この当時高木刑事はいないのかしら?

コナン サンデー6号ネタバレ感想文
鉄分による錆た鉄の匂いが…「サメと一緒だな…」
サメの嗅覚と聴覚などに例えて「それが探偵さ…
目暮警部に、現場仕切る偉そうな探偵=やはり君だったか(ーー;)
目撃者なし、水族館デート?→「そう見えます?」に蘭は否定
凶器→コンビニ袋越し(返り血の付着避け)刃先も骨に当てない様…
血を飛び散らせない様に上着で覆い抜く…傷口隠して立ち去った
首にスタンガン当て気絶させ声を出させない→事件発見の数分前。
水槽を覗き込ませた所でで気絶させたと推測できる
倒れず…へたり込んだ所で…犯人は顔見知り?
身分証が何もない→新一「被害者の名前は朱本国博さん26歳…」
杯戸町ガソリンスタンドでバイトしてる(今日はバイト休んでる)
160cm前後ミニスカのイルカ好きの彼女を連れて水族館に来た。
被害者の携帯電話から→名前を突き止め→バイト先に電話…
やめなさいと止めた蘭→新一は対応策を注意したので大丈夫と(ーー;)
140109.jpg
彼女連れとわかったのは→水族館カフェのレシートから→2人連れ
カフェでキーホルダー購入→持ってない→イルカ好きの彼女に贈る。
蘭「じゃあ160センチ前後でミニスカートっていうのは?」
新一「まぁ、蘭にはまだわかんねーだろーな…」←蘭「感じ悪っ!!」
被害者の肩口、肘、太ももに女性用香水の匂いがするから、
香水付ける位置から→腕組んだ時に付いた→被害者は180cmぐらい。
肩口で165cm(ヒールの高さをマイナスし160cm前後)
太もも(スカート裾)→ミニスカ…この女は香水を沢山付けてるが…
匂いに慣れて多めにつける場合もと…母さんが言ってたらしいよ
どうも余計な一言を言いがちの新一…
彼氏が殺されたのに彼女が名乗り出ない理由
付き合いが浅く関わりたくないかもしくは犯人か
新一指示→客全員の携帯・カメラ・ビデオ回収…偶然映ってるかも?
回収したのは100台以上(全部チェック?)映ってるのは魚だけ…
新一「でしょうね…」携帯鳴る→警察来る前、被害者携帯から送信、
その時、無反応な所に送信→調べると言えば電源が入ってるだろう…
新一「じゃあその3人を呼んで話を聞きましょうか
 なぜ被害者からの電話やメールを無視したかを…」
1人目/中桐鹿子「ビビったのよ」先週ナンパで知り合ったばかり
ヤバい感じの匂いがし、関わらない方がいいかと思ったと
推測通りの彼女。イルカ好き→水族館に誘われた、
イルカショーを一緒に観てた→朱本がトイレに立ったきり帰ってこず
捜すと死んでおり→彼の携帯からかかってきた電話にビビった
刺されたと聞き…自分も狙われるのではと思ったから
コソコソ電話してた彼が「金は絶対用意する」とか話していた
疑い?→証拠のムービー。イルカショーで彼女の声が入ってる。
終了は昼12時遺体見つかったのは12時前後
最後まで撮っており声も入ってる→アリバイになるんじゃ…と
2人目/尾城那穂→刺されたのが彼だった事に驚く、
被害者との関係は元カレ、別れてから1年以上経つ。
無視の理由→縒りを戻そうとしつこかった
デート中で、携帯の電源切ってた→現在の彼と一緒だった。
2人の写真見せ「彼に聞いて頂ければ…」→「恋人の証言は…」
事件頃ムービーを撮っていたと言うので。
映像は10分ほどしてから新一と蘭が映ってた
彼氏の声がし→那穂と彼の顔『何かあったみたい…行ってみる?』
『よせよせ、かかわりたくないよ…』と彼氏。
朱本が水族館来た理由を聞く那穂→彼女連れデート、
「じゃあ彼は私にその彼女を紹介したくて
 電話しただけかもしれませんね…」え?電話って死亡後だよな?
3人目/尾城那穂の彼・仁部浩大。彼女の元カレが殺されたと聞き驚く、
新一「知り合いなんですよね?その元カレと…」→知る訳ない初耳と、
無視理由→前に来たイタズラメールと同アドレスだったので削除
イラズラメールは「私の秘密が見たいならクリックしてv」って内容で…
でもその送り主が那穂の元カレだったんですか?」
撮ってたムービーの事、携帯を操作する仁部←新一「……」
「これの事ですか?」と新一達の声がする場面から出すあれ?
那穂のと同じ会話が入ってて。最後に那穂が映ってる。
「もちろんこれの前も10分くらいノーカットで入ってますから
 俺も彼女も後でブログにムービーを載せるつもりだったんで…」
刑事→他の動画と照合し鹿子のは犯行当時の物で間違いない(除外)
目暮「後の2人のムービーも固定されてなく人が撮った映像だったし…」
新一は…あのトンネルを現場に選んだ理由がわからない
普通の水槽では暗いしシルエットになる→ワザワザ明るい所で…。
自分のを忘れたと蘭に携帯を貸してもらう新一。
「壊さないでよ、やっとお父さんに買ってもらったんだから…」
新一から贈った設定は…二台目にすればすり合わせられるか…
新一は後ろ向いててくれと、蘭に何かしようとしてる…
蘭「ちょっと何?何?何考えてるの?」
新一「何って…あのトンネルに意味があるのかとか…」
蘭「そんなの、見渡す限り魚だらけで
 まるで海の底にいる感じがするからに決まってるじゃない!」
何かに気づく→ロマンチックなデートスポット→「新一?」→居ない!
トンネルに向ってる→新一<そうか…。だから犯人は選んだんだ
 四方を海中に模した…この場所を!!>

スポンサーサイト