空回過ぎてこじれた創設期

ナルト(疾風伝)589話「本当の夢」ネタバレ感想文
前回の和議→火の国と平安な国作り「夢の様だった」
里を歩くと会釈される柱間…花屋は山中一族の人なのかな?
つーか、ままごとショップって何やねん!!気になるわー
マダラと待ち合わせかよ(笑)→アカデミーに…
転んだ女の子に駆け寄る優しさ溢れるマダラさんだが…
怖い顔で逆にビビらせてしまう(^_^;)…柱間がフォロー。
崖の上→柱間「覚えているか?ガキの頃ここで話した事」
回想:柱間が語ってた夢物語穴あきの葉
攫もうとしたら攫めた?→「これからは夢が現実になる
柱間「火の国を守る影の忍の長…名を火影、どうだ?」
マダラを火影にと思う柱間→里の者を兄弟と思って…
マダラ「うちはの兄弟すら守れなかったこの俺に…」
瓦間、板間…イズナを回想…結構、長く感じるなぁ(^Д^;)
猿飛一族、志村一族も加入?「嘘だろ…本当かよそれ!」
(この反応から猿飛と志村も凄い忍一族とかだったらしいが…)
里の名前の案さっきの葉の穴から…覗き込み…
マダラ「木ノ葉…隠れの里…ってのはどうだ?」
落ち込む柱間にマダラのツッコミ→前の仲に戻った気がと、
火影の役目→顔を岩に彫る!マダラ…ヒいてるな…
厳つ過ぎ少々手加え→情けない落ち込み顔よりはマシ。
マダラは昔の様に笑えるじゃん(柱間限定デレか?)
扉間「ここに居たか」…「大名が来る頃だ」と大声に…
(もしコレが、面倒事押し付け逃走→やっと見つけたと思ったら…だったら)
マダラ「扉間か…」扉間「……」コイツラも腑見せ合っていれば…
扉間はマダラを長(火影)にするのは反対→民意重視
マダラ信認されない。兄が里を作った、うちはへの疑心…
人の気配?→あの葉が…真っ二つに
これからは民主的な運営→受け入れ…初代火影に…
現在に少し戻る→敵だった一族が手を取り合った理想郷
平和を求めた生まれた里が…木ノ葉隠れなのだと…
同じ場所/当時は…マダラは柱間に一族の石碑見せ…
マダラ解読「一つの神が安定を求め陰と陽に分離した。
 相反する2つの力は作用し合い森羅万象を得る
解釈/協力し合う事?「だが…別の捉え方もできる」
まさか…改竄されてたとは…この時のマダラは知るよしもない(-_-;)
柱間「扉間の事は俺に任せてくtr」マダラの力を必要という。
民が良さに気づく、そしたら二代目にと、諦めてない柱間…
次は扉間でこのままだと一族が消されてしまうと危惧。
一族は誰もついてこない、守れず、信用もされて無いと(゜-゜)
付いて来なかったのは…ただの被害妄想だと気づかれたんだろ?
140725.jpg
「お前は俺と兄弟と言う…だが里の為にどっちを斬れる?」
里抜け宣言「別の道を見つけた」協力=静かな戦いだと…
うちは一族は大抵人の話を聞かない
本当の夢の道へ行くまで…お前との戦いを愉しむさ」
本当の夢?→「お前には見えないのさ」先の夢が…(-_-;)
柱間はマダラを必要…上役…「としても」(友じゃ…ーー;)
「繋がりなど無い、そしてお前には決して届かない」マツ毛ェ…
里内。最初のと同じだが違うマダラがいない(^_^;)
国と里のシステムが五大国にも→忍里初代達顔出し
アカデミー風景→寝てるのコハルだ!三代目の同期達がー
柱間VSマダラに場面が→前の終わりから…少し戻ってる。
戦い増量。九尾は眠らせ→2人が名前言いあって終了~
スポンサーサイト

2014/07/25(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |