後1つは出ないで終わりそうな予感も

ナルト WJ34号感想文
カカシ→向こうの心配…祈る様な気持ちかな~
(あ、そういや…残念ながらナルトの分身が即やられてたですけどね)
サクラは先頭走ってるつもり→ナルト以上に結果出すと、
かなり持ちこたえたなぁ…分身!
分身から情報伝わり→前々回の「本体まで届ける
「一帯連弾」の後…オビトの神威発動タイミング
本体側は結局入れなかったんですな(^_^;)
始球空間到着時の分身側→分身が囮となり時間稼ぎ
オビト「この場所はマーキングできた」(そういう移動だったのか)
オビトが己の空間にサクラ連れて隠れ…前回に繋がる。
黒ゼツ「向こうは全てただの分身だったか…騙されたよ…」
ナルトは…彼らが行かないよー上手く戦おうと(^_^;)
サクラはありったけのチャクラをオビトへと…
(百豪チャクラって…他人に模様まで移るんだ)
中々繋がらず…オビト「とんでもなく…遠い空間だ」
<これを一瞬でつなげる…カグヤとはいったい何者だ…!?>
1回目:熔岩。オビト「ここは…サスケを感知できない
一方、ナルト側→入り口開け様とする母止める黒ゼツ。
<奴がサスケに近づく>ナルト以外に注意向けてないからー(^_^;)
やっと、本体は黒玉(求道玉)付いてると気づいたよ~
サスケ側は…ナルトのチャクラ感じた地点に来てた。
2回目:酸の海。オビトを庇ったサクラに少しかかった…
サクラは素早くベストを脱ぎ捨て、袖を破り捨てる。
水+雷だったら辻褄合っちゃうじゃねーか(電解水^_^;)だと後1つは火+雷か?
休憩を促すが…ナルトのくれたチャンス潰す訳には…
チャクラにも限りがーと続行望む!(オビトも休みたかったんじゃ…)
オビト「…つまずきそうなら助けたくなる……か」
何か2人が…いいコンビにさえ見えてきます(笑)
3回目:ついに砂漠サスケを発見!!
サクラの声にサスケ気づいた
だが2人の限界も近いぞ!オビト<マズイ…>
サクラのしゃーんなろー!一瞬大きく開くも……閉まる!
<そんな…>倒れ掛かるサクラ支えるサスケ
オビト「どうやって…?」サスケ「これがオレの能力だ
 オレと離れた空間とを一瞬で入れ替える
 距離は決まっているがおかげで届いた
開いた時、ベストと交換出来たとさ?(入れ替えが正解だったかー)
140720n.jpg
重大発表って…劇場版関連企画とかじゃねーのかよ?
10作目だしHPでカウントしてるし…あと皆の書以降刊行して欲しい~
スポンサーサイト

2014/07/20(日) | NARUTO原作 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |