ダメな大人しかいないなっ!

ナルト(疾風伝)571話「暗部篇 柱間細胞」ネタバレ感想文
九尾襲撃が映画みたい。ダンゾウの三代目謀略説→悪のイメージ
向って千鳥→リンに…「カカシ…カカシィ!」なって怖い~って
あ、背が高くなったな。台所で顔洗うんだ…見せなられないよ(笑)
団子屋にガイ→カカシ無反応で通り過ぎ→「またシカトに戻ったか
(つまり、クシナ護衛してる頃は話してたと…(゜_゜>)
カカシは木遁使う少年が気になる…「あそこなら」と火影の家侵入!
三代目は(^_^;)→カカシ、書庫で初代柱間全集wwwww発見。
「屍山血河(激しい戦闘のあった様子)」かなるほど……マスクでライト咥えwwwww
極秘の封筒<中身はどこだ?>「捜してるのはこれか?」バサー!
ライト咥えながら「プロフェッサー!?」→侵入完全にバレテタヨ
三代目が書類読むのを許可→柱間細胞について
尾獣抑えるのに写輪眼、木遁使い必要(それで…カカシと隊長が…)
大人への細胞移植は全て失敗!→禁術にし封印(金庫に凍結)
近年、里で行方不明者続出→更に深刻、里周りの赤子までも
60人にもなり(数年の累計でも、大事件じゃん!゜Д゜;)
今も実験が続いているという噂が…
木遁使いが居たのなら…四代目の命を犠牲にする事はなかったと…
カカシ→ダンゾウの言葉。四代目が命を落とす事も…思い返し。
(ダンゾウが甲を出さなかったから…四代目が…とも言える訳で…)
木遁使いが実際居るとしたら?→可能性低いが…(出来れば奇跡?)
もしも…最初の赤子が生きていれば10歳ぐらい(事件は10年前か)
三代目の大名府行程狙うダンゾウ。弱腰で優柔不断な頭はいらん
出かける三代目。暗部警戒→流しと偽装する為、変装で待ち伏せる根。
三代目が一人になった所で甲が木遁!→変わり身→カカシの変化で
お前のその術はいずれ木ノ葉隠れの里で必要になる」少年を見逃す。
(…冷血といわれた男が…少しは成長したな(笑)
他の暗部には「正体不明」と伝えるのに留め。…後は三代目が処理、
ダンゾウ様は火影の椅子座ってご満悦…って何座ってんの!!
ヒルゼン登場「何故生きてるかとでも言いたそうだな」ばつが悪い(^_^;)
ある男が表返ってくれて、狙ってる事を報せてくれたと。
犯人調べればわかるが→不問にする代わり木ノ葉隠れの為にー…
ダンゾウ「昔からそうだった」光と影→ヒルゼン「そのどちらが欠けても」
カカシ→自分には暗部の資格が無いと三代目に暗部面返上しようと、
一度は裏切ろうとした…と(本気…だったんだΣ(゜□゜)
三代目、生前のミナトから相談された事…カカシの心の傷癒したく。
暗部行かせるも返って心の傷を広げる結果に(この人ダメ過ぎる!-_-;)
時間が忘れさせると…三代目の提案がクシナ護衛任務(゜_゜>)
人が命を育む姿を見つめる事で、何かが変わるかも」→ミナト賛成。
三代目→カカシの力がまだ必要。暗部としてもう少し力を貸してくれと。
(この人も…ダメだな)140221.jpg
木遁の少年の事を伝えるも驚かず→見当ついてる任せてくれと(゜_゜>)
大名に三代目復職伝えた→大名は苦手なダンゾウ居ないとホッと
所用があり来ないと→大蛇丸に会ってたダンゾウ…連絡しない方が
カカシの裏切りで色々バレそう…イヤ、もう既にバレてる
リンの夢にうなされ起きるカカシ…手を洗う、手に血(幻視)「落ちない
同期達…いつもの団子で乾杯だと紅(20歳になったら…団子が酒に)
(そういや…アスマは…父親が返り咲くってのにクールな反応?…反抗期?)
カカシ団子屋前通り過ぎ→ガイは尾行、甲は屋根の上で見てる…モテ期?
額あて上げ→ガイの襲撃は一瞬で押さえ込み首にクナイ付き付け…
カカシの殺気に「殺されるかと思った」と、ライバル対決持ちかけるも…
去ってくカカシはまだ暗い…一体どこから今の感じになるん?
次回…三代目に任せてみたら里抜けされました…というタイトルか…

スポンサーサイト