めればよいのだ
リンのく、首が~…ホラーですな(´Д`;)
「ちょっと待ってリン」…昔の自分からの言葉…
掴まれる→ナルトが「いいから来いコノヤロー」グイッと。
まだ綱引き中それ、スッカリ忘れてたよ(笑)
(映像になるとこんなに短かったのかー!と…ちょっとアッサリ感がな)
抜けた…剥がれる→<負けたのか…>落下→回想。
声にならない声が良かった。じっと手を見る「…リン」
やっと回想地獄から出られたって感じがー(^_^;)
やったな!って表情してるナルトとサスケがあったな。
孫「約束を守ったなうずまきナルト」ここも回想あるんだ…
走り出すサスケ。ナルト「待てサスケ!」あ、久しぶりのシー
オビト<そうか負けか>→カカシ戻る→マウントポジション。
カカシ…仲間、友として「コイツのけじめを付けさせてくれ」
ナルトの制止の声。カカシ止めるミナト、連合止める綱手。
見えた心の中。母譲りの説教つくづくナルトは母似なのだな…
ミナト「でも、本来それをやるのは君(カカシ)の役目だ
友達だから言える事…それはナルト側も。
→再び回想…神無毘橋当時の状況説明なんだろうけど…長いな?
ミナト「リンを守れなくてすまなかった消えてく事で表現か
オビトのリンへの想い…失ってからの世界に対する思い
カカシ「俺もハッキリは分らない」…否定はしない
地獄と思った、皆を失い…でも(…ここも回想増量すんだ~^_^;)
上にいるの長いな~と思ってたら…少し浮いてたんで何かホッとした(笑)
「ハッキリとは分らないが「眼」をこらして見ようとはしたんだ、
お前のくれた写輪眼と言葉があれば見える気がしたんだよ」
「それがナルトだってのか」→オビトよりは失敗しない…
カカシ「あいつが道につまずきそうなら俺が助ける
自分の夢も現実も諦めたりしない…そういう奴だからこそ。
助けてくる沢山の仲間がいる…そこが違う
「信じる仲間が集まれば、
 希望も形となって見えてくるかもしれない
 俺はそう思うんだよ……オビト」
141121.jpg
映画ので竹内さんと井上さんがちょっと出てたなぁ(^д^)
スポンサーサイト

2014/11/21(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |