FC2ブログ
日/コナンアニメ感想 木/コナン原作感想 更新予定(長文)その他感想は単発です
ナルト(疾風伝)395話「木ノ葉の英雄」ネタバレ感想文
キャンプファイヤー!…サクモは一体何歳だったのか?
先に亡くした妻の年齢10代後半~20代っぽい(個人的には弟子説)
「父さんにずっと言いたい事あったんだ…
仲間の為に任務放棄なんてしなければ…責められる事も、
 自分を追い込む事もなかったのに…悔しかった」
遺体を前にし握り締めた拳が…7、8歳頃に抱いた感情…
サクモ「…大変だった様だな」
カカシ30歳の今、父に抱いてる感情は…
「皆の為に掟を破った父さんを今は誇りに思う」
この言葉に、サクモは救われたのであった…
カカシに魂の光が貫くように届いて…ついにキター!
里では魂が元の器に戻って行きます(苦笑)
光無くなり…フカサク復活!シマの驚き…
サクラの座り方がちょっと気になった…くつろぎモードには早くね?
瓦礫から出て来た人のポーズに、なんか…吹いた(^_^;)
復活する…シズネとか!シカマルも驚き隠せず。
エビスと木ノ葉丸、イルカ先生は無事を確認し合い。
里の状況何がなんだが?…生き返った彼氏がちょっと可愛い。
いのいち達も里に戻ってて「ナルトの決着ついたようだな」
長門(髪がすっかり真っ白)がグググと術を発動中!
何やってるのか?とナルト尋ねても…小南は視線逸らし。
カツユが、里で何が起こったのか解説してくれる。
自来也と長門の「これがせめてもの償い…規模が…
カカシを包む戻って来いの光が…
サクモ「許してくれてありがとう…これで安心して行ける」
息子が消えた後に…画面暗転「母さんにやっと会えるよ」
サクモさんは、とにかく愛妻家だったんだね…
カカシ目が覚め…ゆっくりめに起き上がる。
チョウジが大泣き…ホント良い奴だよねチョージ。
呆然としたままのカカシ…事の次第をカツユが解説だ!
長門がナルトに遺す最期の言葉…戦争とは……
これは岸/本という神の仕業(笑)
小南、長門と弥彦の遺体を紙で包んでお持ち帰り。
「ペイン天道は、弥彦から作った…私達の大切な人」
小南はナルトに二人(長門と弥彦)の夢を託す。
「長門がお前を信じたなら、私もお前を信じる」
自来也と長門の言葉を…
「ナルトという名前と諦めないド根性と痛み…
 それが師匠と兄弟子から譲り受けたもんだ」
小南の紙花束「お前は散る事の無い希望の花であってくれ」
見ててくれ師匠!
慰霊碑?(ここで作ったんだろうか?)
紙花束と本を供えて祈り…さーて里に帰るかって所でCM~
徒歩フラフラとナルトが疲れで倒れ込みかけたら…
待ち構えてた様にカカシ!
修行の時とイイ…寄りかかる場所は、オレってか?
「よくやったな…そのまま…背に居ろ」
カカシにおぶさってるナルトはとても優しい顔して、
100827.jpg旦那との再会を噛み締めてる。
…重くなったな。(゜_゜>)一部映像も欲しかったかも…
段々、大勢の声が聞こえてきた…(?゜_゜)森を抜けると…
(゜o゜)…里の英雄と出迎えられ…呆然と。
「皆お前が帰るのを待ってたんだ」…ゆっくり歩いてきたけどね
カカシに過るのは…ナルト「里の全員に認めさせてやる」
背からナルトを降ろす…ナルト里人に困惑
カツユが顛末伝え済み(カツユ様、大活躍だな!)
ヒナタの涙…君には、今回泣く資格があるよ(苦笑)
ガマ夫婦とガマ吉。凄い囲まれまくりのナルト。
ツカツカとサクラが歩いてきて…殴って、抱きついて…
やっぱりカカシ先生は…サクラの『抱きつきありがとう』に、
Σ(゚Д゚)って顔をしていた。
サクラ…ヒナタの想い気づく描写あって…コレなんだよね(゜_゜>)
ま、少しは殴り軽くしたりで、嫌な感じは軽減してたが……

いのの「惚れそう」発言に驚く…シカマルとチョージ。
キバとシノの会話(ある意味で…ご馳走様です!)
木ノ葉丸が輪の中に行こうと誘うが「ここで良い」とイルカ…
エビス回で、カットされた唐突認め場面がここで…
うん。このタイミングのほうが良かったかもしんない(^_^;)
エビス「里の者達は、今では本当に信じ案じ期待し願ってる…
 彼の姿勢と忍道が…里の皆を変えた」
イルカ「アイツは頑張りましたから」で回想は三代目との会話…
空気ぶった切るが、ミナト達は『英雄視して』とは思ってなかったぞ…
涙ぐみ始めたイルカ…胴上げが開始されていた…
イルカも木ノ葉丸達も泣いていた。ナルトの胴上げ~
ペイン襲来編終結!!
次回からオリジナル…まずはイルカ回想ルート突入!?
何この…物凄い誰得感は…(´Д`)
ま、このルートは『一楽でラーメン食べる』が真エンドだろ?
(゜_゜>)アニメオリジナルかぁ…ヤバイ悪寒しかしないぞ…
(一部版での黒歴史特徴:ナルト、任務にムリヤリ参加してくる。
敵は十中八九で盗賊団、敵の弱体化が激し過ぎる、オチがグダグダ)

…そういや、波の国の人って………声待ちなんだろうか…復帰願う。
スポンサーサイト