熱視線送ってる事への…嫉妬っスか(笑)

ナルト WJ29号感想文
溶岩へ落下中…カカシは幻術とは違う!と気づき…
サスケは口寄せで鷹(キーさん?)出し、ナルトだけを助ける
「何してるオレじゃなくてー」→カカシ達は無事!
ナルト「どうやって!?」にサスケがそれに付いての解説。
クナイに巻物を結びつけ、ロープ代わりにしたのだと
「オビトはクナイで刺し止めただけだが…」しかも、ちゃんと横向き!
カカシ<オビト…手荒くなってすまない…>という点を気にしてる。
あの一瞬でここまで出来るって…なんつー早業だ(^_^;)
140617.jpg
サクラ額あて落ちて燃え→カカシ「やはり幻術じゃなかったね」
<まさか別空間を口寄せしたとでもいうのか?>と考えるカカシ。
ナルト「さすがカカシ先生!!」サスケ「前を見ろナルト!」
「ナルト…お前にここでハッキリ言っておく
 オレとお前、どちらか一方が死んだとしてもこの世は終わりだ
陽と陰の力だけがカグヤを封印でき。できなければ人類滅亡!
自分達は何が合っても死ぬ訳にいかんとー(風呂敷更に広げたなぁ)
「無限月読の時…カカシとサクラはたまたまお前の近くにいた
 そういう事だこの意味分かるな…」取捨選択
ナルト「分かってんよ…」に、サクラがえ?とショック受けた顔?
お前の言ってる事は分かってるつもり、けど…
 こういう時は体が勝手に動いちまうもんだろ橋での時ー」
波の国編〔ナルトがサスケに庇われた場面〕を引き合いに、
今、これ出してくるって事は…後々伏線になるとか?涙ぐむサクラ…
「まあいいやーこの意味…お前なら分かるよな…サスケ
サクラ<サスケくんの言う通り…でも……ありがとう……ナルト> 
他に守る人がいない時にどう動くかでサスケの本心は見えるさーきっと(^_^;)
巻物ロープが燃え出し…切れ→カカシとサクラ…再び落下
助けようとするナルト→カグヤ攻撃→ガートするサスケ…
鷹の点穴付かれ飛行が→スサノオ出そうとしたサスケにも…
棒消えてき柱間、扉間、ヒルゼンが感知した地点に向う模様
「急に消えた」発言だと→別空間に移動が確定か?
ミナト側黒玉も消え…マダラ倒したと悟り→ナルトの所に戻ろうと、
カカシ「ナルト…お前!?浮けるのか!?
宙に浮き全員助けてたー(笑)マダラも浮けたなと思い返すカカシ、
ナルトはこの能力には気づいてなかった模様(^_^;)
「人は飛べない」と常識に縛られてると飛べない…って魔法少女物あったな確か…
カグヤはナルトの姿にハゴロモを重ねている…
「チャクラとは…ワラワ唯一のもの(怒りのような物?)
 もう一度、チャクラを一つにする!!」
ナルトとの打ち合いになるカグヤ(戦闘狂な表情?)
<サスケ!!今だ!!>→サスケが攻撃!!どうなる?
というか何処だよ!?…宇宙人じゃなく、異世界人もありかも?
スポンサーサイト

2014/06/17(火) | NARUTO原作 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |