前の時は…ハジケ切れなかっただけぞ

ナルト(疾風伝)586話「全てを知る者たち」ネタバレ感想文
提供時点で(笑)水月のコメント。扉間「また大蛇丸とかいう忍か
三代目が解説。屍鬼封尽解き→穢土転生された。
ミナト「大蛇丸さんどうやって?」さんwww昔はこういう風に会話…
うずまき一族の封印術→跡地巡り文献集め研究(木ノ葉崩し後)
ミナト「初代様ー」→「貴様は誰ぞ?」…シーン(-_-;)
三代目とミナトの反応…「え、あ…四代目火影です」背中見せる。
「里も安定しておるな」→三代目より先に死んだミナト、別件
五代目が綱手と聞き…ズーン「綱かぁ…今、里は大丈夫ぞ?」
ミナト「何か問題が」柱間「初孫だったんで果てしなく甘やかした
孫かわいいって顔してるよなー綱手・柱間「ガハハハ」<そっくり!
想像と違って…(汗)大蛇丸も/大蛇丸による扉間へのダメ出し
扉間「また木ノ葉を襲う気か!」ビシッ!また木ノ葉崩し?
柱間「だからあの時俺がー」「兄者は少し黙ってろ」「しかしだの」
黙れ」で柱間→↓真っ白に…水月<忍の神、貫禄ねェー>
今の大蛇丸にそんな気はなく(人格縛らない→キャラ変更を上手い事…)
「オレはうちはサスケ…あんた達火影に聞きたい事がある
扉間のキツイ言い方に柱間の注意→「兄者は甘いのだ」
「イタチに何故あんな事を」果たした復讐→真相→里への復讐。
「アンタの口から聞いておきたいイタチの…イタチの全てを
全体的見せない…話すのは辛そう。イタチは歴史好きか…(^Д^)
7歳にしてまるで火影に近い考えを持つ少年じゃった」手小さっ!
イタチ1人へ任せ…押し付け→でも完璧に(兄さん美人)
弟を守る為に…サスケ「やはりそうか」辛そうやね。
扉間(声)「うちはの呪われた運命という奴よ
うちはがああなったのは全て扉間のせいと大蛇丸。
柱間のうちはについて言ってた事と…扉間の考え方の違い?
写輪眼さん達…丸い目が物凄い気になる(^_^;)
扉間「うちはは、悪に憑かれた一族だ
トラウマ?マダラ知らないから→扉間にうちは一族に付いて質問。
…千手=愛情を力に。うちは=術の力…「本当は違うのだ
愛情深いが故に封じたうちは→強過ぎる愛が逆に暴走を…
愛失うと→強い憎しみへ(解説中の後ろの黒い人気になる…動きが)
開眼は精神状態と連動する「心を写す瞳」(画面はトビからマダラ)
繊細で闇堕ちしやすい→で手を付けられなくなったマダラ。
マダラは弟思いだった。千手兄弟声のみで(サスケの表情を)
サスケ「気にしない純粋でもなければ子供でもない」万華鏡~
「初代火影アンタに聞く、里とは何だ忍とはそもそも何だ?」
自分で答えを出したい木ノ葉に復讐するのかそれとも
大蛇丸回想(サスケに木ノ葉崩し本当の理由は何だったか?と…)
扉間「木ノ葉に復讐だと?うちはの悪に憑かれた小僧が
 ここでワシが」チャクラを…指上げ→柱間「扉間
慌てる鷹の人達…水月<貫禄ハンパねェ>→柱扉の睨み合い
「指を下ろせ」…降ろす→柱間「ガハハハ!いやすまんすまん」
ホッとする三代目。すごい言うミナト…怒ると怖そう
柱「しかし、よい兄を持ったなサスケとやら。俺以上の忍ぞ
早急に時間無い→戦争中・マダラ復活!柱間「いつの世も戦いか」
ミナトが…ナルトが九尾と一緒に戦ってると気づいて…
扉間…マダラチャクラ感知→三代目達は戦場行きたいが…
大蛇丸ストップ話してから!サスケに味方するマジおかん。
ギリギリ交渉?本来の力に近く…縛られないと…
扉間「ワシは動く」止まる(^_^;)柱間「猿飛よい忍を育てたものだ」
大蛇丸「お褒め頂き光栄です」柱間細胞取り込み縛り強く。
<この人は違う>と大蛇丸→柱間はいつでも外せると警戒。
心配するな」→無視すると次のマダラに…勝って意味が無い
座り込み…「そうよの…まず里と忍を語るには」回想突入
柱間VSマダラ「うちはと千手に付いてからだの」…木龍と九尾が。
九尾にスサノオを纏わせ…次元の違う戦い…少しセリフがカット。
「向こうの陸まで」ドーン…今まで事、努力を無駄にし様としてる…
オレ達の兄弟を仲間を侮辱するだけだぞ」
殺したくない→いつでも殺せるという事か→「友として」の…
俺はもう届いたのさ」…すれ違う思い
柱間が仙法で真数千手→「行くぞマダラ」「来い柱間」
ここで切ったか…次は再来週の放送かー
寺田さん改名したんだな…予告、幼少期:男性声優使ってきたかー
140620.jpg

スポンサーサイト

2014/06/20(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |