端々に時代を感じる

コナン「雪山山荘殺人事件」ネタバレ感想文
ダイイングメッセージ「死者が語る真実への道標」って原作の…
46話。97年2月放送作品…16年前か~。声もみんな若いし…
(青/野さんの作画回って、よくリマスター放送されてる気が)
スキーとスノボー。滑らない小五郎の背中押して…
小五郎貸し別荘の鍵なくす…管理人に連絡したいが…
近くに電話ボックスがない…携帯ない時代か
(普及は95年からとあったが…この頃のコナン達は持ってない)
近く別荘→「あんな所に別荘建てる成金ヤローの世話に誰がなるか」
車から声をかける。小五郎ファンの大山将(外科の教授)の別荘に、
別荘褒める小五郎に←コナン<さっきは成金ヤローとか言ってたクセに>
蘭とコナンの名前→大山「馬が欲しかったが、そう上手くはいかんか」
夕飯材料買ってきた中原香織(助手)→大山…小五郎達を知人だと、
鍋囲む、全員医者→金澤智康(教授)飛田銀二(助手)江角果歩(助手)
…先日、大山が発表した論文が評判になってるとか言う話題が
大山「ワシの卓越した頭脳を持ってすればチョロイもんだよ」と…
香織がつまみ買い忘れたと麓のコンビニに→買い物メモ
10時前に閉まるコンビニへ(^_^;)…大山は時間を聞き…
はまってるドラマを見る為に慌てて部屋に…16年前でも30%は凄いな。
ナイタースキーに行くと飛田も出かける。金澤は風呂へ…
片付け手伝う蘭とコナン。果歩ゴミ捨てへ→皆どっかこっかへ
ドラマの勉さん…よくよく聞くと高/木さんだった、相手役…岩/居さん(歩美)か~!
ここで、今回の被害者(大山)が、黒い人の襲撃を…
吹雪いて…戻ってきた香織、飛田…10時前。酒…金澤風呂から戻る、
サラダとアイスクリーム(大山が頼んだ)は売り切れだったと
コナン→あのおじさん遅いな→ビデオ見直してるんだろう(10:10)
瀕死の大山→<ここには彼が居る。あの名探偵毛利小五郎がな>
その小五郎は酔い潰れて寝てますけどね(´Д`;)
ここで毛利小五郎だと皆に。…11時→様子を見に香織が出てく。
香織の悲鳴→駆けつけて大山の遺体発見→小五郎「触るな
殺人現場、荒らされちゃ困る→警察、救急車吹雪で来れず。
まだ酔っ払い…大丈夫かよとコナンに思われてそう、
放送当時の遺体状況のままお送りしてます
現場写真の撮影。物には触ってないと確認→金庫がズタズタ。
コナンは…這った様な血痕。遺体の正座など気になる点見つけ
窓の外に足跡…小五郎の横で「ウムー」……ポカッとゲンコツ。
検死→窒息死。肺に穴で息出来ず…10分~15分苦しみ死亡
金目当ての犯行?コナンが金時計に注目させるも……(ーー;)
度胸の据わった犯人」窓の外の足跡が一直線。
部屋覗ってから進入する筈→小五郎「あなた方4人の中に犯人が
アリバイ→香織/頼まれた物ちゃんと買ってきた、車で往復40分
飛田/ナイタースキー。そのリフト券(時間入り)持ってた。
果歩/蘭とコナンと一緒。生ゴミ出しに行ったのは2~3分
金澤/風呂1時間→コナン<アリバイがあやふやなのはもう一人>
ソファーにライター…血痕が…ソファーに血は付いていなく
テーブルクロスに合わせ…「馬が欲しかった」名前→あの馬の事。
正座の意味、ライター…犯人はあの人…展開早っ
今なら前後編にするのを1話にムリクリ詰め込んでるからね(苦笑)
小五郎に気づかせようとするもダメ→麻酔銃→コナン1人芝居(ーー;)
飛田、果歩のアリバイは成立。あやふやなのは金澤と香織。
買い物メモ通り買った→おつまみは全部でいくら?→わからない。
あらかじめあらゆる種類のおつまみ購入→鍋の材料買った時に
出かけたフリ(注文のおつまみ揃える)→アリバイ作り殺害
犯人という証拠→テーブルクロスがダイイングメッセージ…
全員の名前に将棋の駒の文字「馬がいれば揃う」→馬=桂馬。
ライターの合った位置…香車上原が犯人。
血の流れ方。「偶然」→「どーして動かしたりしたんですか?」
テーブルとクロスに血痕の切れ目。ライター→ソファーに血痕ない。
乾ききった後で動かした証拠、
悲鳴をあげた後、ダイイングメッセージに気づき払いのけた
…サラダは売り切れても、アイスが売り切れる事は…まずないと、
犯行自供…死んだ父の為に書いた論文を横取りしたゲス被害者
最も苦しむ殺し方で→10数分でダイイングメッセージ遺すとは…
アイスは予想し買ってたが…ボンヤリして…溶かしてしまった。
「バカね…あの男が注文したアイスに足元を掬われるなんて…
 …ホントバカみたい…」
ED後/コナンと小五郎が将棋…コナン「これで完成だ」→繋げると…
次回ヒント『巨大水槽』コナン「今年も応援ありがとうございました」
キッド「来年はオレが活躍」コナン「来週だろ」次回は1月4日(5時半)
131229.jpg
スポンサーサイト

2013/12/29(日) | コナンアニメ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |