前後を繋げる為の回想

ナルト(疾風伝)578話「クーデター」ネタバレ感想文
顔岩上には監視所。カカシに連れられイタチはある任務に…
6年前の九尾事件関与疑でうちは一族24時間監視
九尾事件:ダンゾウがうちはの扱いついて三代目に進言
抑えられるが逆に操れもする→避難等は根に一任する三代目。
イタチ(サスケ抱え)避難。うちは警務部隊は避難誘導をしてる…
現場へ行きたい一族に←フガク「里の命だ(コレも重要な事だと思うが)
事件後、不明な事の多さ…ビワコ達の遺体状況…犯人の存在
ダンゾウ→うちはへの疑惑。三代目→根拠のない推測と。
容疑は灰色だが、常時監視決まる(…抜け忍いない前提で話してるから)
140411.jpg
病院新生児室のナルト見てミコト「クシナ…ゴルゴ線ないイタチ。
監視を一族に報告するか?→イタチ「任務は任務です
うちは側でも感じてる事…監視中に弟見付けてほっこり(笑)
警務部隊の仕事←住人に悪態付かれ…拘束まではやり過ぎ
の件、増長?不満による反発うちはと里の間の不信感
二代目の隔離政策→配慮だと三代目。友カガミの事…(故人?)
だから、うちはを「仲間として止めておかなければ」と…
霧忍達と青。相手がシスイと解ると即退却→シスイ班帰還。
「三代目に願いが」→一族と里の信頼を繋ぎたい…シスイの想い。
シスイは三代目から調査任務の名目でその役目を担う
「カガミを思い出す」「まだまだ及びません」(年齢的には孫ぐらい?)
シスイに来ててイタチ「急な呼び出し」とサスケに→シスイの所へ、
フガクはどこまで(クーデターに)本気?…うちはが変わらなければ…
クーデター反対派の2人(-_-;)イタチに動くなと…。
シスイ(警務部からイタチの監視命令)→夜…イタチと両親が。
会合参加の件→三代目とダンゾウもその会合に付いて話す。
祭事に口挟めない!いやグーデター準備だ→そこにシスイ呼ばれ…。
フガクに別天神かける計画+支援に暗部1人。里も変わらねば
来ないイタチ待つ両親。遅れているシスイ待つイタチ…そして…
ダンゾウとシスイ。変えるという三代目の約束を信じるシスイ。
ワシの様な疑り深い者には別天神か?→襲い掛かるダンゾウ…
阻止したと思いきやイザナギ奪われた右眼
シスイ逃亡!イタチに左眼を託す(原作回想に繋がった)
既に遺書残し…「止めるなよ」空を切る手「オレの友ならば…」
そして…イタチの万華鏡写輪眼開眼へと。
容疑者を手荒く取り押さえる警務部隊にフガクが注意する場面。
一族に関するイタチの報告→シスイの自殺により士気と戦力低下
追い詰めたのだと悔いる三代目。ダンゾウ→イタチに殺害疑惑(-_-;)
働き知らない連中の言葉だと…「合流地点に現れなかった
ダンゾウは…シスイに付いて正式に自殺と伝えると…(゜-゜)
万華鏡で石碑読んだイタチ(※正しい解釈出来たと思われる)
暗部任務…カカシにイタチ「友から託されたと言ってましたよね
「その想いと共にな」「その想いには応えねばなりませんか?」
「俺はそのつもりでいる」(迷いを晴らす為に、カカシの言葉聞いたのかな?)
シスイに関連する事なのかと聞かれるが…イタチ「大丈夫です」
カカシからかけられた言葉…でも、それに頼る事は決してない…。
シスイの死以降…事態悪化…「オレは両方を守れそうにない
スポンサーサイト

2014/04/11(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |