愛情ないの奴には懐かないと思うの

ナルト WJ4.5号感想文
血の味と痛み…自分の体<やっと…戦いを実感できる…!!!>
マダラ高笑い→冷静に…(うちはって大体こんなんな気がする)
手に血を塗って←九喇嘛はゾッとする(嫌な感覚を思い出した)
九喇嘛「かつてワシを口寄せしたおぞましい血だ」
守鶴「たかだが人間一人によ!」九喇嘛「甘くみない方がいい」
「フン!お前らしくもねーな…、気にくわねェ!」
マダラの口寄せで、オビトの体から外道魔像出現!
ミナト「これで闘おうと言うのか!?カカシいけるかい!?」
カカシ「ええ、何とか!」神威→消えた「やったかい!?」
カカシ「………どうやら…失敗した様です
魔像はマダラの方に出現「やったか」言っちゃったし…(ーー;)
魔像の右腕はやれて→いい目を持ってる奴が居ると認識(゜_゜>)
だが特に支障もなく→小屋が出来たのでぶち込んでいくだけど
孫「穢土転生の偽物輪廻眼でもアレを口寄せできんのかよ!?」
又旅が→血を出し傷を負ったので→もう穢土転生では無い
本物の輪廻眼を持ってると重明「どうやって生き返った!?」
ナルト「!!」…長門とオビトがやってた印思い出す。
マダラの言葉を思い返し…言っていた意味にようやく気づき…
ナルト「…まさか…、…オビトで」<ならオビトは!!>
黒ゼツガ左眼を奪おうとするを抵抗しているオビト…
「コノ左目ハ長門二渡リオ前二行キ着キ…
 アルベキ本来ノ場所ニ戻ル時ナノダ
コノ世デ輪廻眼ヲ開眼シタ者ハ六道仙人ウチハマダラダケダ。
 オ前ノ様ナ者ガ持ッテイイ代物デハナイ」俺様特別ってヤツか…
オビト「右目は隠した…左目は今ここでカカシに潰させる信頼だな
脆くも崩れる思惑…既に白ゼツが見つけマダラに渡してあると…
神威空間に隠しとけよ(-_-;)…と思ったけどね、
…空間転移だけで、任意の場所には行く事が出来ないのか?

黒ゼツはオビトに用済みだが、自分が付いてなければ死ぬと。
オビト「……だったらオレから離れろ
 オレが死んでから輪廻眼を取ればいいだろ…」
黒ゼツは離れたら命取られる…輪廻眼取る前に…と…恐れてるんだ
暁時代の情報収集により…ミナト達の力量を分析済みだと……
(自分の力じゃ逃げ切れないと重々承知してるから人質に取ってる)
マダラ…左目まだかかりそう→白ゼツ。こっちも時間かかりそう。
ペットを連れ戻すのに何年もかかったガキと一緒にするな
(扱いに愛情の欠片すらないじゃん)131222n.jpg
さっきの傷が治癒されてく→白ゼツ「…血だらけですけど…」
マダラ「柱間の治癒の力があるとわかってる分
 戦い方に優雅さが欠けてしまうもう少し丁寧にいく
 輪廻眼本来の力を使えば高尚な戦いに見えよう。
 数秒だ…よく見ておけ」魔像の頭の上へ乗る。
…発言の端々に戦闘バカが垣間見れる(ーー;)
タイトルのがここで…輪墓・辺獄」という術を使う。
(輪墓はよくわからないが…辺獄はカトリック用語で…
地獄に行くほどではない人間が行かされる所らしい…
ググったら…モ/ン/ハ/ンにそんな名称の武器が…こっちかもしれないとチラッと思う)
警戒しようとする前に…衝撃波(?)みたいのと食らい…
尾獣達吹っ飛ばされた(゜_゜>)斥力の術だろうか…?
「少しはおとなしくなったな。これでやっと首輪がかけられる
マダラは外道魔道の口から鎖→尾獣たちに巻きつかた……捕まった、
「まずは八尾と九尾を……人柱力から引きはがず!」
ナルト「九喇嘛!!」ビー「!!」引っ張られる九喇嘛…「くそ!!」
本当に引き剥がされてしまうのか!?という来年への引きで終了

スポンサーサイト