日/コナンアニメ感想 木/コナン原作感想 更新予定(長文)その他感想は単発です
ナルト(疾風伝)547+548話ネタバレ感想文
547話「九尾」
止める方法…一つ言っておく→人柱力を信用してないと。
味方になると思うな…九喇嘛「ああ、当然の反応だな」
マダラ~クシナまでの遍歴…勝手な事言うと…
ナルトに封印される場面。ミナトとクシナ…16年前(17に近い16?)
九喇嘛が眼を覚ますと封印後、八卦封印…チャクラ使わせ様と?
今すぐ封印は破れない…力使わして隙間からチャクラ流し込む…
中々使わなく…ナルト見てる。イルカ助ける為に…「ようやくか」
白、中忍試験の大蛇丸→無意識ではなく恒常的に使わせなくては
自来也…弟子(四代目)の意思を引き継ぎ制御させる→都合がいい。
崖から→精神の部屋に「ここまで来たか」→「チャクラ貸しやがれ」
ガマ文太口寄せ(喋らない)九喇嘛「アホな奴だ…」
存在を意識した事で、今まで以上に力を使う様になると。
我愛羅戦。爪と牙の→九尾をイメージ!九喇嘛…反応してる風?
終末の谷→封印弱まるのを待つ…場面飛び
風影奪還に…九喇嘛「一尾の人柱力は小僧の顔見知りだったな」
暴走状態…「あと少し」橋の所…力を使って…発言がホモォ(苦笑)
サスケとの再会→ナルト「力は借りない」サスケスルーだな九喇嘛(-_-;)
ペイン戦…吹っ飛ばされたヒナタ…(忍者だからあの高さでも無事なんだな)
もう少しーミナト出てくる→「亡霊に封印を閉め直されるとはな
封印の鍵に、意志を乗っ取ればー→チャクラの綱引き。
クシナの力→九喇嘛にとっては一瞬の出来事だった様です(-_-;)
鳥居+檻「覚えてろ」→ナルトのモノローグは聞えない
檻が閉まる→鳥居消してく→チャクラをゴッソリ取られたが…
九喇嘛「たかが…たかが……アイツは一体なんなんだ
548話「九喇嘛」
九喇嘛の回想→「ぞんざいに扱う」戦争やら憎しみやら…
ナルトの宣言「おめぇの中の憎しみもどうにかしてやりたい
九喇嘛の返しはツンデレでデレが怒りっぽい。
後姿に<偉そうに>→九喇嘛には見えない笑み、鳥居消し→去る、
孫の「人柱力は信用しない」に戻り…ナルト「今はそれでいい
九喇嘛<ナルト…ワシはずっとお前のして来た事を見てきた>
本心を伝えるには→気絶中のナルト→突如の医療班描写
サクラ達が救援出る前…過酷な戦場、サクラ「アイツはいつだって」
意外な事に眼鏡女子は非戦闘員!皆に指示したり上忍クラスな感じだったけど(-_-;)
話を全て聞き終えた所…孫「!」→マダラ(仮面)に気づかれた!!
八尾が…孫の口開けさせようとしてた(それじゃあ気づくわ´Д`;)
杭から鎖出す仮面→揺れ→ナルト眼を覚ます→尾獣チャクラモード!
口は開かない…吐く→食べ過ぎ!多重影分身確かに凄い量
探す→回想「杭と魔像の鎖の解説」→消えかけ鎖の先→杭発見
行くぞと首元へ向ってく…孫の「勢い余って殺してくれるなよ」
…杭引き抜きに→仮面そうはさせず→逆にナルトを縛ろうと
カカシ「一難去ってまた」…他と戦ってたカカシ達は助け行かれず。
九喇嘛は……まだ。ナルトの杭抜きはー…孫「お前はどう動く」
結局…今まで通り九喇嘛が見てきたナルトの事
火影の名前。火影も越える宣言…影分身を覚えた、額あて…
イナリにヒーローがいると証明し、ネジに「ぜってぇ勝つ」
「自分の言葉は曲げねぇ」→ネジを倒しその言葉を証明し。
でも、ナルトって…火影になる運命背負って生まれてきた者だったよな…ネジェ(ーー;)
綱手にも証明。ペインの時も証明。長門→自来也の本のセリフ。
「主人公の名はナルトだ」→その後…カカシ先生の背中(^o^)/
里に英雄として迎えられ…カカシの「よく頑張ったな」ってモノローグだったんじゃ?
まあ、それはそれで、カカナルっぽくっていいんだけどね~~(笑)

そして!「おめぇの中の憎しみもどうにかしてやりたい
大事な事なので…2度か…(※548話だけで^Д^)
孫に「だから俺はお前も助けてぇ」→本気で何かをしてやりてぇなら、
<今まで通り…>→口の中に分身、仙人モード→移動、本体位置感知。
九喇嘛<行動で示し証明してみろ!それがお前だろ!!>
内側からも押して→抜けた!<そう、それがお前だ>で終了。
次回ついにデレ期到来!作画良し!六道仙人も!
130830.jpgどう聞いても我愛羅だこれ!
申し込み時点でめんどくさくなりナルト検定はやってないけどな(苦笑)
スポンサーサイト

コナン サンデー39号ネタバレ感想文
今回は高佐!被害者/安富は昨夜の7時~9時頃死亡。発見経緯、
コナンが、事件呼ぶ……だと佐藤さん気づいちゃったか?
佐藤達こそ早い→聞き込み、花屋店員とコソコソ話してた高木
コソコソは怪しい…灰原「浮気ね…」佐藤「あ、やっぱそう思う?」
則也と敏成は7時~9時までヤイバー映画を観てた
探偵団も見てたTV初放送青子が観た神展開の?…違うよ(^^)
途中で隣から「うるさい」と注意される→その頃は被害者生きてた
映画の音声で、音に気づかないし、現場は離れてる部屋だ。
敏成は…昨日の夕方コンビニで被害者を見たと証言。
則也に13日だと確認させてる→則也はカゴの新聞から日付を
…敏成は映画中はトイレに立ってない。その後もずっと居た…
映画前後はゲームやり、映画始まる午後7時は→敏成が確認。
コンビニでの朝食購入と昼寝以外は…ゲーム三昧
今日は用があると出かけ→則也にプレイ中はヘッドフォンつけさせ。
時刻?→コンビニの時計が朝6時頃だったので…朝の7時頃らしい
…敏成の後姿見た高木…花屋で見かけた事を思い出す。
願い事が叶った時に送る花」で…店員に彼と同じ花を勧められた。
高木にも責任ある?…佐藤の発言は相当思わせぶり
高木とゴニョゴニョした後に…アレを無くしてたのなら…責任あるのか?
買った花「だったらさー…お兄さんも何か願い事叶ったの?」とコナン。
…そして、高木には敏成姉の事故の事を調べさせる。
一方、捜査一課は…暗黒の波動に包まれていた!(笑)
130829.jpg
13日の弁当と新聞。則也の食生活があんまりなんで気にする佐藤。
それを見た高木…母親の自覚が~と…輪をかけた勘違い?
コンビニ防犯カメラには…13日朝6時頃に買い物する2人の姿が
交通事故の真相→何かに追われた女性が車道に飛び出し轢かれた。
走り去る安富の姿が目撃されてて…、被害者は敏成の姉・美伽だ。
事故の日から供えてる花→派手な花では→姉の好きな色だと。
コナン→姉に悩み事はなかったか?ストーカーとか
そんな話はなかったと言うが→コナンは敏成の犯行を確信
しかし…その時刻は…則也と居たというアリバイがある(-_-;)
則也の足に蚊に刺された跡→昨夜のヤイバー映画について尋ねる
…その為、トイレ我慢してたと言う。(CM無かった?実はCSかDVDって事か)
12日の新聞が無い…コナンは、間違いねぇと更に確信。
時間を捻じ曲げアリバイトリック完成させたという…
<則也くんの想いまでねじ曲げて…>…時間感覚をずらしたって事?

ナルト WJ39号ネタバレ感想文
陰九尾→ミナトが「息子(ガキ)に己の尻拭いをさせるつもりだった」事、
半分封印させたのも、九尾と協力し戦うのを確信してたからこそ…
陰九尾「なら今更後悔するな
…クシナの死もお前のせいじゃないし、
息子を人柱力にしたのも悪い事じゃないと…と諭してくれました!
陰九尾「世界がこうなってしまったのを、今まさに
 変えようとしとるのがお前の息子だ。
 …もうあの時の赤子ではないちょうど明日で…」
一方、九喇嘛(陽九尾)は…ナルトにちょっと話があると…
オビトはどうやらこのモードの弱点は知らなかった様子。
そして、人柱力になった事で…神威使用不可!?
鬱陶しい…とパワーアップも良し悪しか…ここで言及って事は…後々何か…?
仙人の力ナルトの解説ガマは仙術を使う事
十尾の力を感じた時…自然チャクラそのものだったと…
自然の力には同じ自然の力で対抗できるってことかもな…、
 理屈はよく分かんねーけど勘ですか!(^_^;)
サスケ「……」が、若干…空気になってきてる事は否定出来ない(苦笑)
扉間は→兄・柱間とナルト重ねて見てる様です(^_^;)
確かに…2人はタイプ的にも、性格でも似てるかもしれない…
回復のオビト…背中保護しつつラフレシア4輪!→尾獣玉4つ充填。
オビト「この現実には……残すに価するものは何もない
 この世はすでに死んでいる…」
対応間に合わない?なす術ない…モブ組と黄ツチ、シカマル…
扉間達→飛雷神で飛ばせるのは「1人1つが限度」→ミナトとで2つ…
兄の方は…→柱間はマダラに少し待てと制止しようとするも…
マダラ「オレ達は穢土転生だ気にする事はない、このまま続ける!!」
流石うちは一族…人の話を聞かねぇや(´Д`)
この尾獣玉が陰陽遁使用であれば…当たった時点で消える事になりますけどな~
柱間(分身)「皆の者諦めるな!!オレもおる!
 玉の軌道さえ変えればよいのだ!!」海に弾き飛ばそうとするも…
「そうはさせん」とオビト…『六赤陽陣』で皆を結界の中に閉じ込めた!
1人で火影6人分に相当という…目に見える比較を(-_-;)
扉間→飛雷神で飛ばす以外、手がない(1人2つ)ミナトは1つで限界。
…ミナトの考えた木ごと移動は既に読んでたオビト。
「…させると思うか……アンタは誰も救えない」(´・ω・`)
ナルト「父ちゃん…うまくいくかは分かんねぇけど。考えがあるんだ…」
拳合わてくれっか?」拳→九喇嘛と陰九尾が会話をっ!
九喇嘛→チャクラ分けてくれ。陰九尾→自身に頼まれるのは変な感じ。
オビト「ナルト…そいつは何もできない…
 お前の母親も守れやしなかった…」
その死亡原因作ったの一体誰だったっけー?
責任転嫁はうちはのお家芸ですな~(※失笑)※意味:思わず笑い出す。

「…己の部下も……」←師を恨んでるのここがメインやろーが!
「明日が何の日が知ってるか?」→ナルト両親の命日
ナルト「そうだったな……なら明日は……オレの生まれた日だ
10月9日ダッタンダー知らんかったワー
15で戻ってきたんだから…いつの間にか1年以上経ってたって事か…
………あ。9月過ぎてるから…カカシ31歳になってんじゃん…

130827.jpg
ナルト「いいか…終わりじゃねェ……オレがこの世に居る!!!」
ミナト<…オレ達のナルトは本当強く大きくなったよ…クシナ>と感慨深く、
親子+九尾(陰陽)タッグは一体、どんな手段を繰り出すか~

コナン「テレビ局殺人事件(リマスター)」ネタバレ感想文
24時間…つながりでテレビ局?96年9月放送31話、11巻
プロデューサー諏訪(名前)とタレント松尾(本人が本人役)
松尾さんの番組に小五郎がゲスト出演し(蘭とコナンは観覧席)
スタッフに諏訪の場所確認させる→ミーティングルームに…
松尾の銃の腕前。諏訪P番組路線変更で「部長に昇格」www
そうして…失敗してる例もあるが…
アナログ携帯(※17年前)→オッチャンがまともな事を…
松尾の携帯から飲み屋のねぇーちゃんに電話する小五郎。
(後々、英理さんを怒らせる事になるが…それはまた別の話^_^;)
点滅にご注意だったな…小五郎の注意喚起(-_-;)
出題VTR「犯人はお前だ」4分が流れてる最中→諏訪に電話が、
…松尾からで自殺仄めかす内容→窓あける…銃声はVTR。
松尾の様子に…アシスタント「どうしたんですかその汗
VTRの回答わかっててもわからなかったとごまかすコナン(^_^;)
番組終了…スタッフが諏訪と連絡付かない→様子見てきてと、
コナン疑問持つ→諏訪が血まみれという連絡が→急いで向う。
局のつくり→遺体→真っ先に松尾疑うコナン→松尾ニヤリ
被害者諏訪P、37歳…諏訪さん、この時、実年齢だったらしいです。
弾痕…ドアから来て窓まで追い詰められ撃たれたと推理の小五郎。
コナン「聞いた人は居るかも」と携帯落ちてるから
高木刑事じゃない高木刑事だ(笑)
(鑑識…千葉さんだと思ってたら山/崎/た/く/みさんだった…EDは刑事だったが)
レポーターから事件の取材受けてる松尾(早いな…あ、日売のか)
スタッフは諏訪に電話、松尾は諏訪の番号知らないというが…
目暮達の疑い…銃の扱いに慣れてる。4分間のVTR。
往復「6分以上掛かるからなぁ!…あ、いや…かかると思います」
小五郎走らせるが…確かに6分以上(今なら高木が走らされたな)
コナンは<犯人は松尾さんだ>…4分でどうやって往復できたのか?
蘭「どこ行ってたのよ捜してたのよ?」…※蘭は方向音痴
局内はあえて複雑なつくり…4分で移動できる幻の道ある筈
倉庫→窓の下が現場→ロープ…いや違う→現場の窓。
途切れた血窓枠には付いてない→1階→地面に弾痕発見。
戻る…明確な証拠がない→携帯鳴る。
<あったぞ!決定的証拠が>→ヨーコいると小五郎騙し連れてく、
倉庫→スタッフにペイント銃とカメラ借り、推理ショー実況中継!
ミーティング室に中継映像→「犯人役の松尾さん
カメラとマイク向けられた目暮…身だしなみ整えイケメン風(笑)
局内だけ中継だったが…部長→全責任持つから流せ
証明にコナンが作業をー「うんまかせて」君、こんな目立っていいの?
コナンが窓から落ちそうに…目暮慌てて窓に→ペイント弾が。
落としたペイント銃当たり「あたッ!」→窓の下のずり落ちて
電話相手=犯人に自殺仄めかされ窓を覗いた所を…と、
真下の地面に弾痕ある→証拠は?「一つだけミスを犯してる…」
アナログ携帯は電源を切らなければダイヤル機能生きてる。
目暮が松尾の携帯のリダイヤル押すと…諏訪の携帯にかかり
番号知らない→局の机に置いといた→「かけたのは本番中だ
小五郎が番組中に使ったリダイヤルは飲み屋に繋がる
その後…松尾の上着に仕舞われてた携帯は松尾以外使えない…
失敗したな…」小五郎をゲストに招いた事が間違いだったと…
諏訪と松尾で作った番組(諏訪P1人の手柄にするって条件で司会に)
なのに司会降ろすと言われたからわりと理不尽動機
130825.jpg
ED…今にすると…モブさえ豪華な声優陣(^_^;)
小五郎起きた…コナンに関わると眠くなるので疑いを…
そこにヨーコが…小五郎の名推理に「感動して飛んできちゃいました」
小五郎「なーにあれぐらい」(笑)も中継→<何か知らんが助かった>
次回ヒント『ラジオ番組』小五郎「24…」っつか、バウアーwwww
蘭「眠れないわねー」コナン「24時間テレビって事でしょ」

ナルト(疾風伝)546話「四尾・仙猿の王」ネタバレ感想文
サスケが白ゼツやるトコ(まだやってなかったのか…感が)
厨2ェ´,_ゝ`)プッ。衣装換え、アジト壊してるし(^_^;)
重吾はサスケと香燐は無事か心配。2人は一緒?
刀集めのついでに2人(香燐)邪魔したい水月?
(まさか、刺すわ放置するわ…なんて知らないから。許した香燐も香燐だが)
戦場に場面戻り→「来てくれたんだカカシ先生、激眉先生」
カカシ「第七班の教え子が頑張り過ぎてんのに、
 休んでる訳には行かないでしょ」(^_^)ツッコミたそーな仮面の男。
ナルトの要領をえない説明にカカシの理解力(笑)
五尾…八尾狙い?→仮面狙い(入ったので判りやすい)→鎖で縛る。
カカシ<コイツ(五尾)…奴を攻撃しようとした?>ドビじゃなく奴か…
攫もうとしても捕らえられない仮面…(戻ってく五尾が少し可愛い)
五尾の声が!尾獣のコントロールできてない?(逆らうから?)
声の方にナルト達の反応、八尾<オレ達尾獣にもちゃんと感情がある。
 ああいう扱いをされるのを見ると流石に腹立つ>
九尾<何を今更>…9と8の会話…八尾<俺はわかってんだぜ>
尾の数…一尾との因縁?ナルト「八尾と九尾が喧嘩してる
ビー<尾獣同士はテレパシーで会話。それってレアだし凄いわ♪>
カカシ「さっきから何ブツブツ言ってるのナルト
 来るよ敵!オレが来たからって気を抜くな!
でも…厳密にはカカシが来たからじゃないよな…ん?…オレになってる?
迫りくる人柱力六道達…まずは術の確認だとカカシ、
ガイ「人の顔を覚えるのが苦手な俺には
 コイツラが全部同じに見えるのだが」そういや伏線か…この記憶力(笑)
ナルト達の敵は3人に減り→ペインの術は使わない六道人柱力。
カカシの分析「使えないのかも」→コントロールが難しい?
仮面「はたけカカシよく見抜く…いい目を持ってるな流石、俺の目…か?
「さて、では少し強がってみるとしよう」…何か…余裕感あるなぁ
六尾と四尾が尾獣化「次は二匹だ」…ピンチは続く。
ナルトの尾獣チャクラ使用はこれ以上危険と止め様とするビー、
八尾が気づかねーのか?九尾はチャクラ取ってない。
九尾回想「いつかオメーの中の憎しみもどうにかしてやりてぇ
「尾獣と一緒にいる事が不幸せだと勝手に思い込むんじゃねぇ
八尾投げ飛ばされ…ナルトが四尾の口の中に入りそーに
挟まれた状態!踏ん張る!…様子見中の九尾…ガイが気づくが。
カカシ達も充分にヤバく互いに背中任せて前に集中
…地味(笑)にカカシの新術・雷伝、披露……こういう発音なのか
カカシとガイの動きカッコいい筈なのに…印象が何か地味
八尾が蛸足で…何とかナルトを助けようとしてるが…
九尾に話しかける八尾…マダラとやりあった時に力貸した事
<今回もその気なら力を貸してくれてもかまわねぇぞ>
ツンデレわかっててるから?<ナルトがどうなってもいいのかよ>
九尾の回想→マダラの言葉攻めに「黙れ」としか言い返せず(-_-;)
…正直言って…マダラより、尾獣達の方が頭良さそうに思えるんですけどね~
柱間→<どんな事を語ろうが>→ミト(壮年)→<人間の語る事は>
クシナ→<いつも同じだ>→ナルト「憎しみもどうにかしてやりてぇ」
四尾に飲み込まれ→→四尾の精神世界へ!キキィーのテンション(笑)
「俺は水簾洞の美猿王、六道仙人に孫の法号を与えられし
 仙猿の王。孫悟空。斉天大聖だ、ウキキィー!!」
ナルト「どれが名前?ウキ…」食い気味に孫悟空だ!!」
孫に、名前適当に聞き流し、そして無視してると叱られる。
ごめんと素直に謝る→ナルトの中にもいる事に気づき
孫「九喇嘛は人柱力のしつけがいいとみえる
ナルト「九喇嘛…九喇嘛って?」→九尾の本名。九喇嘛「チィ」
「そっか、九喇嘛ってんだ」と嬉しそうに…
孫「お前ら人間は俺達をただの力としか見ていねぇ。
 だから名前すら知らねぇし、知ろうともしねぇ
 俺達を閉じ込め存在を否定する
ナルト回想→…「例の子」と言われてた時代、イタズラ。
「少しだけどお前の気持ちわかんよ」…静かな語り口。
イタズラの理由…人の気を引く為、自分が無くなるよりマシ
「俺は人柱力だ、けどちゃんと大切なナルトっていう名前がある。
 両親と師匠の形見だ」
仮面の発言が→「自分を誰でもいいなんて言うあんな奴が。
 お前らを言いなりにさせてるのが我慢ならねー」
孫「なら…お前はオレ達とどうしたいってんだ?」
ナルト考える…「…ビーのオッチャンと…
 ビーのオッチャンと八尾みてぇになりてぇ」…首痛男子(苦笑)
2人の友達の様な関係を…「むっちゃ羨ましい」
孫「人間のお前がまさか本気で尾獣と友達になりてぇなんて、
 言うんじゃねーだろな」大笑い→ナルトの目…本気だと…
ナルト「だから俺はお前も助けてぇ…えっと名前なんだっけ?」
孫でいい」→食われてっけど→どうしようとと悩むんでる(-_-;)
仮面よりマシと判断→孫は言う…止める方法ならあると…
鎖解いてくてたら教える→「孫!!」…向き合ってる所で終了。
ED…名前が九喇嘛になってるー!(^o^)
尾獣は兼役か→孫=ハン(安/元さん)、五尾=ユギト(園/崎さん)
次回はスペシャルで…どこまでやりますか?そして回想増量。
130823.jpg

コナン サンデー38号ネタバレ感想文
駐車場、佐藤「大事な話がある」と呼び出されてた高木…
前にも似た事がと思い返す(※「本庁の刑事恋物語6」)
高木<んじゃ今回目一杯引っ掛かってあげますか…>も?(ーー;)
…リアクションもしたが…驚かされずに…
見てわかんない?」→「ないのよ…アレが…」
「な、ないって…まさか…」高木が連想したのはアレで…(苦笑)
前回のヨタ話今回の前フリだった訳ですか~(^_^;)
恥かしいから誰にも言わないでこれって責任問題よね…とか…
高木「せ、責任なら…ちゃんと僕が!!」
結婚したら配属替え?→自分が辞めてイクメンにとか考えてたり…
…由美と苗子が立ち聞きしてて…こちらも「デキた」んだと思ってるが、
…多分、残念ながら勘違いっ!!
佐藤刑事をよくよく見たら…本当だ!確かに「アレ」が無いぞ!
2人を見比べてみたら判るぞ!ま、教えないけどね~(笑)
大体、高木達の思うアレだったら…見た目でわかんねぇだろうが!!(-_-;)
130822.jpg
子供達は『タイタン・ハンター』というゲームに夢中で寝不足気味。
襲い来る巨人族から自分の城を守るRPGとの事…進/撃/の…かっ!(笑)
攻略本見にコンビニ立ち寄ろうと行く子供達…
花供えてる人見かけたコナン<あの花はハナトラノオ…確か花言葉は…>
ハナトラノオの花言葉が「願い成就」「達成」…供える花らしくないと思ってるようだ…
高木達→目撃は別人で空振り→食事?「じゃあ、酸っぱい物とか?」
佐藤「はぁ?何で?(ん?ここ…2人とも「アレ」が…無くねぇか?)
コンビニ→攻略アイテム覇王剣(…YAIBA)
「ボクその剣持ってるよ!」と隣のクラスの真壁則也が話しかけてきて、
則也に敏成お兄ちゃんと呼ばれる青年は…さっきの花供えてた人
覇王剣見てみたい→則也頼むと家に連れてく事了承する敏成兄さん。
志賀敏成(大学院生)…ベンツのキーとプラチナカードを所有
灰原「どっかのボンボンかしら?」…彼のここ行動が少し引っ掛かっかるな…
ボンボンだと思ったら…住まいは何故かボロアパートで…
車停めに→部屋に→則也のゲームデータの覇王剣見せてもらう。
コナン「おい灰原…何か臭わなかったか?」…ゴミ袋に生ゴミなし…
部屋入る前の廊下で臭いがしたと言うコナン…何故か家捜し
コナン「なぁ、則也君…君の兄さんってここに引っ越してきたばかり?」
則也の話では…引越しは1ヶ月前(それまで同じマンションで住んでた)
敏成は兄ではなく…イトコだそうです(母の姉の子)
則也父は海外出張中で母は世話に(一週間)…その間、泊まってる、
敏成の姉が半年前交通事故で亡くなり、敏成がしょんぼりしてた為…
則也母が…則也に元気つけてくれと頼んでたのだったと…
さっき供えてた花は…姉の事故現場に置いた物とわかる。
則也「お姉ちゃんの写真なら前に見せてもらったよ!」
コナンにアルバムを見せてくれるのだが…
「あれ?おかしいなぁ…こんな写真あったかなぁ?」不思議がる則也。
目線が合わない写真、上の方に小さい穴…。
敏成の悲鳴…コナン<廊下…まさか!?>隣の4号室ドア前に敏成。
…部屋の中には→コナンが気になった臭いの正体は死臭
部屋のボートに貼られた写真数枚に…動かした形跡?
(本当はアルバムの写真が?もしかして被害者は…敏成姉のストーカーで…事故の…)
「まさか…これをやらかした犯人は…」コナンは敏成に疑惑を

イラスト講座などを見てて…できるかな?と挑戦、
お、結構いけるな雷遁とか電撃のエフェクト)
130820.jpg
この絵で使う最小レイヤー数は5(色塗り入れると6)

↓手に重ねる為に透過した白(複製)
 手の部分を軽く抜いてある白
 発光色(透過(白)から見えない様に抜く)
 光らせる物(この場合はサスケ)
 背景(この場合は黒)※一番下のレイヤー

(あくまでもPixiaでの例なので、他のでは同じかは不明)
某電撃使いとかにも使えそうである…

コナン「謎解きするバーボン」ネタバレ感想文
桃園→冷やし中華食べないかと言いに部屋には行ってる…
昼食後シャワー→蘭達もシャワーに、後は2人と一緒に居た
鍵無くなったのは昨夜だと…(゜-゜)
梅島→桃園と様子を見に…シャワー前行く。自分が使うからと、
(石栗に覗かれた事が…釘刺しに)→シャワーは桃園の後、
安室「それで石栗さんはその時部屋に?」横溝の目(笑)
部屋から返事はなかったがクーラーは効いてたみたいだと、
シャワー前後は昼食の支度とラケットの手入れ(誰かと一緒だった)
高梨→謝りに行く、シャワー前後か不明、ゴミ出す前。
喧嘩の原因…今年の冬に亡くなったという瓜生…ロッジの裏で…
2mの新雪→石栗の冗談「2階から飛び込んでも死なない」、
それを真に受けたのだろうと…去年はひどい誕生日にしたと…
驚かそうと言い出した石栗→窓から忍び込み耳元でクラッカー…
ビビって泣いてるのを撮りネットで流す石栗…悪意あり過ぎ
3人に動機ありそう…高梨は小五郎達と一緒だった
コナンに「石栗の部屋で横になってろ」と言ったのは高梨
部屋で子供が寝てるのに人なんて殺せるかよ
横溝は…石栗の遺体を動かす事は高梨しか居ないと思ってた
小五郎「上半身だけなら女にも出来るんじゃねぇかと?」
遺体臀部の位置が扉塞ぐ位置で不可能、鍵は見付かっていない。
小さい鍵…ごみの中?→蘭と園子がゴミ捨て手伝ってた
ゴミは高梨の車のトランクに。横溝、部下達を調べに向わせ…
他に頼まれた事、桃園→スポーツドリンクを冷凍庫に戻してくれ。
鍵を入れた→園子が…飲ませてもらったが殆ど凍ってた
梅島→ラケットのグリップテープ巻き直しとガットの張替えしてくれた
部下報告。ゴミの中からは見つからず、スポーツ飲料は凍ってて。
ラケットからも見つからない。遺体下のラケットにガットの緩み…
花瓶の中には何故か水…推定時刻は昼食後。殺害機会あり。
ぐっすり寝てて犯人見てないコナン。冷やし中華の事も覚えてない、
園子が蘭に「あの時妙な事を言ってたわよね」→部屋のクーラー
足元涼しかった梅島も同じ様な事言ってたと思い出しコナン、解る!
<形をとどめない物質を巧みに利用してあの人は密室を完成させたんだ>
高梨→事故では?花瓶落ちただけ、鍵掛かってた、合い鍵も未発見、
横溝のメモの字を…椅子に座る小五郎をいつもの様にと狙うが…
安室「ん?何をしてるんだいコナン君」→この男の前じゃできねぇ。
コナン=工藤新一とバレる→灰原もバレる(ベルモットが黙ってても)
あの音…建物がきしむ音?昼食時にも聞いてるが「全然違ってた」
コナン「冷やし中華って言えば氷使うよね」→「氷って溶けるじゃない
花瓶が氷出来れいれば落ちる→横溝が片側に氷を大量に積み上げ
落ちないギリギリ位置に花瓶→溶ければバランス崩し落ちるのでは
氷どう運ぶ→安室がテニスウェアはポケット大きい(ボール入れる為)
遺体を扉の位置に運べない→コナン「氷ってさツルツル滑るよね」
園子が…ラケットの下に氷を敷き遺体を滑らせたのでは?
横溝→それは否定…床もズボンも濡れてなかった
溶けても残らない氷あれば」とコナン、蘭「ドライアイスの事?」
安室→石栗自身が運んだ、ドライアイスはアイスケーキの箱の中に
殺害後ドライアイスにラケット(紐通す)と遺体載せ…部屋出た後に、
紐引っ張り移動させて紐抜く…蘭が冷房と思ったのはドライアイス
小五郎「やっと犯人がわかったよ」梅島はドライアイスを裏付ける証言。
高梨はコナンが寝てる事を知ってた…で残るのは→梅園だけに。
横溝…眠らない小五郎に困惑…コナン<珍しくマトモな事言ってんのに>
犯行手順再現…セリフ再現までいらないんじゃね?(苦笑)
園子「何か動いてるほうがうそ臭い」蘭「そ、そうね」
合鍵は?…コナン「氷ってさー」…で注目される(^_^;)
水が凍るから氷って言うのかな」…やはりスポーツドリンクに鍵?
園子→無理。凍ってて中身殆ど出ず、蘭も外からも見えなかった。
鍵を入れた途端に凍っちゃうような魔法の水があれば出来るかもね
小五郎「そんな漫画みてーな水あるわけ」安室「ありますよ
過冷却水(解説と作り方)鍵入れ振動、ひっくり返し鍵を中央に。
スポーツドリンクは濃い色付いててジェル状に凍る……原作は薄かったな。
溶かせば鍵見付かる筈…残る2人出てから言えと→桃園認める。
指紋付いた鍵が入ってると…しかも血の上に落としたと、
園子→そんなのが入ってたの飲んじゃったの?とぞわっと(だよな-Д-;)
動機…瓜生の敵討ち(好きだった)発見現場で雪掘り返す石栗。
瓜生を突き落した証拠品→ヘトヘトになった頃に迎えに行く気で…
新雪が底なし沼の様に瓜生の体力奪って…発見時には…と…
桃園の失敗→石栗に確実アイスケーキを食べさせる為に…
誰でもいいから怪我させ様と思い投げたラケット…
130818.jpg
「まさかそれが子供の頭に当たり、その上その子の連れが、
 名探偵毛利小五郎だったなんて
 私もはまってたかもしれないわね
 もがけばもがくほど破滅に導く底なし沼に
車走らす安室…電話でベルモットに今回の事件の報告中。
(…入浴中…ベルさんのけしからん胸見たかったですね)
安室はシェリーと関わってる疑いある小五郎に張り付きたいと、
ベルモットがサポート「もう用は無いんじゃない?」
幸運にもシェリー情報が入り…葬る事が出来たので
安室「いや、俄然、興味が沸いてきましたよ
 眠りの小五郎と言う探偵にね」…
=コナンになってんじゃねーか(苦笑)
次回ヒント『携帯電話』古ッ!!何故これ?…松/尾さん上手かった筈。
園子「やっぱ眠ってるおじ様が好き」蘭・コナン「「これだよ?」」「フガッ」

ナルト(疾風伝)545話「人柱力VS人柱力!!」ネタバレ感想文
「誰でもない(ry」→「月の眼を手に入れる」前回より怖くないな。
尾獣抜かれた筈→穢土転生された後→もう一度人柱力にと。
八尾…尾獣達も様子が違うと?鮫肌も、違和感を感じてる…?
鬼鮫VS老紫の場面…キャストに居なかったのでイタチ新録なしと…
よくよく考えると…このシーンの3人共亡くなってるんだな(-_-;)
まさかの鮫肌の回想wwww
向っていくビー…ナルト「ちょっと待っててビーのおっちゃん」
ビーVSフウ。死角からの攻撃避けるフウ→背後→視覚共有→回避。
「それじゃあダメだビーのおっちゃん」ペインの六道と同じ
敵側の攻撃は止まらないので…なかなか会話は出来ない
ユギトのねずみ玉→ナルトをタコ足で掴んで一旦退却。
ビートユギト斬り合い…切れたマフラー…ビー達隠れる。
ユギトのけしからん胸(よく見たら黒棒も見える)
八尾→写輪眼で動きを見切り。輪廻眼で視界共有解析
「ナルトと話させろ」→どうする?「一人ずつ止めていくしかかねぇ」
長門の時と同じなら→チャクラ受信する為の黒い受信機が…
八尾「どこにあるかもわからねぇ黒い受信機をピンポイントで…」
ビー「あれか?」…ユギトの胸をガン見してて見つけたと…
「最初は使い込まれた…」チクまでは言わせねぇよ!と、
チラリズム→服も戻ってく、黒棒見えた→ナルト「アレだってばよ」
他の奴も確かめると出てくナルト→攻撃食らって捕まえりゃいい
老紫の溶岩とナルトの尾獣チャクラモード→いやー明るい明るい
螺旋丸で…黒棒に「やっぱここか」→老紫(トビ視界)…バキッと音、
ハンの飛び蹴り!→タコ足がキャチするも諸共吹っ飛ぶ
スチーム吐いてるな~ハンと老紫並び→八尾「大丈夫か2人とも」
ビー尾獣化!(CM見てると…杉/田さんとか釘/宮さんとかこっち出ないかな~
なーんて、思ってしまう…。2人ともいい声だし~メガネの中の人は既に出演済みだけど)

尾獣化→丸まってくタコ足→尾獣八巻き(和風BGM)→その威力。
本部→青感知/ビーの方は少し劣勢/五影はマダラ抑えてて問題なく。
各部隊状況→1と2:ダルイだ!黄ツチさんと黒ツチ→黒ツチ土遁。
森のヒナタ達も少し出てきた。第3部隊は穢土転生あと2人…ん?2人?
カカシとガイ…あ。ガリ封印された!(これが2人のうち1人…なのか?)
忍刀七人衆のおさらいしてくれるカカシ「残るは鬼灯満月!
ミフネ「侍道」カンクロウ「傀儡使いの忍道」→連合優勢…マブイ可愛いな
カタが付いたら→ナルトとビーの増援へ向えと指示出すシカク。
ナルト「すっげぇ」→八巻きに巻き込まれた人柱力全員倒れてる
ビーの封印術・オクトパスホールド(墨分身で技。カウント3で固まる)
固めてビーと八尾「「いーち、にー、さー」」→尾獣化!!
「スゲー感じで封印…した?」「スゲー感じで敵がパワーアップ…したな
地面からトビ…「地面に隠れてやがったのか」
尾獣化した人柱力達に攻められ…ナルト達の方が一転ピンチ
八尾「ヤバイ、こいつ等が今の状態で尾獣化できるとは思わなかった」
五尾の角折りで吹っ飛ばされる八尾とナルト→トビ行く→倒れてる。
ナルト…やぐらの珊瑚掌で動けない状況→そこにトビ…
この手が触れたらオレの勝ちだ」…伸ばす手…ナルト「ヤバイ」
ここでガイ先生とカカシ先生の連携が!!
ナルト救出!トビ「……」と手をじっと見てた…。
トビ「ナルトを囮にオレが実体化するタイミングを狙ったか…」睨む。
ナルト「カカシ先生に激眉先生!!」
トビ「二匹増えた所で何も変わらん
 オレの持つ瞳力と尾獣の力の前にはな
カカシ「こっちにも写輪眼がある…のだけどね(苦笑)
ガイ「そして木ノ葉の気高き碧い猛獣もな!
アップ(トビ→カカシ→ガイ→ナルト)→ナルト達側の全景。で終了…
ここは…映す順も考えられてるのかな…?
130816.jpg
次回、四尾キター!(尾獣達の中の人が誰か~気になるっ^Д^)
あ。「オレ来たからって」になってねぇ?アレは確かに「達」って言うべきだが。
※この感想はいつもより早い時間だが…普段はこの時間じゃないので、

合併号だから、今週はサンデーないんだね。
130815.jpg
今回の模写絵は千葉刑事にしてみた、

2010年位のを読んだら…今よりも短く原作感想まとめられていた…
書き方…少し考えた方が良いかな?

ナルト WJ号37.38ネタバレ感想文の下書き
やったかと思えば、やっぱりやってない(^_^;)
黒玉が攻撃を剥ぎ取る様な感じで…無傷のオビト…
扉間「……おかしいな…」ミナト右腕の回復しないのを訝しがる。
オビト「オレは今…忍の祖と同じの力を手にしたのだ。
 今までのお前らの常識で計れはせんぞ
その言葉で何かに気づいた扉間が…ミナトに深手を負うなと…
使うのは全ての忍術を無にする陰陽遁がベースになった術だと、
扉間「つまり、穢土転生体でやられても
 転生できず…死ぬぞ…!」
なるほど!オビトのは忍術無効化能力だったのか…
(あれ?扉間が前にやられてたのって…分身だったっけ?
もしくは未完成の時は未使用か?…三代目は消滅した可能性あるな…
つー事は三代目復活しないと…完全なやられ損?
扉間さんが術解明しちゃたし…あの時の解析も無意味か?(-_-;)

ナルトはオレ達でと「ついて来れっか→サスケ「…うちはをなめるなよ」
尾獣モードになろうとしたら…衣消える!「「……」」
ナルト「アレ?」←扉間「ピンチを煽ってどうする…(いいツッコミ!^^)
 お前達親子はなかなかに天然だな…奴まであきれてるぞ」
九喇嘛の方は→尾獣化をしたいならもう少し普通の状態でいれと、
水飴鉄砲!!ガマ吉の攻撃…扉間「妙木山の蛙か?」
急の行動…ガマ吉は口寄せタイムリミット…せめて一矢と…
…攻撃は防がれた様だが→ナルト「その気持ちだけで嬉しいってばよ」
130813.jpg
ナルト「!」→オビト…水飴で手間取ってる様子?→扉間<これは…>
ミナト「オビト、お前が成りたかったのは火影のハズだ
 どうしてこんなことを…!?」←ナルト<今のうちに…!!>
オビト詰る「今さら説教か、遅すぎやしないか……先生。
 アンタはいつも肝心な時に遅すぎるのだズレ師弟か(苦笑)
リンが死んだ時に不在だった事も恨み理由…オビトの時も不在だったし…
オビト「オレの師が火影でよかったよ、おかげで火影を諦められた
ミナト→あの時気づいていれば、止められた…クシナが死ぬ事も、
ナルト人柱力にしなくてもよかったと、気づいてさえいればー…
<そもそもこの忍世界がこんなことにならなかったかもしれない…!!>
発言が微妙にイタい気が……どんだけ厨二なの(苦笑)
オビト「オレの師でありながら、オレに気づきもしなかった
 しょせんそんなもんだ…アンタは」…正体隠してたのにぃ?
コイツもマジでメンドクセー!(´Д`;)
オビト「哀れだな……英雄火影として死んだアンタが、
 息子の前で生き恥をさらしてる。(発覚した厨二病の事?)
 そう……火影など今のオレと較べれば哀れな存在でしかない」
そんな中…扉間は…<ただの天然ではなさそうだな……
 コイツは気づいている>その視線の先はー…
ナルト「火影になれなかったお前が火影をバカにすんじゃねェ…」
片手で螺旋丸出し→ミナト<…ナルトお前…?>サスケ「…!」
扉間動き…ナルトの背後に付く…
「何より…火影になった……(飛雷神で飛ぶ)
 オレの父ちゃんをバカにするんじゃねェ!!!」
ナルトと扉間の連携!オビトに螺旋丸めり込む!
ダメージ受けるオビト!サスケ<効いた!?>「どういうことだ?」
扉間<手応えあり…やはりそうだったか
 忍術はダメでも仙術攻撃はいけるようだな!…!
仙術を使う妙木山のガマの攻撃は…掻き消されてはいなかった>
…仙術使えない人達は解説実況係になる訳か…サスケとか…(^_^;)
前は酵素扱いだった呪印がいきなり「仙人化」「仙術チャクラ」とかなってたんだし…
それが伏線なら→自然エネルギー使える可能性もあんじゃねーのか呪印モード(゜-゜)

驚いてたミナト<自来也先生と同じ仙術まで…!?>
(え?ナルトの中で見てたんじゃ?あのミナトとは別なのか…情報共有無しか?)
声<親思いのいい息子(ガキ)に育ったな…ミナト、
 ワシの半身を説き伏せただけはある>陰の九尾か!?
あとは、変身後に付けたマーキングは、無効化されていないのも気になる…
うちはお得意の舐めプ?もしくは時空忍術も実は有効だったりとか?(苦笑)

コナン「密室にいるコナン」ネタバレ感想文
前回までのあらすじ、ベルツリー事件と。火傷の男=ベルモット。
『一方、解毒薬を飲んで大人に戻った灰原に迫る影がー』
嘘をつくな(笑)母、昴、キッドの手を借りて、
灰原守るのに成功したのだが→灰原「先に説明しといてくれない」
7号車B室で待ち構えてた有希子、
コナンは携帯押し付け「キットが何て答えれば良いか教えてくれ」
半信半疑→油断→部屋に盗聴器→沖矢が灰原の携帯ハッキング
ハッキングに反応→沖矢は何者?→「大丈夫!彼は味方だから
一番の収穫は安室がバーボンだとわかった事
体調不良でバイト休み→もう戻ってないだろうと思ってるコナン
灰原はツンデレ?「どの辺にデレなんだよ?」…十分デレてるだろ?
OP…***!…バーボンの正体バレで文字も変わったな
小五郎、蘭、コナンを、園子が伊豆別荘に招待してくれて…
完全にピチピチテニスギャル目当てのオッチャン(イメージ画像)
コナン<前行った時は雨降ってたからな>…前のは軽井沢じゃなかった?
園子の目的、テニスの特訓→京極の動画メール(久しぶりの声付き)
空手トレーニングにテニス取り入れたと…テニスデートの誘い
コナン「特訓しなくても」→テニス部員の意地(^_^;)
テニス部先輩disってる→丁度良いスペシャルコーチをゲットしてる
スペシャルコーチは…安室、凄いサーブ!コナン<何で?>
褒めるセリフ原作まんまだ…言い換えて「プロみたい」になるかと思ってたー(-Д-;)
コナンはまだ<何でコイツが>…安室ジュニアで優勝経験、
体調不良は夏風邪で…ポアロのバイト復帰するって話す安室。
プロと間違われる腕前…それにイケメンだしね(^_^;)
「いや危ないのはボールじゃなくて…」安室「危ない!!
コナンの頭にー危ないのはラケットだった
意識失ってく→駆け寄ろうとする蘭と安室の姿が…
<ダメだ蘭…そいつから離れろ…そいつは黒ずくめの奴らの仲間>
医者に軽い脳震盪と診断受けるコナン(医者の声、檜/山さんだよね)
ここはコナンにラケットぶつけてしまった桃園琴音の別荘
謝る琴音「ゴメンねボウヤ、汗で手が滑っちゃって」
梅島真知「だから言ったのよグリップテープちゃんと巻きなさいって」
石栗三郎は。携帯電池切れてなければネットにアップできたのに…
…その不謹慎さに注意する高梨昇…笑えない冗談じゃなぁ~
高梨「その冗談が元で瓜生は死んだかもしれないんだぞ
子供無事だったのでーと団体戦持ちかける石栗(反省してねぇだろ)
梅島「休憩してから」桃園「午前中で汗かいた」高梨「腹減った」
園子の腹が鳴る→桃園が冷やし中華をご馳走してくれるそうだ。
石栗は…「昨夜の残りのアイスケーキ」を食べると二階に…
蘭「私達は昼食のお手伝いしてくるから」コナンにここで待っててと、
コナン「僕をここに運んできてくれたのって…もしかして」
蘭「安室さんよ」医者が来るまでの処置も的確だったと…
冷やし中華…コナンリビングにいない→石栗と2階に
リビングのクーラー効いてない→2階の部屋をノック…
返事はない…園子「寝てるみたいだから放って置けば?」
蘭「そだね、この部屋クーラーが効いてるみたいだし
部屋から出てこない石栗…2階から大きな音
音で眼を覚ますコナン→眼鏡かけ→熱い部屋→クーラー止まって、
「!!」→な!?昨夜から部屋の合鍵見当たらないと桃園。
高梨の提案→危ないがベランダ伝いに行く
安室「なんなら僕が開けましょうか
 そういうの…わりと得意なんで」ニヤリと、
ピッキング開いた…探偵にはありがたいスキル…か?
安室「何かが扉をふさいでる?…コナンくん?」
コナン「開けるな!!…開けちゃダメだよ…
 ドア塞いでるの石栗さんの遺体だから…」
<しかもこれは不可能犯罪…また密室殺人かよ>
警察→横溝兄「えぇ?密室殺人?これがかい
コナン状況説明…扉は石栗遺体で塞がり、窓は内側から鍵…
130811.jpg
(これが横溝弟だったら…まずコナンが疑われてそうだが)
遺体尻の下のラケットの傷+棚の傷…棚に花瓶あったとすると。
部屋で素振り→手から滑り飛んだラケット→棚にぶつかる。
拾おうとしてる所に花瓶→もがいて仰向け息絶えたと考えられ…
コナン「でもさー」→落としたのならラケットの位置が
もがいたら花瓶の位置が、棚下の床に凹み(落ちた花瓶の跡?)
大きな音で目が覚めた→花瓶の音なら…事故じゃない
音のすぐ後に触るも→遺体と花瓶の血は乾ききってた
既に亡くなってて…何らかの理由で血の付いた花瓶落ちた
横溝「石栗さんの遺体をどうやって
 床に跡もつけずにドアの傍に移動させたって言うんだい?」
やったのは別荘に来てた3人の内の誰かという事は間違いない。
「ーって、小五郎のおじさんなら言うと思うよ」
横溝「やはり、毛利さんもここにいらしてるんだね!!」
「所で君は何でこの部屋に?」やっと、気づいたな…(-_-;)
コナン「飛んできたラケットが(回想)ボク気絶しちゃって」こういうのはダメか
この別荘に来るまでの経緯説明、リビングのクーラー調子悪くて、
ここで寝てたが→この部屋のクーラーも効いてないのだが
「どうしてだかわからないけど…ボクが起きた時止まってたんだよ
テーブルの上にあったアイスケーキの食べ残しが溶けてる
小五郎は「遺体が扉を塞ぐ様に倒れてたのに何で殺人だよ」血の事。
…小五郎意見→音のすぐ後か不明「脳震盪でボーとしてたからな」
コナン「ムッ」…花瓶の落ちた音かさえ
「大体密室を作る様な知能犯がそんなすぐバレる犯行する訳が」
ここで安室「犯人にとって…
 2つの大きな計算違いが生じたからじゃないでしょうか?」
1つ目/コナンが寝てた事、もう1つは安室がドア開けてしまった事
窓越しに発見→駆けつけた警察が入る頃には不自然じゃなくなる。
…窓破っても注目されるのは生死→血を流してたと伝えるだけで、
安室「お手柄だねコナン君」コナン「…うん」(^_^;)
小五郎の一番弟子だと聞かされた横溝「一番弟子ぃ
横溝は自分が一番弟子だと思ってたので…(^_^;)
安室「元々この別荘に来ていた3人に話を聞かれてはどうですか?」
動機あり、3人の中に犯人…コナン<そう、それはおそらく間違いない>
しかし問題が密室からどうやって犯人が抜け出したか
窓には鍵。内開きドアの前に遺体
合い鍵持ってても…遺体でドア開けられず犯人も出られない
逆に、出た後ではあの位置に遺体置くのは不可能と…
<くそー、犯人は一体どうやって?>…という所で終了。
新ED。蘭ちゃんの写真か~、最後は岡の上の樹…あれ?よく見る構図…
次回ヒント『ペットボトル』コメント→蘭「安室さんに注意って?」
園子「新一君のライバルってか?」コナン「違ぇよ

ナルト(疾風伝)544話「割れない仮面・割れたシャボン玉」ネタバレ感想文
先週のオオノキセリフから…こんな危険な現場に居るテマリさんが心配だ(-_-;)
ビー「おいっ」…ゴチーン…硬かった面…ビビも入らず。
仮面「すり抜けても良かったが…
 しょせん面に傷一つも付けられないか…このセリフが後で…ね(^Д^)
「九尾をコントロールしたその力…こんな物ではないだろ」
老紫、やぐらが術を(仮面の声じゃなく…本人の声って事になるのか)
漂うシャボン玉見て…ナルト<この術は…ウタカタ!?>
回想:六尾編での初対面時が…(無かった事にするかと思ったが…しなかったなぁ)
ナルトに触れるか触れないかのシャボン玉が…
ウタカタとの精神会話…できるんだ!Σ(゜□゜)
「このチャクラ、ウタカタお前…人柱力だったのか」「お前もな」
行方不明との風の噂→待ち伏せされてたと…再び回想。
ホタル置いて「霧の暗部に会う」と森に行く→待ち構えてたペインが
尾獣化。捕まりかかるが人間道と餓鬼道を倒すなど…中々やるな
天道の黒棒で拘束→修羅道コンボ…371話「師弟」のラストと繋がる。
あー…オレの最後の忍術だぜ受け取ってくれーッ!的な…(-_-;)
ナルト「何で…何で一人で森になんか行ったんだよ
 ホタルと一緒に逃げてたら今頃(…逃げ切れてただろうか?半々だな)
森には追い忍…逃げる事に疲れ、和解し大手を振って生きたかった
一生逃げ回る生活に、ホタルを巻き込みたくなかったのだと…
何でそんな気持ちになったのか、何でそんな夢願ったか
 今となっては無意味な事だった
師に裏切られたと思い込み心を閉ざし信じる事出来なくなってた…
ウタカタ「だが、そんな俺を何故かホタルは信じてくれた…」
ナルト「ホタルも人に言えない宿命を背負って生きてきた
 オレ達人柱力と同じ様に…
 自分と同じ人間じゃないかと、感じてたんじゃねぇのか…」
回想は、ウタカタとホタルの精神世界会話…「師匠を信じろ
ウタカタにとって…ホタルは道を示してくれた人
「新たな道を踏み出そうとした矢先に命を奪われ…生き返ったと思ったら。
 自分の意思とは関係なく別の道を歩かされている」
操るのは…暁利用し世界を思い通りにしようとする奴等
言いなりになるままで良いのか、ホタルと再会したら…ナルトの説得(?)
アンタなら自分の意志でで元に戻れる筈だ、こんな無意味な戦いは
ナルト「ナルト…こんな状況のせいか、つい本心を話してしまったな
 話しに付き合ってくれて…ありがとう」精神世界から戻る。
シャボン玉(泡沫の術)くらうまでの間…長い会話だったな(-_-;)
(これで六尾編補間完了と…三尾編は?一応。三尾と会ってるよな)
130809.jpg
爆発…フウの鱗粉で見えなく→サングラスで悪意感知が対策に。
ユギトとハンの攻撃に圧される。
八尾「今のはユギトじゃねぇか、コイツラは元人柱力共だ!」
写輪眼と輪廻眼の目は…キモイという感想でかわいそうなユギトと…
八尾哀れむ。ビーもあっち側だったかもしれなかった…
ナルト「いつも隠してた右目は、
 長門やあっちのマダラと同じ輪廻眼だったってわけか」
「お前らマダラは俺が止める」→仮面「お前だと」
ここでカブトが見せた棺の中身が「マダラ」っていう回想→「カブトめ」
まだ一人二役か!(判明時に変わるかも…不明なのだが)
仮面「オレは誰でもない、誰でもいたくないのさ
 ただ月の眼計画をなせれば…それで良い(彼はそれだけが目的)
 絶望しかないこの世界に存在する価値は無い
 お前達人柱力は尾獣を取り付けさせられ、
 絶望だけを見てきた…違うか?
 お前達だったらこの絶望を…少しは理解できるだろ
ナルト「尾獣と一緒に居る事が」…あ、九尾の眼が綺麗。
不幸せだと勝手に思い込むんじゃねぇよ!!
九尾がそれに反応、ビーさんはニコッとしてる。
 てめぇにとっちゃ価値ねぇ世界でも、勝手に戦争まで起こして、
 誰でもねーなんて、そんなごまかして通用すると思ってんのか」
「ダッセー面」がカットされてた(´Д`;)
「てめーはてめーだコノヤロウ」まで重要かと思ってたが違ったんだ…それとも後で?

ナルト「頭来た、ぜってーその面引っぺがしてやる」本当に剥がすからな…
ビー「まずは俺が行くウィィィィ」と雄たけび。
仮面「この面剥がすには骨が折れるぞ
尾を出す人柱力達…ビー「イッ…」と雄たけび止まる。
仮面「八尾、九尾。オレはお前等を手に入れ月の眼を手に入れる」
目ぇ血走らせて怖い!…(-_-;)って所で終了!
次回、先生方駆けつけるまで~か…ってなんでガイ先生だけ

コナン サンデー36.37号ネタバレ感想文
事情聴取に子供達を同席させた事を叱りつける目暮から…
(目暮来たって時点で事件化確定か…ーー;)
佐藤→現着時に部屋の中にいた。高木→事件解決のヒントを。
目暮は→突き飛ばした犯人なので危険だと…心配してた様子、
高木から…3人の容疑者の尋ねた理由解説。
佐藤「ちなみに露口さんが訪問中に麻生さんが尋ねて来た可能性もあり、
 漆屋さんは玄関の呼び新を鳴らしても
 返事がないから帰ったそうなので…3人共犯行は可能かと…」
鍵とドアロック掛かってた状況…本当に事件なのか疑う目暮
高木「あ、はい…現場の状況が事故じゃないコ、コナン君が…」(-_-;)
で、肝心のコナンは…買い物があると出てる→帰ってきた。
買って来た物…コナン「益子さんの部屋からなくなってた物だよ!」
光彦「ここで問題です!」と、子供達が出題
テーブルの上に使い古した猫のキャリーバックが包み紙の上に載り、
包み紙に折り目とテープと破れた跡、そばにテープとハサミ。
ゴミ箱は空。灰原「なくなってる物なーんだ?
高木「ね、猫とか?」→猫は居た。ヒント:贈り物に付ける物。
佐藤「メッセージカードとか?」→時間切れ→コナン「答えはこれだよ!」
ラッピング用のリボン!
 リボンを結んだら余った端をハサミで切って長さを揃えるから…
 ゴミ箱にリボンの切れ端がなかったって事は、
ハサミは用意したのにたまたま長さがピッタリだったんじゃないかなぁ?」
中身は使い古しのキャリーバック益子自身が包んだ物
目暮「し、しかし…一体それが何だって言うんだね?」
灰原「寝ボケてんの?
現場から消えたって事は犯人が何かに使ったに決まってるじゃない!」
コナン「例えば部屋を密室にして事故に見せかける為…とかね?
 とにかく実験してみよ本当に出来るかどうか!」
ドアロック掛ける方法から→外側にいる光彦、元太が作業。
…リボン使ってー…目暮達「か、掛かった!?」
鍵を掛ける方法…結び目を作ってー高木「本当にリボンで鍵が…」
目暮「だがドアロックの時と違ってリボンが引き抜けないんじゃ…?」
外側から引っ張っても引き抜けない状態
コナン「おかしいなぁ…うまく行くはずだったのに…」
目暮<所詮子供の浅知恵か…>→子供達入った時リボン無かった。
高木「じゃあこのリボンで鍵を掛ける方法は無理だね…」
コナン「そうだね…リボンが残っちゃうもん
 誰かが部屋の内側からこのリボンを引き抜いて
 どっかに持ってってくれたらいいのになー…」
最大のヒントだったが…目暮達には通じず(´Д`;)
コナン<しゃーねぇな…やってくれ灰原、歩美!>と合図、
灰原「ホラ、あっちよ…」歩美「ガンバッて…」抱えてた猫を離す
ドア外の光彦達には『そのままリボン動かしてろよ!』
猫が動かしてたリボンに飛びつき引き抜いて持ってく~(^_^)
コナン「そーいえば猫ってあーいうカラフルな細長いヒモっぽい物
 大好きなんだよね!」…目暮「追え!」→高木が追ってくと…
高木「寝室の本棚の本の裏側…そこがこの猫の宝の隠し場所か…」
そこから別のリボン発見!結び目もある。
(リボンで何かするとは思ってが猫を使うまでは思わなかった)
佐藤「問題は誰がそのリボンでトリックを仕掛けたかね…」
高木「猫に詳しい人物の犯行とは思いますけど…」
目暮「ああ…その猫がリボンを持っていくだけじゃなく
 どこに隠す事を知ってる程にな…」
猫が尻尾振るのは嫌がってる時と知らなかった麻生は猫知識ない
飼い主傷つけた人だから嫌だった→抱かせてくれとは言わない。
…残る2人→節電を気にする露口、落した物を拾ってくれた漆屋。
コナン「でもさーあの時元太、
 絆創膏やハンカチやペットボトルのフタを落としたのに
 拾ってくれたのって…ペットボトルのフタだったよね?」
佐藤「そういえばそうだったけど…でも何で?
コナン「んじゃ試してみる?」…それらをポケットから落とす…
蓋をくわえて隠し場所に運んでいく猫(^o^)
佐藤「そっか!猫はペットボトルのフタも大好きなのね!」
持っていかれてリボンを発見されるのを恐れた為だった、
現場にあった物使った突発的な犯行。手袋してなければ指紋も取れ…。
コナンに聞く灰原「ねぇ?どこであの小説家が怪しいと思ったの?」
尻尾立ててた事(嬉しい時、甘えてる時の親しい人への仕草)
コナン「それもあるけど、1階エントランスのインターホンを鳴らしたら
誰かが扉を開けてくれたって言った時点で犯人だと睨んでたよ…」
犯人が開けた場合→トリック作る前なので…部屋呼び寄せたくない
(猫譲る程に信頼する人物なら…現場の寝室入れるってぐらいにしか思ってなかった~)
漆屋、全ての事を認める。
咄嗟に思いつけたのは→昔そういうミステリー書いた事があった為
その小説の頃は売れてた→「実は今日、彼に金をせびりに来たんです…」
本当は明日会う約束だったんですけど…
 今朝、彼が電話でいい贈り物を用意したと言うので…
いてもたってもいられなくて今日来てしまったというわけですよ…」
渡された物→使い古しのキャリーバックと三毛猫
「その上、今日はまだ渡せないとかもったいぶってニヤニヤしてるし
(誤解してる為…全てを悪い方へ悪い方へと取っていると思われる)
 そもそもあの猫は私が拾ってきた野良猫だというのに…」
半年ぐらい飼ってた→益子嫁がペットロスだったので譲った。
「まぁ、譲って正解だったよ…その後、小説がぱったり売れなくなって
 猫の世話をしてる場合じゃなくなったから…
代わりに彼の会社は右肩上がりだったようだがな…」(あー…猫が^_^;)
「なのに彼はそんな私にあんな野良猫を押し付けようとしたんだ!!
 そう…私が解いたリボンをくわえて
 寝室に駆け込んだあの猫を抱えながら彼はこう言ったよ」
回想:益子「この猫がいれば大丈夫
 元々君の猫なんだから…君の方が飼い主に相応しいよ…」
目暮「それで被害者を突き飛ばしたんですね?」
漆屋「ええ、「ふざけるな」って…」完全に…誤解でのすれ違い…
歩美「でも大ちゃんすごい猫なんだよ?」
光彦「三毛猫の希少種でめったに生まれなくて…」
元太「すっげー高ぇんだぞ!!」価値知らなかった漆屋
コナンの一言。
「…でも、益子さんがおじさんに猫を返そうとしたのはお金の為じゃなく
 あの猫が幸運を呼ぶ…招き猫だったからじゃないかな…」
後日談:猫の飼い主(益子)無事退院したらしい(後遺症無し)
元太「んで、あの猫どうなったんだ?」
コナン「グルっと回って結局ポアロの梓さんが飼う事になったらしいぜ」
130808.jpg
こっから…梓ちゃんにドンドン幸運が舞い込むんだなぁ…きっと(^_^;)
灰原「まぁ元々あの飼い主さん、
 猫アレルギーで手放すつもりだったようだし…」
三毛猫がいて…歩美「あれ?大ちゃん?」…小さい。柄そっくり…?
孫「ホラ!帰るよムギ!」→舎川さんの猫も無事見付かってた模様(^_^)
「もォー、おばーちゃんキャリーバックのフタ開けちゃダメじゃない!」
舎川「ごめんね…窮屈そうだったから…」(閉じ込めちゃったからかな?)
ま、少しだけ気になってたんだよね…ムギちゃんの事は…
元太「あのおばーさん確か…」コナン<めでたしめでたしーっってか?>

ナルト WJ36号ネタバレ感想文(号数なかったー)
<オレごと飛ぶしかない!>とミナトが光る玉に手を伸ばすが、
それを掴んだのは扉間だった!
オビトの所へ飛び。「早めに返してやる」→爆発…
扉間がナルト達の所に「安心しろ分身を飛ばしただけだ
「…前の接触時、奴の体にマーキングをしておいたのだ
ナルト「すげェ!!父ちゃんのマネできんのか
 二代目顔岩のオッチャンも!!」
扉間「四代目の方がワシのマネをしとるのだ
  それにそこは二代目様でいい!」
(自爆技で吹っ飛んだ後から復活したのか…それともあれも分身?)
柱間VSマダラ…柱間 「邪魔をするなマダラ!!」
マダラ「時間が無いが、こうなってはやらねばならない事がある
 …もう少しお前をいただく
(下のセリフだけ見るとアッー…柱間のチャクラを奪うなりが必要なのか?)
モブ達は…桁違いの戦闘に入れそうになく…ビビってる、
シカマルの通信:<小さな力でも…、…要は使い様だ
 役に立たねーかもしれねーが役に立つ時が来るかもわからねぇ
 目を離さずしっかり見るんだ…、その時があるなら…、
 …その力が世界を左右する事になる
 なら、オレ達が気を抜いていい時なんて一瞬たりともねーはずだ!!>
テマリ<シカマル…お前ならいい火影になれる……
人の心を変える事それは五影の必要条件みたいなもんだからな>
シカマル次期火影レースに急浮上!!(笑)
モブ達の意識が変わる(参加フラグ?…入れんって!止めとけって´Д`;)
扉間が返した玉は…オビトにはガードされてた様子…
ミナト「やはり螺旋閃光超輪舞吼参式で…
 オレが隙を作るしかありませんね…」
扉間「……お前…少しばかり天然だの……
 普段ならお前の術名にツボるところだが…奴の前では笑えんぞ…」
厨二病術名にツッコンだーwwww
130806.jpg
天照しながら飛び出すサスケに追随するナルト→防がれる天照。
ミナト「サスケくん!ナルト!!オレがスキを作るって言ったでしょ!」
サスケ「オレがスキを作る!」(…防がれてたが?-_-;)
ナルト「イヤ!オレ達でだ!メインは父ちゃん達にまかせる!!」
天照前に感知されてたので「不意打ちにはならんぞ」とオビト、
扉間 「行くぞ…四代目」肩に手→ミナト「まったくもう!」
「分身による飛雷神ではやはり遅い(肩にやった手でマーキング)
ワシら2人で飛雷神回しをやるぞ、お前もマーキングをワシに付けておけ
サスケ「ナルト、今度はオレが写輪眼でお前のチャクラ比に合わせる」
ナルト「ンとに負けず嫌いだってばよコイツも!」
俺だって、出来るんだもんね~とアピールしたい訳か…(-_-;)
(まぁ、…少しずつ、中忍試験頃(一番マトモな時期)のサスケに戻ってんのかな)

ミナト「ハイ…この体なら当たってからでも…」扉間にマーキング。
螺旋手裏剣と加具土命のチャクラ比を調整してくサスケ。
オビト背後に扉間が移動してくる→オビト「挟む気か…
向ってくナルト達の前にはミナトが立ち塞がり(あれ右手?)オビトも驚く
(螺旋手裏剣+加具土命)食らったミナト<君らがメインだ!!>
オビトの背中に触る扉間<前に気をとられたな>
ミナト・扉間<今だ!>飛雷神互瞬回しの術!!
扉間とミナトの位置が入れ替わり→術食らうのはオビト
ミナト「名付けて灼遁光輪疾風……とにかくそのままいけェ!!」
(…ミナト…勝手に術名付けようとするのは止めいっ!-_-;)
ぶっ飛ばされるオビト…<互いの場所へ飛び合ったのか>と冷静分析?
合体術のダメージはさほどなさそうな雰囲気?(゜-゜)→扉間移動。
爆発音(遠い)→サクラ「ヒナタ!ナルトとサスケくんは?」
ヒナタ「………2人……笑ってる」→笑み浮かべる2人の顔。

コナン「漆黒の特急(ミステリートレイン) 終点」ネタバレ感想文
推理に無理が?鎖を1つ増やす事も、
能登の部屋の電球切れてて、出波の部屋の時計のも偶然?
車掌証言→制服が一着無くなってる
くすねたのは安東→車両点検に紛れ込めば…全て可能
出波が車掌と口論中にリモコンでアラーム鳴らし注意逸らせば。
…C室を釣り糸使って開けても気づかれない(-_-;)
B室ロック掛け→鏡張り扉閉め、自分の部屋から出て来た様に装う
その前に出た小蓑・住友は暗くて糸を見逃したのだろうと…
「まさか事件に関わりたくないから言わなかった訳じゃないでしょうし」
5年前の大火事で共に助け出された仲→2年前まではそう思ってた
オークションに火事で消失の筈の絵→持ち主遡る→室橋に辿り着く。
安室「なるほど、室橋さんは屋敷から絵を盗み出し
 それを隠す為に屋敷に火を放ったんですね
火事で亡くなった人と資産家一家を弔う為に乗車してたなら…
自首勧めるつもりだったが…偽推理クイズで子供達待ってる時…
室橋の発言…全くの反省も無いゲス野郎だったと。
「あの火事で私の妻が煙に巻かれて死んだって言うのに」
ベル「有希子、私達を煙に巻きたい様だけど、貴方達に勝ち目は」
有希子「大有りよ、だって新ちゃんシャロンの弱み攫んじゃったもの
母の友人だからじゃなく→仲間に薬で幼児化の事を教えてない。
「新ちゃん言ってたわよ、薬で幼児化してる事を隠す理由
 貴方に何があるんじゃないかってね…それと板倉卓
板倉に発注したソフト※リマスター放送の理由(^_^;)
シャロンと板倉とは犬猿の仲→発注は声変え依頼。
有希子「そうまでして発注したソフト
 幼児化を隠す訳と何か関係が有るのかしら
ベル「有希子そこまでよ手を引きなさい
 貴方のふざけた作戦ならもう読めてるんだから」
組織の存在に気づいた彼女(シェリー)が取る行動→解毒剤飲む
幼児化したまま殺害され発見→子供達を巻き込んでしまう、
元の姿で遺体発見→いない灰原の方を心配→視界から外れる。
新一と博士は灰原だと言えない…予想→薬飲む前に保護
有希子が灰原に変装→殺されたフリの作戦。
部屋に匿われてない=保護できてない…捨てられたトランク。
変装道具入ってなかった…トランクの前に処分されてた
洗面台に隠してた変装道具…互いに見つけてない五分五分
ベル「ノープロブレム、ご心配なく…
 彼女を炙り出す準備なら、もう整ってるわ」と携帯操作。
発煙筒から煙→安室「ちょっと見てきます」部屋見て「火事です
コナン「…」安室「皆さん前の車両に避難を」→パニックで逃げる客、
…コナンは小五郎を起こし、小蓑達に「おばあさん達も早く」
7号車と6号車の客達に避難を促す放送→6号車の蘭達も避難せねば、
別の発煙筒…8号車の客は火事恐怖症でパニック→他の客に影響。
ベル「ここでクエスチョン。彼女ならこの状況でどこに行くと思う」
有希子「前の車両に逃げるんじゃ」「いやその逆…彼女なら」
8号車B室前…志保の姿…そこに迫るのは…
安室「流石ヘルエンジェルの娘さんだ、よく似てらっしゃる…
 初めまして、バーボン…これが僕のコードネームです」
小五郎来た→蘭「お父さんコナン君と世良さんは?」
コナンとはさっきまで一緒→世良は随分前に行った→来てない。
「車両間違えてどっかその辺ウロウロ…」
歩美「ねぇおじさん哀ちゃんは?」「オメーらと一緒じゃなかったのか」
トイレ行ったきり戻らず→前の車両?蘭は捜したが見当たらない。
それ覗いてたベル→ドア閉め…彼女なら8号車に向う筈(罠と読み)
有希子「そっか、そのまま前の車両に逃げたら
 貴方達が待ち伏せしてるから裏をかいたのねー」
ベル「わかってないのね」→巻き込まない為…
あえて8号車!「例え私達が待ち構えていたとしても…
 一人で殺されたほうがマシだと考えて
新一から電話→携帯奪い取り→有希子の口塞ぎ→有希子声で出る。
「灰原がどこにもいねーんだ!母さんの所行ってないか?」
有希子声で「こっちに来てないわよ」前の車両行ったのでは
作戦通りに→「OK~」→声戻り「これで貴方の坊やは前の車両へ」
「そして私の仲間からのメール、あら残念~
 8号車で彼女を見つけたそうよ…どうやら私達の勝ちの様ね」
安室「バーボン、このコードネームに聞き覚えありませんか
 君のご家族とは会った事があるんですが
「ええ、知ってるわよ、
 お姉ちゃんの恋人諸星大とライバル関係だった組織の一員
赤井が消された事が信じ難く→変装し関係者の周りうろつく。
反応見て…本当に死んでると判ったと
(ベルさんが変装させてた…ジョディの前で喋らなかった理由)
恐怖与える効果→銃で手を挙げさせ後ろにある貨物室に誘導。
名古屋駅到着まで1時間、次郎吉「皆の者心してかかるんじゃぞ」
ウォッカ「到着と同時に爆弾で吹っ飛ぶとも知らねぇで」
ベルモットとバーボンの脱出方法が気になるウオッカ
「知ってるんでしょ爆弾の事」ジン「さあな俺の知った事か」
ベル余った爆弾持ってく使い道はぐらかす、ジン<あの女…まさか>
安室「その扉を空けて中へ」促され貨物室入ってく志保、
「ご心配なく、僕は生きたまま組織に連れ戻すつもりですから
連結部分に爆弾→車両切り離し止まり次第→志保を回収。
気絶させるが爆弾に巻き込まれたり怪我はさせる気はなく。
「大丈夫じゃないみたいよ、この貨物車爆弾だらけみたいだし」
安室<ベルモットは是が非でも彼女の命を絶とうと言う腹積もりか>
一緒に来て貰おうと言うも→「悪けど断るわ」と扉閉められ…
「噂通りの困った娘だ…少々手荒く…行かせてもらいますよ!」
銃握り…背後の扉開く「ベルモットか、悪いが彼女は僕が連れて…」
ピン→カンカンカン→手榴弾が転がって
「誰だ、誰だお前」→閉まり掛け一瞬、見た覚えのある目が
爆発!頭庇ってる細かい。安室「ク、クソ」!離れてく車両→貨物車爆発!
ベル「はいこれでTHE END」有希子「嘘、嘘でしょ」と外覗く。
連結の破壊の音聞いてから起爆。この車両は脱線しないと…
有希子の「哀ちゃん」の叫び聞きながら部屋を去ってく…
ジン「シェリーを殺った?」→バーボンの目撃証言付き、
列車は近くの駅に停車→名古屋駅巻き込まずに済んだ。
粉々になるのはシェリーだけで十分でしょ」電話切る。
光彦「でもホント驚きました」→7号車B室に居た灰原
博士達とすれ違う…ベルモット(顔は見せない様にしてる)
<そっか…彼女が逃げ込むならあの部屋しかないと踏んで
 待ち構えてた有希子が彼女を保護したのね>
コナンの電話→ベルモット足止めさせる為のフェイク。
<でも待って…だったら誰なの?
 バーボンの前で爆死した彼女って
 まさか本当に他にも協力者が…>
園子「ガッカリよ!これでキッド様来られなくなっちゃったし
電話コナン「悪い悪い、何か超やばかったらしいな」←悪いと思ってねぇ…
<ま、まさか協力者って…>→ハンググライダーで飛ぶ奴(^_^)
キッド「聞いてねぇぞ!なんなんだあの危ねぇ奴らはよ」
万が一のハンググライダー用意してると思ってた(笑)
コナン「まぁこれで貸し借りチャラって事で」「あたりめぇだ!」
「あ、俺が渡したその携帯、探偵事務所に送り返してくれよ」
キッド<あのクソガキ…>→回想。キッドの変装見抜いてたコナン
住友がキッドで、小蓑が手下…小蓑声→キッド出してた(^_^;)
住友(キッド)走らせた理由→小蓑(手下)一人にして喋れなくさせる為
火事から救助された人は火怖がる→平気で煙管に火を付けてた
何(糸)も見てなってのを見逃す代わりに→恩売ってさせたい事
この彼女に変装して悪い奴らの追撃をうまくかわして欲しいんだ
灰原別室待機→話す内容をイヤホン通し伝えてた(会話成立の理由)
キッド「なーにがチャラだ、コイツは貸しにしとくぜ名探偵」変装解く、
ベル<なるほど最高のキャスティングだったって訳ね…有希子>
…の後ろに寺井ちゃん。世良→蘭「世良さんよかった!」
廊下で拾ったと帽子渡す…<何で廊下なんかに>腑に落ちない世良。
安室とベル…すれ違い会話。赤井の死を調べ直すつもりの安室
沖矢が見てる開眼!!(゜o゜)…再び糸目に戻る。
130804.jpg
次回ヒント『スペシャルコーチ』確かに黒い人…蘭「園子、テニスの特訓?」
園子「テニスも恋も強くなくちゃ」コナン「恋は違うでしょ」

ナルト(疾風伝)543話「五影集結…!!」ネタバレ感想文
木遁の所までが前回→「チャクラも残り少ねぇ…どうすりゃ」
九尾「ナルト今回は力を貸してやる
マダラは好かんアイツに操られるぐらいならお前の方がマシだ」
カブトはマダラを利用すれば~良い持ち札だと思ってる…が実際は…
木遁→向う→全力込め…大玉螺旋丸→九尾「やれナルト!」
130802.jpg
大玉螺旋帯連丸で木遁防ぐ→マダラ「なかなかの奴」凄く楽しそうな顔。
貰ったチャクラを使いきって限界、今にも消えそうだと分身。
オオノキ「ナルト…もういい後はワシらがやる(って鼻!作画ミス)
 やっと己を拾う場が来た。その為の相手には充分じゃぜ」
テマリ「無茶だってボロボロじゃねぇかよ」→ナルトの表情。
近づくマダラ達…「もう踊れそうに無いな…オオノキよ(半笑い)」
「昔一度力の差を教えてやった筈」→回想:若オオノキやっぱ声…別に
柱間来る筈の所にマダラ来てて…力の前に従えと(同盟ぶち壊し)
マダラ「それと、俺の前でその忍の名(柱間)を口にするな
戦いに明け暮れ奪っては奪い返し憎しみが→3度の戦争(イメージ映像)
マダラ「それが生きていくという事だ
 その齢まで生きて過去の痛みから何も学んでいないとはな
彼にとって生きるとは…強い相手との戦いの中で生を実感する事って気がしてくる…
土影「アンタよりは長く生きてる!
 学び一回りした過去の痛みを知るからこそ
 どう先に繋げて行くのが最善が考える事が出来る
無(カブト)「で、また4度目の戦争だ、これが最善ですか
「この戦争は違う、かつて奪い合ってきた物とは別の物
 皆が手に入れる戦いじゃぜ
コイツラ(ナルト、風影)を見ていて時はただ刻む物では無いと分った
世界は過去と重ねてゆっくりとだが成長している、平和に向けての」
マダラは世界の成長を望まず、無限月読によって眠っていればいいと、
(ただ寝てるだけなら…数ヶ月したら人類全滅するんじゃないッスかね)
オオノキ「アンタがワシに己を捨てさせてた(後でその回想があるんで)
 じゃからアンタに勝ち己を拾う、眠るのはアンタじゃぜ」
倒れる!→砂が支え、我愛羅「さあ、一緒に拾うとしよう
オオノキ「己の為、未来の為(ナルト達)お前はここで倒す!」
綱手「天送の術を用意しろ」と→物を送る為の術で人は送れない。
三代目雷影は強靭な体だからこそ耐えれた(エーは血縁だから)
マブイ「とにかく火影様は無理です、お考え直し下さい」
シカクの考え→ゲンマ小隊の飛雷神で、印つけたカツユ天送し移動。
コレを使うと額の◆指す綱手…
綱手の賭け事…「命を賭けた時は別だ、だから今まで生きてる」
…少し考えたエー「転送の術の準備をしろ…2人分だ
マブイ「雷影様まで…シカクさん~」シカク「今こそ総大将の出番だ
うちはの火遁対策→「飛雷神はアイツの為に使ってもらう」
黒ゼツとの戦闘→足引っ掛けられナルト攻撃決まらず→ズバ!
長十郎「自信の力=斬った数」→水影満足そう→チャクラ量で刀身変化、
黒ゼツ動けなくされ(コレ以降出てない)…ナルト「やるじゃねぇかアイツ」
ゲンマにシカクの連絡→『何を言ってもツッコミは無し』と前置き
本物のマダラが穢土転生で復活した
ゲンマ<すみませんツッコンでいいですか?>『無しと言った筈だ』
ツッコンでくれという前置きじゃないの…ゲンマはツッコミ担当だったと(-_-;)
天送の術で綱手と雷影が移動し。一方、水影側も飛雷神準備。
水影「驚いたわね、一瞬で移動って四代目火影の術の筈でしょ」
ゲンマ小隊→元々、四代目火影護衛小隊の忍(現在は5代目護衛)
ミナトから教えられていた飛雷神(3人でやらないと飛べず)
…この戦いですっかり逞しくなった長十郎。水影…成長に嬉しそう。
…黒ゼツに刀刺してないと…逃げられそうで怖いけどな(-_-;)
綱手到着後に移動→「了解よ遅れるのは今期だけで充分です」
向ってきたマダラと無(カブト)の前に現れた綱手と雷影、
マダラはちゃんと攻撃をガードしてる(^_^;)
座標を知らせてたドダイさんのナイスアシスト
創造再生でダメージ回復。ナルト<これって再生する術のヤツだ>
水影到着→「まさか五影揃って共に戦う日が来るとはな
ここのナルトの立ち位置が変更されてた(笑)詰めたな前半
五影の顔→マダラ「丁度いい、これぐらいなければ試し甲斐が無い」
土影と我愛羅回復させ始める綱手→雷影と水影は時間稼ぎに、
ここらの戦闘部分作画は…動きが良いみたい(^_^)
水影と雷影の連携…岩忍モブ「この場にいるのが場違いな気が」
イワシ、ゲンマ、ライドウ→ドダイ「お前達は俺と一緒にもう一人の方を」
テマリさんが居るので…テマリさんの方が心配になってきた(-_-;)
綱手を心配するナルト。またババアになって倒れては?
ペイン戦と違い…使った量は微々たる物でチャクラ量はまだあり
「それじゃ俺も回復を」分身消える訳には→綱手「その必要は無い
土影「この戦いはお前を守るだけの物じゃねぇんじゃぜ」
スサノオでてきた→雷遁+溶遁→マダラ「攻めは中々」
水影、雷影それぞれのコメント…マダラ「守りはどうだ」
スサノオ攻撃→モブをナルトに変更「岩ゴーレムに砂の盾」のセリフも、
「この戦争は皆で守りあう戦争じゃぜ」→防御に「これも中々だな」
土影「雷影、水影、すぐ耳を貸せ」※雷影の口が~(苦笑)
我愛羅頑張ってるぞ→霧隠れの術。無を追うゲンマ達の姿、
霧隠れは輪廻眼視界防ぐ物か→無(カブト)が影達の前に…
(いつの間にか…ゲンマ達も戻ってる)…土影「やるぜ雷影」
雷影を軽くしスピードアップ→カブトの前の時の回想。
軽いパンチと高くくってると→寸前で加重されたの食らう
それをスサノオの攻撃にも…スサノオ骨砕けてた!
土影「聞けナルト」→暁倒す為、仕方なく手を組んだ連合だった…
「が、お前達と共に戦い前とは違う感情を感じとる。
 今、ワシは忍連合の土影としてここにいたいのだ」
里が連合とし一つになり変わろうとしてる
…憎しみを生んできた…忍の世のシステムも変わるかもしれない
こっちのマダラはワシらに任せろ。必ずケリをつける、
 それがこれまでの憎しみの呪いを止める第一歩となる
 マダラと同じ様にかつて憎しみを生み出してきたワシらには、
 そうしなければならない責任がある。
 ここ安心してワシらに任せろ…じゃから」
ナルトの肩に手を置き「あっちのマダラはお前に任せる」
 それがこれからの希望を進める第一歩となる」…色、色っ!
作画は541話よりは悪くない…ただミスが目立つ!
綱手「古い奴、新しい奴、どっちのマダラにも勝つ事が。
 この戦争の終わりを意味する、私達はこの戦場でお前を守る
 だからお前も向こうで戦い私達を守れ
「分身ナルト、お前に五影からこの言葉を預ける」個別は無音。
→全員揃え「勝つぞ!!」いつものBGM。
消える分身→本体ナルト「うん。ぜってぇ勝つ」…前には仮面が。
互いに頭突きでゴチーンとなった所で今週終了!
次回…別人バレで仮面の男の声がどうなるのかが気になります…
現行の内/田さんのまま?高/木さんに戻る?〇〇〇役の…?→いや、割れてからか?

コナン サンデー35号ネタバレ感想文
ドアロック掛かってる、益子の返事は全くない、
管理人が寝てるだけかもというも、…隣人が聞いた変な音。
隣人→家族と食事中何かにぶつかる様な大きな音を聞いてた
コナン「それに益子さんの飼い猫に足の裏に血がついてる…
 中で何かあったんだよ!!」灰原に救急車を呼ばせる…
「オメーら、糸とか持ってねーか!?あと、テープとか…針金とか…」
歩美→毛糸、元太→バンソーコー、光彦→クリップがあった、
(何で必要な道具…毎回揃ってるんだろ…-_-;)
光彦「でもこんな物で何をするんですか?」
コナン「このドアロックを開けるんだよ!!」
と、ドアロック解除講座…(-_-;)
見事ロック解除!…隣人の部屋の位置に一番近い部屋へ、
倒れてる益子、コナン<よかった…まだかろうじて脈はある…>
ベットの上に椅子、取り替えようとした様な蛍光灯が…。
サードテーブルの血痕→<事故…いや違う…こいつは…>
佐藤刑事「事故ね…」ベットの上に椅子を立て。
蛍光灯を取り替えようとしてバンス崩したのだろうと…
「私もたまにやるけど、ベットの上って安定しなくて危ないのよね…」
高木「そんな事やらないでくださいよ!
佐藤さんのベットのマットレスって高級品でフカフカなんですから!」
光彦「何で知ってるんですか?佐藤刑事のベットの事…」
元太「見た事あんのかよ?(だから、あるんだよ^_^;)
歩美「いーなー、歩美も佐藤刑事ん家にお泊りしたーい!」
そこにツッコンであげちゃダメー!(笑)
灰原「そんなヨタバナよりどうなの?この部屋の家主の容態…」
高木「手術は済んだけど意識不明の重体らしいよ…」ま、大丈夫だな
佐藤「まぁ、意識戻ったら感謝してくれるわよ!
ドアロックをすぐに開けてくれたコナン君のお陰で助かったんだから!」
コナン「いや、その前に…意識戻ったら教えてくれると思うよ…、
 誰が自分を殺そうとしたかって事をね…」
布団の上に椅子載ってる事(安定させる為に布団ぐらいめくる)
益子の倒れてる状態の写メ→スリッパを片方履いたまま。
「ベットやイスの上に載るならスリッパぐらい脱ぐんじゃないかなぁ?」
取り替えようとした蛍光灯が黒ずんでない(新品の様)
佐藤「…という事は…」→突き飛ばし重傷負わせた誰かが、
事故に見せかける為の細工した…と(買い置きの予備の蛍光灯)
隣人が音聞き→管理人が来るまで1時間細工時間ある
高木「し、しかし…玄関の合い鍵が1つしかないそうで
 2つ共リビングの棚に置いてありましたし
 それに玄関のドアロックはどうやって…?」
佐藤「そんなのもう解けちゃってるわよ!ね!そうでしょ?コナン君!
 ドアロック外から外せたんだから掛けるぐらい…」
コナン「あ、いや…そこまではまだ…」
(お前、確か…伊豆のホテルでロックかけたよなぁ…セロテープで)
元太「おい見ろよ!誰か写ってるぞ!」歩美「ホントだー!!」
1階エントランスで呼び鈴鳴らすと録画されるタイプのインターホン
灰原「映ってるわよ!私達が来る前の1時間の間に3人も…」
音声あり。自分の名前も言ってて→住所録でわかるはず。
灰原「佐藤刑事とちちくり合ってる暇なんてないわよ!」
佐藤「もォ!高木君が余計な事を言うから…」
高木「すみませんねぇ!せんべい布団でしか寝た事ないもんで
 思わず口から出ちゃったんですよ
 あ、でも…本当に柔らかくて温かかったのは
 もちろんベットじゃなく…」くぁwせdrftgyふじこlp
子供達の前で話す話じゃねぇぇ…
もう少し発言に気をつけてね~(笑)130801.jpg
プライベート仕事が曖昧状態だったが…やっと仕事モード…
テーブルの上に包装紙と古めの猫用キャリーバック見つけたコナン。
コナン<本当にあの三毛猫を誰かにプレゼントしようとしてたんだ…>
その包装紙には…包んでいたのを開けた跡が
テープとハサミはあるが…『アレ』が無いと捜すコナン…
(プレゼントならリボンか?…って事は、犯人はそれでロック掛けたのか?)
訪問客3人はすぐ見付かる
証言→1人目部屋入る/2人目玄関口/3人目玄関前返事なし帰る。
3人共怪しい→1人目来客中に2人目の場合:1人目にも犯行可能
コナン達はインターホン鳴らさず、他の住人開けた隙に入る(ーー;)
…って事で、彼らの証言自体はあまり役に立たない。
1人目/露口・スナックママ→リビングでレコード聴いて10分
コレクションしてるレコードを益子が見つけ受け取りに来た。
ヘッドホンして聴いてた為…呼び鈴はわからない猫追い払う
トイレへ→出て来た光彦が明かり消してなかったので怒鳴る、
「あ、私…無駄使いとか許せなくて…つい…」コナン「………」
(予備の場所見つけそう?勿体無い言う人が新品壊すかな?)
2人目/麻生・元社員。玄関口で話す。客が来てた様だと
クビなり最後の挨拶に→新しい仕事先を世話して頂いた礼も兼ね、
歩美が抱いてた猫を見て「抱かせてくれる?」
歩美「大ちゃんシッポ振って喜んでる」「あら、ホント…」
犬と違い。猫が尾を激しく振る場合は嫌がってる筈だよ
コナン「お姉さんは猫とか飼ってないの?」
親が動物嫌い→自分は好きだと(猫より、犬派の感じがします)
3人目/漆屋(小説家)呼び鈴鳴らしても応答なく帰る。
1階でインターホン押した時は開けてくれるが無言、本人か不明。
益子との関係→大学時代からの付き合い、同年デビュー作家仲間。
売れなかった益子断念。漆屋は今は売れない作家。
訪問理由→小説アイディア練りに、煮詰まった時に付き合ってくれる、
猫が寄ってくると「この猫をよそへやってくれ。うっとおしい…」
コナン「おじさん猫嫌いなの?」
「ああ!今朝も近所の野良猫にひっかかれて…」
(尾が立ってたので、猫にはそんなに嫌われてる風でもない)
元太が「バンソーコーならあるぞ!」と出そうとすると落とす。
それを拾い。「心配無用だ!もう手当ては済んでいるよ…
 まぁこの猫が例の小説よろしく名探偵なら…話は別だがね…」
…最高金額2000万ですけどね…
順番は確定したが…隣人が音聞いた時間あやふやで絞れない
佐藤「やっぱり益子さんの意識が戻るのを待つしかなさそうね…」
灰原「いや…それを待つまでもなさそうよ…ホラ!」
歩美<あ!イラズラっ子の顔だ!!>→コナンドヤ顔
普通にいけば…猫をプレゼントしようとしてた人が犯人かな…
…益子さん助かりそうだし…事件にならない展開かな…多分?