この時は…まさかあの人と…なんて

コナン「帝丹小7不思議事件」ネタバレ感想文
112話98年8月放送/学校の7不思議の噂
初登場時の小林先生…今とは、浮かない表情の歩美
夜の教室に人影、相談した教頭が2日前から来てない。
子供達叱り付け教室出てった小林先生…本当は…
1-Aの大畑先生は教頭の事聞かれると動揺(^_^;)
教頭について…校長は「隠し事はいつかバレる
 彼は実に運がなかった天命じゃよ」(笑)
140914c.jpg
夜の学校→コナン一人で行こうとするがそうは出来ない
探偵団以外の誰か居ます!美術室と保健室調べる。
模型に驚いた歩美→飛び出す→ダンボール中の人形発見、
1-B生徒の名札付き?人体模型が動いた!?
保健室戻ると動かした形跡(^_^;)見てる→誰か居た形跡。
警備員呼ぶ為に電話…何故か鍵が開いてる職員室
寝てる。じゃ小五郎に…こっちも結局寝てるし(´Д`;)
何者かが脅かそうとしてるので乗ったフリ…しばらく隠れ…
1-B教室の様子が…コナン「犯人を捕まえに行くんだよ」
参観日の様な教室内!小林先生が授業参観の練習。
7不思議は小林先生の仕業!生徒が好きで好きで
前の学校での失敗による参観日のトラウマ(-Д-;)
優しさは隠せない「地に戻せ」→皆を脅かしてなかった。
別の誰かが!…正体は教頭先生… ( ´,_ゝ`)プッ
ヅラ!!衝撃シーン作ってしまったのは大畑先生(-_-;)
夜を徹したヅラ捜索が……実は校長預かってた…(笑)
次回ヒント『大尉』光彦「もう探偵団に怖い物はありません」
灰原「本当かしら?」コナン「あるでしょ」
スポンサーサイト

2014/09/14(日) | コナンアニメ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |