回想伝は割愛させていただきます

ナルト(疾風伝)568話「新生"暁"」ネタバレ感想文
仲間達の疲弊。無報酬、理想だけ…疲れで理想消えてく?
弥彦は…長門にリーダーを変わって欲しいと…
人を刺した感覚が残り…怯え→長門には英雄の印が…(輪廻眼)
長門は自分が怖い。長門を制御する小南が傍にいると弥彦、
半蔵の使者が来たと…勘蔵と名乗る男(いや、ダンゾウだろwww)
直に会いたいという親書→「半蔵様が暁をお認めになったんです」
(ダンゾウ)の笑顔!?目は笑ってない感じだが…
和平の交渉役にとか…(-_-;)→喜ぶ仲間達→半蔵との和睦→宴。
理想を取り戻した仲間達「オレ達は間違っていなかった
会談には弥彦と長門の2人で、仲間達には来なくていいと断わる…
小南は見廻りに出てた。半蔵とダンゾウの会談中…企み
弥彦さえ死ねば暁は自然消滅→半蔵側の手筈…狙われた小南
毒で動きが→人質にと…両方ともいい様に騙されてる訳だよダンゾウに(苦笑)
長門の前にマダラ(オビト)…仲間捨てろと誘う「でなければお前達は
「相手の痛みを解ろうとも、相手はこっちの痛みを知ろうとはしない
 そしてこの世界もまたそんな事を望んでいない…それが現実だ」
輪廻眼持つなら理解できる…→長門は、弥彦を信じると答える…
マダラ「痛みを伴わなければ現実を実感出来んか?
 そう言う所は輪廻眼を持とうとお前も凡人だな…長門。
 よかろう真実を見極めろ…自らの痛みと共にな
長門すり抜け消えた→弥彦「誰か居たか?」に居ないと答える長門。
会談へ出発。寝てる仲間達…鳩助の所に使いのネズミが…
慌てて他の仲間起こし弥彦達を追う、木ノ葉暗部が半蔵の所へ(ーー;)
…今にして思えば半蔵の話もうま過ぎてた
マダラ(オビト)が合流阻止の為に現れる(止められると都合悪い)
ゼツにやらす→白ゼツ達(あれ?この量産型…強化版っぽくね?)
鳩助が斬るもすり抜けで逆に→狙う訳尋ねると答える(素直だな)
長門に輪廻眼を本当の意味で開眼させる為
腕掴み「大仏、オレごとやれ」→水牢+自分はセメント。
鳩助の「暁=希望」という想い…それを守る為に捨て身…だが、
「文字通り次元が違う」神威回避→ゼツ皮一枚→木遁→旧暁全滅
オビトちょっと疲れた様子→「長門の運命を見届ける
移動→罠に嵌ってる弥彦達(393話「ペイン誕生」回想を使用)
回想伝は割愛させていただきます。
弥彦死ぬ場面で…リンが死んだ場面を重ねるオビト
魔像出し→ゼツ「出た」マダラ(オビト「よんだか十尾の抜け殻を」
半蔵は逃げ…弥彦は死に、長門は闇へ落ちた…
「長門、弥彦、小南…夢の世界、そこでまた会わせてやる。必ず」
(小南さん殺る気マンマンやないか!!Σ(゜□゜)
どこかの場所…長門にマダラは「俺の言った通りだったろう
長門「やっと分ったよ」→「本当の平和などありはしない」ペインになった
その通りだ」→マダラ達が消えた後、そこに来たのはペイン天道。
「暁は永遠に君がリーダーだ…弥彦」愛が切ない…
次回からカカシ暗部篇スタート!
そーいや…ガイ(幼少)とセレナの中の人って同じ人だよな(^_^)
140131.jpg
スポンサーサイト

2014/01/31(金) | NARUTO疾風伝 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |