FC2ブログ
日/コナンアニメ感想 木/コナン原作感想 更新予定(長文)その他感想は単発です
ナルト WJ11号ネタバレ感想文
まさかの復活に…柱間、扉間、ヒルゼンが屍鬼封尽を解いたのだろうと、
ミナト「まさか…あの封印術を解くなんて…大蛇丸さん…どうやって?」
と、驚きを隠せないまさかの「さん」付け!!
大蛇丸「私をみくびりすぎよミナト
術を失ってから、うずまき一族の史跡や文献を研究してたそうな
ミナト「柱間様…どうやら我々はこの世に再び蘇ったようです…」と言うと、
柱間「誰?」な反応→四代目火影ですと背中も文字見せると。
「ほぉ!!四代目とな!!(喜ぶ)里も長く安定しておるようだ!!」
ミナト「あの~~安定しているかどうかはわかりません…
 なんせ私は三代目より先に死んで封印されてましたから」
柱間、扉間、三代目が封印された物とは別件だったと説明。
…五代目が綱手と聞かされ…何故か落ち込む柱間…里を心配する、
柱間「初孫だったんで果てしなく甘やかした!!
 しまいにはオレの賭けごとまで覚えてそれはもう…」豪快に笑う。
水月<忍の神…想像してたのと少し違うな…なんか…ん~>(-_-;)
扉間「…また穢土転生の術か ワシの作った術をこう安々と…」
大蛇丸「それほど難しい術ではありませんよ…
 ただ…作るべき術ではなかった…」本人を前にしてディスる(苦笑)
「二代目…アナタのしてきた政策や作った術が、
 後々やっかいなことになってばかりでしてね今回も…
扉間「貴様…また木の葉を襲う気か!?」
ヒルゼン「ワシの命と引き換えにしてまでお前の術を奪ったというのに、
 …なんたることじゃ…(三代目達はあの時で止まってるからか)
 今度は師であったワシまで穢土転生して木の葉に仇なす気じゃな!!」
柱間「いつの世も戦いか、確かに…あまりいい術とは言えぬな、
 扉間よ…だからあの時オレが言たように…」
扉間「兄者、少し黙っていろ。ワシはこの若僧と話している」
柱間「しかしだの… 」扉間「黙れ」再びずうう~んと落ち込む柱間
水月<忍の神、貫禄ねェー!!!>…柱間バカなの?天然なの?
大蛇丸→もう崩す気無いからと否定(^_^;)
彼のたっての希望で話し合いの場を設けたまでです」とバトンタッチ。
サスケ「…オレはうちはサスケ、アンタ達火影に聞きたいことがある
扉間「うちはの者か…なるほど悪党に付くだけはある」辛らつだ…
柱間「扉間そういう言い方はよせと言ったはずだぞ!!」「兄者は甘いのだ」
ヒルゼンにイタチの付いて聞く…
サスケ「イタチは……うちは一族の復讐としてオレが殺した…
 その後トビとダンゾウから本当の事を聞いた…
 そしてオレは木の葉への復讐へと走った、だが…(イタチの…)
 だがアンタの口から聞いておきたい、イタチの全てを」
ヒルゼン「同胞を殺めさせた上…
 逆賊の濡れ衣を着せ、さらには暁共を一人で監視させていた」
イタチは7歳にして火影の様な考えを持ったしっかり者であったそうな、
「同胞を皆抹殺し反乱を止め…それに繋がる戦争を一人で食いとめ…
 暁にスパイとして入り込んでまで里を守った、 
 ワシにお前を里で守ることを条件にだしてな
扉間「うちはの呪われた運命というやつよ
 壊滅状態だとはな…、クーデターまで企てるに至ったか。
 いずれそのような事になるとふんでおった
 マダラの意志を持つ反乱分子もくすぶっていたからな」驚いてない。
大蛇丸「そう、うちはを追い込んだのは二代目
 アナタの作ったうちは警務部に端を発しているとも言えるわ」
取り締まり側は嫌われる+権威性症候群+警務部の立地が悪かった、
居住区が里の隅だ。馴れ合いせんって一族だったから隅になったんでね?(^д^;)
「アレがマダラ分子を助長したのよ」と言う大蛇丸、
柱間「扉間!あれほどうちはをないがしろにしてはならぬと念を押して!」
扉間「うちはこそできる役職を与え!
 次のマダラが出てきたとしてもすぐ対処できるように考えた結果だ
兄者も知っているだろ…奴らうちはは…悪に憑かれた一族だ…!!」
大蛇「…まるでマダラはトラウマのようですね
 そんなにうちはが怖いと…」扉間「若僧が…お前はマダラを知らぬ」
サスケ「二代目火影…アンタに聞く
 うちは一族とは何だ?…何を知ってる!
扉間「…千手一族が術ではなく愛情を力にしているのに対し、
 うちは一族はそれより術の力を第一とした考えがあった
 だが…本当は違うのだうちはほど愛情に深い一族はいない
 だからこそうちはは、それを封印してきた
「いったん、うちは一族の者が愛情を知ると、
 今まで縛りつけてきた情の開放というのか
千手をも超える愛の力というものに目覚めてしまう
良いのかと思いきや…愛情が強いが故、暴走する危険性がっ
愛を知る→愛情を失う→闇落ち…扉間「ワシはそれを何度も見てきた
 そして、それにはある特別な症状が出るのだ
症状)愛の喪失、自分自身への失意でもがき苦しむと
脳内に特殊チャクラ出し写輪眼(心を写す瞳)作り出すそうな(゜-゜)
写輪眼は心の力で強くなるが(憎しみの心一緒になるとの事)
繊細で豆腐メンタルで厨二拗らせる体質の一族
マダラ、オビト、サスケを拗らせたのは全て体質のせい、
だから3人は悪くない…と、でも片付ける気ですかぁ!!
(イタチはそうでもなかったので…周りの環境に影響してる気がしてなら無いんですけどー)

130210.jpg
扉間「闇が深くなればなるほど、瞳力も増し手がつけられなくなる
 マダラのようにな
柱間→マダラはお前の兄以上に弟思いだと…(ってイタチ知らんでしょ?-_-;)
扉間「ワシはうちはの力を里の為に貢献できるよう形を整え
 導いたつもりだ。(それが失策だったんでしょうがっ´Д`)
だが…里のために自ら自滅したのだとしたらそれも仕方のないことだ。
 奴らも木の葉の里の役に立ったということださすが卑劣様…
柱間「扉間そういう言い方はよさぬか!
 話を聞いてるのは純粋なうちはの子供だ!」
扉間「大事なのは里だ。里が要よ。兄者もそれは分かっていよう」
サスケ「気にしない…純粋でもなければ子供でもない…」万華鏡に…
「初代火影…アンタに聞く…里とは何だ?忍とは…そもそも何だ?」 
スポンサーサイト




コナン「時限爆弾を乗せた車」ネタバレ感想文
フォックス便という宅配の車が去った後、爆発…二軒が被害に、
三沢真央ちゃんっていう女の子、飼い犬キャンディに逃げられて…
犬はフォックス便の車の荷台へ、そのまま発進!爆発まで90分と、
事務所前に探偵団→真央「歩美お姉ちゃんキャンディが大変なの!」
真央は歩美んちの近所の子。キャンディ探しに向う歩美達。
コナン「オイオイ…それは少年探偵団の…」灰原「仕事よ
フォックス便見つける…が、キャンディいない別の車
そこに千葉刑事、コナンの「何か事件?」問いに言葉を濁す千葉。
高木刑事も来たが…今回は「ちょっとね」と話したがらず(ーー;)
「子供達は危ないから早く帰りなさい」→灰原「何かあるわね
待っててくれと→灰原とコナンは子供達と離れて…
蘭に連絡し→小五郎が何してるか確認→飲んで寝てた(^_^;)
小五郎の声で目暮に電話、うまく言いくるめ事件の事を聞き出す
130210c.jpg
2件の爆破事件。狙われたのは判事と検事(幸い怪我で済む)
犯人逮捕済み→爆発物所持で実刑→出所…判事と検事への逆恨み、
逮捕した元捜査官狙って爆弾もう一つ…元捜査官は無事確認。
爆破時刻は4時…業者によると、荷物は3時~4時の時間指定
車特定は連絡待ち→千葉「何ですって!?配送車が奪われた!?
運転手が停車中→二人組みの男が車を強奪してく→車に犬
二人組み(海老沢金吾、蟹山銀二)悪徳金融業者へ強盗に…
逃走車エンスト→配送車(警察無線傍受が目的)乗り捨てた車にも無線。
強奪された場所聞く。子供達が何やってるんですかとくる、
灰原「キャンディ乗った場所はどこ?」と聞く(灰原が…優しいと何か違う)
二人組み無線聞く…「ワン!」→犬?!弟分、犬抱き「お前可愛いな~」
(森/久/保さんが初めて…犯人じゃない犯人を!←はい?)
残り70分。乗った場所に来た…灰原「どっちに向ったかはわかるわ」
工事で通行止め、車は入れない細い路地→行く先が限定される道
大通りに出ると渋滞、コナンの考え<渋滞を突っ切るとは思えない>
灰原がこっちと連れてく→コナン<正解だ灰原>→博士に連絡、
車を出す博士→二人組み。兄貴分カーナビが付かないと。
「コンビニあったら止めて」犬と自分の分→弟分犬好き過ぎる(笑)
ナビは逆探されるとドラマで見たので…先に壊してたという弟分。
歩道橋の上、眼鏡の望遠機能でフォックス便発見!
あと少しって所で曲がられ…見失った!残り50分に…
流石に真央ちゃん疲れてきた→いいタイミングで博士の車!
「爆発まで時間無いんじゃろ」博士口滑らし、話すしかなくなった
元太は警察何やってる。キャンディを心配し泣くじゃくる真央。
無線は使えのないかと光彦、車の数が多くて見つけられないと灰原。
コンビニ前→通った子供達「ワンコ可愛い」犬抱かせる弟分、残り30分。
コナンちょっと待っててくれと→目暮に電話(小五郎の声)
これから私の言う通りにしてください」…目暮渋るも→作戦採用!
子供達→フォックス便の人?制服着てないと疑惑を→急いで車出す。
無線から検問位置→慌てて地図確認しながら、検問避けて…
配送車を追う博士の車。高木達の車も後に続く、
コナン→さっき電話して小五郎に頼んだとー…(苦笑)
無線を逆に利用し、ワザと検問に抜け道作って、誘い込む作戦
覆面パト追い越し「そこの配送車止まりなさい」
積荷が落とされた→ギリギリで止まる二台。落ちた物に爆弾無し
トランクからスケボー取り出し追う…あっさり乗り込んだコナン、
キャンディ「ワン!」コナン「よぉ、お前がキャンディか?」
荷物から爆弾を見つけるが…ここで捨てる訳にはいない
コナン「おじさん達、広い所まで走って!爆弾なんだこれ」
取り合わない2人「ホントだよ!宅配便でもう二つ送られて、
 怪我人も二人でてるんだ!これが残り一つ、あと少しで爆発するぞ!」
兄貴「…ボウズ何かに捕まってろ!!」車出す、
弟分は地図で広い場所探し、コナン見る→後2分、探してる高木達。
地図見たコナン「ここ行って」と指示、高木達テンパってる(^_^;)
「諦めるな」→橋に、川の向こうに宅配車→既にカウントダウン入ってた
コナン、爆弾を川へ→爆発水飛沫が~高木「そんなぁ
千葉「…遅かったか…あ…(言葉にならない)…」無事だった!!
やったーと喜んでる二人組み(キャンディ…なつき過ぎだろ…)
真央の所にキャンディ無事戻る。二人組み逮捕(ま、意外といい人達で^_^;)
元太・歩美・光彦「探偵団大勝利!」コナン「ハハハ」
目暮から礼電話でもまだ酔っ払い親父は~…コナン(^д^;)
次回ヒント『ひとだま』光彦「探偵団大成功」高木「はい、ご褒美の飴」
「ワン!」コナン「君はキャンディ…」…そういえばスマプリのキャンディ役は……