サスケ里抜け…復習編

ナルト WJ44号感想文
人柱力のナルト始末対象=ナルトが死ぬ「必然的にな」
無限月読解除するまでは尾獣達を生かすと(道具扱いだな)
ナルト「…オレがそうさせねーの…分かってんよな…!」
場所変更!「お前なら分かっているな」
カカシ止めたいが、写輪眼の影響で動けず(肝心な時に…)
サクラは…涙ながらに自分の想いを…
サスケ「お前は本当にウザいな踏襲してんねぇ…
昔は気絶させたが今は幻術で…→追うから邪魔になる
カカシ「サクラは…お前を助けたかったんだずっと…」
サスケ→恋愛ごっこ。己が好く、好かれる道理はない…
カカシ「理由があるのは人を嫌いになる時だけでいい!」
(…人を好きになるのに理由はいらないって人ッスか…なるほどー…)
ただ助けたいだけのサクラの想い、想って涙を流すのは…
お前を愛して苦しんでいるからだ!」
同じ好きでも別のもの…は「愛情に変化」が正解だったか、
サスケ「…それが…失敗した過去の…縛りなのかもな…」
ナルトここでサクラとの約束がー!
「ナルト…」「先生!オレの忍道はもう知ってんだろ?
 行ってくっぜ!!」「ああ…頼んだぞ」
あれ?マダラの柱間顔ある?前回までなかったよーな…(^_^;)
ハゴロモ「…愛情とは難しい物だな…」
仙人の息子への反省点…愛情の喪失でうちはの人達も
「サスケもマダラと同じ運命だとそう仰りたいのですか?」
「そうではない…」過ちから学んだから→2人に託したと、
過去は未来が変わらぬと気づかせる為にあるのではなく
 過去は未来の為にあるはずだ」
ナルトに可能性見出した理由:九喇嘛を救い友になった男
ハゴロモ「ナルトに任せてみるとしよう……」
愛情は戻ると願うのだ…サスケも愛を知る者だからこそ。
戦いの舞台は、終末の谷に!!
…かみ合ってる様でかみ合ってない感がある会話(^_^;)
イタチの名言「皆に認められた者が火影効果無し!!
サスケは…兄の言葉ではなく生き様から全て悟ったと…
次回「オレのかんがえたさいきょうのほかげ」
サスケの主張はどんなんかねぇ?140930.jpg
スポンサーサイト

2014/09/30(火) | NARUTO原作 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |